十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おばけ桃が行く」 みんなの声

おばけ桃が行く 作:ロアルド・ダール
絵:クェンティン・ブレイク
訳:柳瀬尚紀
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784566014107
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 巨大桃

    あまりにも大きな巨大桃なので、ただただびっくりするし、また7匹の巨大な虫たちにも驚きました。虐められた少年の心が強く、冒険の旅でも困難に挑む姿が本当に逞しいと思いました。ちょっとオーバーすぎる展開も面白く読めました。

    掲載日:2013/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 発想の飛躍がすごい

    薄幸で虐げられたジェイムズ少年。
    突然現れた老人に救いの緑の粒粒が入った袋をもらって、急いで家に帰ろうとしたら転んで落としてしまった運の悪いジェイムズ少年。
    化け物のような巨大な桃の出現してどうなるかと思ったら、展開はとんでもない方向に。
    エンターテイメントではあるけれど、疲れました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 逆境に耐えて

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    作者ダールは寄宿学校に入っていたそうで、規則の厳しい生活がきっと窮屈だったのでしょう。
    主人公のジェームズ君は、両親を亡くして叔母二人にひきとられ、虐げられた生活をします。
    他の作品にも、厳しい親戚に預けられ、辛い生活をしている登場人物が出てきます。

    その虐げられた気持ちは強い心を育てます。
    ジェームズ君がそんなひどい生活から抜け出し、巨大な巨大な桃にのって、昆虫のなかまと一緒にとんでもない旅に出ます。

    さまざまなピンチがありますが、ジェームズ君の機転で乗り切るのです。
    読み始めると止まらなくなるジェットコースターのようなおはなしです。
    ちょっと本が苦手な子どもたちでも楽しく読めると思います。
    4年生くらいからこのユーモアが分かると思います。

    掲載日:2012/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがな発想

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子13歳、女の子12歳

    英会話のインストラクターとレッスン中に
    どんな本が好きかという内容のレッスンになった時に
    インストラクターの彼が子供の頃とても好きだった本だと教えてくれたのがこの本。

    登場人物や、内容を英語で紹介してくれて、なんとなく理解して
    読んでみようと思って読んだ。
    奇想天外な発想で、すごく面白かった。

    あ〜ここが、彼が言ってたあの場面ね・・・などと思いながら。
    おばけ桃って、そうとうなおばけな桃なんですよ。

    何十年も前の本が今も、まして異国の日本で読まれているってすごいな〜と思う。
    それだけ、子供のみならず、ファンタジー好きの大人も楽しませてくれる本だし、作家だと思う。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • この桃、どんなに大きいの?

    2人の叔母にいじめられ、みじめな毎日を送るジェイムズ少年に、転機を与えたのは、1つの桃。
    しかも、ただの桃ではない、おばけのように巨大なもも。

    でも、大きな桃、そこに住めるような大きな桃をいくら想像しようと思っても、なかなか難しいものです。
    最初は、手を広げたくらいかな、と思いつつ、読んでいました。
    でも、読み進めるうちに、いや、違うな、もっと大きそう...
    そして、カモメ500匹で、ようやく空に舞い上がった場面では、いや、まてよ、こんなもんじゃないな、と。
    ところどろこに入るクェンティン・ブレイクさんの絵がまたいいですね。

    ジェイムズ君と旅することになった虫たちも個性豊か。
    一件、何のつながりもない、何のとりえもないようで、みんな、それぞれが、いろんな役割をにない、活躍します。
    巨大な桃に乗って旅をする。
    子供の読み物にと図書館で借りてきた本だったのに、ちょっと思いつかないような、この不思議な冒険のお話に魅せられ、途中で読むのをやめられなくなったのは親である私のほうでした。

    掲載日:2007/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット