ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

しろがはしる」 みんなの声

しろがはしる 作・絵:おぐらひろかず
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784591077726
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「しろがはしる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おすすめ

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    私も子供の頃、犬を飼っていたので、亡き犬としろが重なり、涙が出てきました。
    絵本では、亡くなってしまったのは、しろの飼い主であったおじいちゃんなんですけどね。
    おじいちゃんとの大切な思い出を、しろと、そしてぼくが、大切に噛み締めている様子がなんとも…心が温かくなり、でも少し寂しくもあり。

    こんなに優しい絵の絵本。朝靄がかかったような美しさに目を奪われます。開いたまま飾っておきたいような気持ちです。

    「しろをよろしくな」って、天国でおじいちゃんが言っている。そんな気がします。

    掲載日:2010/12/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいちゃんの存在を感じました。

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    朝もやの中の町。
    おじいちゃんの代わりに ぼくを連れてシロが走り出すと…
    シロと亡くなったおじいちゃんの思い出が ぼくの中に蘇ってくるのです。

    校庭を 駆けまわさせてもらっていたこと。
    お豆腐やさんのおばちゃんや 新聞配達のお兄さんと友達だったこと。
    踏切では お座りをして電車が通り過ぎるのを待たせられたこと。
    そして 埠頭の先まで行って 海を眺めたこと。

    シロは言葉を話せないけど…
    おじいちゃんとシロが毎朝歩いた散歩の道々 
    確かに おじいちゃんの存在を感じました。
    心にグッとくる絵本でした。

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット