十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

クイールはもうどう犬になった」 みんなの声

クイールはもうどう犬になった 作:こわせ たまみ
写真:秋元 良平
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1992年
ISBN:9784893255808
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「クイールはもうどう犬になった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人間の愛情を一身に受けて

     ラブラドールの子犬クイールが、盲導犬になるまでの3年間を写真で追った絵本。

    「ベルナの目はななえさんの目」で初めて盲導犬の存在を知った娘は、盲導犬が厳しい訓練を受けて、目の見えない人の「目」となり、全身全霊を捧げて辛苦を共にしながら、大事な家族となっていくこともよく理解していました。
     でも、訓練所に行くまでの1年ちょっとの日々・・・生まれてからお母さんや兄弟と過ごす束の間の時間、そして、人間に愛され、愛することを学ぶために、育ての親の「おじさんとおばさん」といっしょに過ごす1年間・・・については、この本を通して新たに知ることとなりました。

     お母さんのおっぱいに小さな鼻を押し当て、懸命に吸い付いてる生まれたばかりの子犬たち。うちにも、ブリーダーからもらった同じ写真があります。うちの犬は、その後まもなく、お母さんの元から直接我が家にやってきて、以来ずっと私たち家族といっしょに暮らしていますが、クイールは、最初からたった1年だけという約束で、「おじさんとおばさん」の家に預けられます。そのおじさんとおばさんの表情の和やかでやさしいこと! 本当に我が子を見つめる温かい眼差しです。どの写真も、笑顔、笑顔。クイールも心の底からうれしそう。

     そして、楽しい時間はあっという間に過ぎていき、再び「おとうさんとおかあさん」とのお別れの時が訪れます。
    「クイール、きょうは おもいきり さんぽしようね。」・・・クイールが大好きな散歩を、いつもよりずっと長くしてくれました。そして、何度も何度もクイールを抱きしめてから、車に乗せました。
     ここの箇所を読むときにはいつも、胸がいっぱいになって、涙で声が詰まってしまいます。愛情を一身に受け、何の心配も不安もなく、ただただ無邪気に駆け回り、甘えていたクイールの子犬時代は、今日を境に終わってしまうんですね。

     けれど、ほんのわずかな短い間でも、愛される喜びを心で味わったクイールだからこそ、その後の厳しい訓練にも耐えることができ、盲導犬としても立派に役目を果たすことがかなったのでしょう。人間の子どもも同じですね。幼い頃にかけてもらった愛情は、生涯の宝になることと思います。

     クイールは、「めのみえないおじさん」の「こころからのともだち」になりました。どんなときもふたりはいっしょです。

     娘は、我が家の愛犬のことを考えながら、「○○は、『まて』って言っても、すぐに『ひーん、ひーん』ってないちゃうよね。」とか、「びゅーんって引っ張っちゃうから、目の見えないおじさんが転んじゃうね。」と、盲導犬になるための厳しさを実感していたようでした。

    掲載日:2010/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切な盲導犬の仕事

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     娘が図書館で借りてきて真剣に読んでいました。
     クイールが生まれてから盲導犬になるまでが何枚もの写真を通して綴られます。
     生まれたときのあどけない表情のクイール。お母さんやきょうだい達から離され、訓練所に入るまでの一年間を過ごすお家にあずけられます。あまえたりじゃれたりして愛情をたっぷり注がれて育つ様子が伝わってきます。
    おじさん、おばさんのクイールにむける微笑みがとっても愛情深いです。
     いよいよ訓練所生活。最初は心細い目のクイール。訓練所のおじさんに話しかけられ、遊んでもらったりしながら色々なことを覚えていくクイール。ほめられるのがうれしくてがんばるクイールの様子が伝わってきます。
     訓練も終えてたたずむ、落ち着いた真剣なまなざしのクイール。堂々として自信に満ちた様子が伝わってきます。
     目の見えないおじさんとの出会い。一歩一歩やさしく歩き始めるクイール。真剣におじさんを助ける仕事をしている様子が伝わってきます。
     『盲導犬はただ道を教えてくれるだけじゃなく一緒にいるだけで明るくなれる心からの友達』と言っているのが印象的でした。

    掲載日:2006/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット