雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」 みんなの声

大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる 作:プロイスラー
訳:中村 浩三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1970年12月
ISBN:9784036082605
評価スコア 4.8
評価ランキング 314
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • にせ警官

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    あの大どろぼうが脱獄!
    今回もカスパールとゼッペルの少年2人が活躍します。前回もそうでしたが演技派だなー。
    ディンペルモーザーさんが今回は受難ですね。
    にせ警官になりすますとは大胆などろぼう!
    おばあさんも毎回おつかれさまです。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • また逮捕!?

    こっそり逃げだした大泥棒のホッツェンプロッツ。それを捕まえるために、カスパールとゼッペルが大活躍します。

    今回は千里眼も登場しますが、ワニの姿になったダックスフント、要注目です。

    みんなの協力でまた上手く捕まえることができて、めでたしめでたし。でも、毒キノコに当たったフリをした子供にだまされて、ちょっと大泥棒が憎めなくなります。

    子供に簡単にかいつまんで内容を教えたら面白かったようです。

    掲載日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 期待通りの面白さ!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    第一作目でかなりハマってしまった私と息子。
    続編があることを知り、早速図書館から借りてきました。

    今回は大魔法使いのツワッケルマンは登場せず。
    でも、おなじみのディンペルモーザーさん
    (前回の活躍で巡査部長に昇進)
    新しく、占い師のシュロッターベック夫人と、
    その飼い犬(?)バスティが登場。

    大ピンチのカスパールとゼッペルですが、
    きのこスープを使った彼らのアイデアと、
    ディンペルモーザーさんの頑張りで、
    今回も見事ホッツェンプロッツを逮捕します!

    大どろぼうホッツェンプロッツ、
    相当悪いヤツなのに、
    なぜか憎めないコミカルなキャラクター。
    ドイツで大人気なのがよく分かります。

    次の続編も早速予約してます!

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「読み終わりたくなかった」

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    前編にはまった息子がこの続編を読み終えたときに言った言葉です。
    「もっと読んでたかった。読み終わりたくなかった〜」
    そうか、そうか、とっても面白かったんだね。
    同じ本好きとして、その気持ちよく分かるよ〜と。
    ストーリーにぐいぐいひきこまれて、結末は気になる・・けれど
    終わるのは寂しい。
    本好きに育ってくれてるな、と実感したつぶやきでした。

    前編に続き、登場人物はおなじみの大泥棒・ゼッペルとカスパールの少年たち、警察官ディンペルモーザー氏、そしておばあさん。
    相変わらずちょっと頼りないディンペルモーザー氏にハラハラ。笑
    そして後半のおばあさん・少年たちによる演技派作戦・・!
    あっさりだまされちゃうホッェンプロッツがやっぱりにくめませんね。
    占い師の未亡人や犬(ワニ?)の脇役もぴりりと効いたスパイスになってます。

    毎晩ちょっとづつ読んで、幸せな時間を過ごせました。
    「みたびあらわる・・」の三冊目も読まなくては。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 第二弾!

    私が小学校3年生で読んだ本。ホッツェンプロッツがちょっと抜けていて残念なところが面白い。応援したくなる本です。今回登場の犬がいい味だしてます。

    掲載日:2011/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 前作に負けず劣らず楽しいです

    名作「大どろぼうホッツェンプロッツ」の続編です。
    前作の最後で警察に捕まったはずだったホッツェンプロッツですが、このお話の冒頭でなんと脱走してしまいます。
    そこで、前作でも活躍した男の子達カスパールとゼッペルが、再び立ち上がります。
    今回は、おまわりさんのディンペルモーザーさんも大活躍です。
    さらに、新たな登場人物のシュロッターベック夫人もすごいです。
    なんと水晶玉で遠くにいる人の姿を見ることができるという、千里眼者なんです!

    魅力的な登場人物、そしてハラハラどきどきの展開、ほんとうに面白いお話です。
    私も子どもの頃に大好きで何度も読んだお話なので、今、息子がこの本を喜んで読んでいるのを見ると、ちょっと不思議な感じがします。
    いい本は世代を超えて読み継がれるんだな、と実感しています。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どきどきしました

    ディンペルモーザしが、きゅうりのつけものたるの中に入ったところおもしろかったです。

    びっくりしたことは、シュロターベックふじんのすいしょうでカスパールとゼッペルがどこにいるかわかるからです。

    すいしょうでわかるなんてすごいとおもいました。

    大どろぼうホッツェンプロッツがおもしろかったので、この本をかりてきました。

    よんでいると、おもしろくて、どきどきしました。

    大どろぼうホッツェンプロッツはまたにげだすのかなあとおもいました。

    ヴァスティがけいさつけんのかわりになっていたのもすごいとおもいました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みだしたら途中ではやめられない

    息子に読んでいたのですが、今は夫も気に入って一緒に読んでいます。

    ホッツェンプロッツが二週間だけ投獄されていてすぐに脱走してしまったことに驚きました。

    ディンベルモーザー氏のちょっと間の抜けた感じと、おばあさんの律儀さが今回よくわかりました。

    今回は魔法使いが登場しないのが残念ですが、千里眼のシュロッターペック夫人がなかなかユニークだと思いました。そしてペットのワニも。

    一気読みするのは難しい分量ですが、外出先にも持っていき読みました。

    読みだしたら途中ではやめられない、とにかく続きが気になるお話です。

    前回同様、ばかばかしくて笑ってしまうところあり、ハラハラドキドキする箇所ありでとても楽しめました。

    掲載日:2009/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大・大・大好き!ふたたび

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    この夏、長男が『大どろぼうホッツェンプロッツ』を読んだので、娘と私は懐かしくなり、この本を読み返しました。
    ☆20くらいの前作と比べると、私のお気に入りキャラクター、大魔法使いツワッケルマンが登場しないので、☆15くらいにはなってしまいますが、もちろん、変わらぬ面白さです。
    今回はニューキャラクター(犬)が登場しますが、それが度肝を抜く斬新さでお話におおいに花を添えています。
    本当に作者プロイスラーさんは、どうしてこんなすごい登場人物を思いつくのでしょう。
    今回もカスパールとゼッペルのコンビは大活躍しますが、おまわりさんもなかなか活躍の場を広げていて、おなじみの登場人物に再び出合う楽しさも十分に味わえます。
    小学校中学年くらいのお子さんと一緒に、前作と合わせて読んでみてほしい本です。

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット