十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おへそのあな」 みんなの声

おへそのあな 作:長谷川 義史
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年09月
ISBN:9784776402046
評価スコア 4.86
評価ランキング 50
みんなの声 総数 230
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

230件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 親もほっこり、子もなっとく

    初めて図書館で借りた時の理由は、題名より表紙でした。

    私が弟を妊娠してお腹が大きくなったと言う【変化】と、
    その後、弟が【赤ちゃん】として産まれて目の前に存在し、
    自分も同じようにママのお腹の中から外へ出てきたと言う【事実】に、
    3歳の兄は興味を持ちつつも、なかなか理解の難しい壁にぶつかっていました。

    「なんで赤ちゃんはお腹の中にいるの?」
    「なんで赤ちゃんはひっくり返ってるの?」
    「なんで赤ちゃんは出てきたの(産まれてきたの)?」
    ・・・と妊娠と出産の神秘に疑問がつきません。

    そんな時に、たまたま目にして借りたこの本は、
    難しい話をシンプルな絵と話にして、子供に説明してくれているようでした。

    「弟がお腹にいた時、こうやって【おへそ】からお兄ちゃんをのぞいててん!
    お兄ちゃんは、お腹に向かって一所懸命にお話してあげてたやろ?
    だから、弟はお兄ちゃんの事が大好きやねんで!!」
    と言うと、照れたように笑っていました。

    「弟の存在」をどう受け止めていいのかなかなか分からなかった兄ですが、
    この絵本のお陰で少し納得した様子に変わったように感じます。

    そして、子供に対して説明して聞かせるだけでなく、
    親(特に母親)にとっては「ちょっと感動する」赤ちゃんからのメッセージが最後に待っています。

    この子は、本当に望まれてココに産まれてきたんだな、と思えるメッセージでした。

    掲載日:2009/11/30

    参考になりました
    感謝
    7
  • 生まれてきてくれてありがとう

    • あまたろうさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、男の子7歳

    お腹の赤ちゃんが、お母さんのおへその穴から覗く、外の世界。
    一緒に覗いてみたら…。

    発想の転換がすごい&愉快です。
    こんな風に私の赤ちゃんも見てたのかな、
    なんてふと思ってしまいました。
    上下逆さまに見えるのも『そっか!』と膝を打ちました(笑)。

    みんなが待っているよ。こんなに楽しみに待っているんだよ。
    やがて、月が満ちて…。最後のページでは、思わず涙が
    こぼれました。じーんときました。

    いま、傷ついている迷っている悩んでいる子どもたちに、
    ぜひ読んでほしい。読んであげたい、と思いました。
    あなたの誕生をこんなにも待ちわびた家族がいると
    いうことを。あなたは一人じゃないんだよと伝えたい。
    抱きしめてあげたい。

    掲載日:2006/11/13

    参考になりました
    感謝
    7
  • 二ヶ月前の息子

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子7歳、男の子0歳

    息子がお腹の中に居る時に借りてきた本です。

    娘たちはこの本を読んでから、
    お腹の中の弟に話しをするようになりました。

    「今からごはんだよ〜」
    「これからお風呂にはいるよ〜」
    お腹の中に居る時から、弟がそばに居ることをに考えて生活をしてくれるようになりました。

    この本の赤ちゃんは、外の世界が逆さに見えているので、
    娘たちは自分が逆さのような体勢で、お腹に話しかけていましたよ。

    そうやってよく話しかけてくれていたので、
    息子はお姉ちゃんが大好き!!

    お姉ちゃんが話しかけると、泣き止みます。

    これからお姉ちゃん、お兄ちゃんになるお子さんにオススメです。

    掲載日:2008/10/08

    参考になりました
    感謝
    6
  • とってもお勧めです!

    二人目を妊娠中に産院で上の子と読みました。


    あかちゃんがママのおへその穴から見えているものは、
    赤ちゃんが生まれてくるのをとっても楽しみにしている家族の様子。

    とっても暖かい気持ちになれます。
    おなかの赤ちゃんに、
    あなたのパパとお兄ちゃんも楽しみにしてるよ、
    あなたはとっても幸せだねって語りかけてあげたくなりました。

    そして、最後に赤ちゃんが言う一言。

    正直涙が出そうになりました。

    みんなで楽しみにしている新しい命の誕生。
    出産前にこの絵本に出会えてとってもヨカッタ!

    二人目以降を妊娠中のママと上のお子さんに
    是非お勧めしたい一冊です!

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    5
  • 何度も読んでしまいました

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳、女の子2歳

    こちらでこの絵本を見かけてからずっと読みたいと思っていて、息子が幼稚園から借りてきて読むことができました。

    一言一言がとってもあたたかい感じの絵本。
    赤ちゃんの誕生を心待ちにする家族、それをこっそり楽しそうにのぞいているお腹の赤ちゃん。赤ちゃんの視点になっているのも面白いです。

    みんなに聞こえないよにいうお腹の赤ちゃんの一言、こみ上げてくるものがあります。
    こんなふうにして子供達は産まれてきたのかな。
    2人目の時は、上の子の育児で忙しくてあまりお腹に話しかけてやれなかった事をごめんねって謝りたくなりました。

    お兄ちゃんはこれを読んでから、私のおへそをじーっと見つめ「見える見える、2人いる」といってました(ほんとはいないけど…笑)

    もし3人目を授かることができたら、絶対読みたいです。
    思わずお腹の子に語りかけたくなるような絵本です。
    これを読んでいたら出産がもっと楽しくなるんでしょうね。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    5
  • こっそり泣いたよ

    • ょぅさんさん
    • 30代
    • パパ
    • 千葉県
    • 女の子2歳、男の子もうすぐ0歳

    他のパパの感想で、ラストの感動を書いていらっしゃる方がいましたが、全く同じところで号泣ですね。
    妻や娘がいたので平静を装いましたが、声は震えていましたし、心の中では滝が流れるかのごとく泣いていました。
    もうすぐ子供が生まれるので、思い切り感情移入してしまったのですが、二人目のお子様が生まれる直前に上の子に読んであげるとベストです!
    うちの娘は本屋でちらっと見せただけで気に入ってしまい、買うまで離しませんでした。
    二回目を読んでも心が滝状態になり、ここのレビューを見ても思い出して泣きそうになっています。

    ただ涙もろいだけですかね…

    明日読む時も涙が出るんだろうなぁ。
    本当にいい本です。

    掲載日:2010/01/07

    参考になりました
    感謝
    5
  • もうすぐ弟が生まれる息子のために

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    おなかの赤ちゃんが生まれてくるのを、家族みんなが楽しみにしている・・・
    そんな幸せなシチュエーションの絵本は数多くありますが、
    中でもこの「おへそのあな」は、とても有名な1冊ですね。
    息子に、弟か妹ができるときには、必ず読んであげたいと、(私が)ずっと楽しみにしていた絵本でした。

    私の出産を控えて、息子は
    「おーい、あかちゃーん」
    「あかちゃん、ねんねしてるのかなぁ」
    「あかちゃんもボクのこと大好きって言ってる!」
    などと、いろいろ語りかけてくれています。

    赤ちゃんは、ママのおへそから外の様子を見ている! 声も聞こえている!
    というのは、息子にとっては衝撃だったよう。
    私が口で「赤ちゃん、みんなの声が聞こえてるよ」と言っていたものの、
    いまいちピンときてなかったみたい。
    おばあちゃん(私の母)などにも
    「知ってるー? 赤ちゃんってな、おへそから、お外見えてるねんで!」と教えてあげてました(笑)

    最後の「あした うまれていくからね」という、赤ちゃんからのメッセージに、私は思わず涙・・・。
    息子もおなかの中から、こう言ったのかな。
    ところが、1日に10回以上も読むのをせがまれるうちに、淡々と平常心で読めるようになってしまいましたが(笑)

    今、おなかにいる下の子は、おなかの中にいるときからこんなに愛されて、生まれるのを待ち望んでいたんだってこと、覚えてくれているかな・・・?

    これから、赤ちゃんが生まれたら、息子がやきもちを焼いたりすることもあるだろうけど、
    その都度、「あなたもこうやって、おなかにいるときから楽しみに待ってたのよ」
    「みんなにかわいがられて大きくなったんだよ」って伝えながら、
    一緒に成長していきたいな。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    4
  • 気持ちのよい絵本でした

    長男が産まれる1ヶ月前に、買った絵本です。
    5歳のお姉ちゃんは、赤ちゃんがおなかの中に逆さにいることは知っていましたが、まさか『おへそのあな』から自分のことを見ているとは想像もしていなかったようで、絵本を読み終わった後はしばらくママのおへそを覗き込んで「おーい!おーい!」と声をかけていました。その日から長男が産まれる日まで、ほとんど毎日「明日うまれてくるかな?」と、この絵本を読みました。「あした、うまれていくからね。」という言葉は私たち親の心にも響き、なんとも言えない良い気持ちにさせてくれました。

    掲載日:2008/07/06

    参考になりました
    感謝
    4
  • ランキングが高い理由は直ぐにわかります

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2007年度の絵本ナビ評価ランキング2位の作品。
    しかも、最後に抜かれたものの、長い間1位を守ってきたという注釈つきの作品。

    読んでみてやはり納得。
    ママたちの支持を得て大ブレイクしたというのは理解できました。

    そこには、生誕を待ち焦がれる家族の姿が、おかあさんのおなかの中にいるあかちゃんの目を通して描かれています。
    おへそのあなを通してのあかちゃん目線だから、家族は逆さま。
    そして、あかちゃんは疑問に思います。
    「なにをしているのかなぁ」と・・・。

    あかちゃんの生誕に対する気持ちの高揚を、こんなに上手く描いた作品に御目にかかったことはありません。
    我が身を振り返り、あの感動が蘇ってきた思いで一杯になりました。

    最後の2頁は、とても涙なしには読めません。
    「そして、そのよる
    いいました。
    おへその あなから
    いいました。
    きこえないようにいいました。

    ○○○ ○○○○
    ○○○○○」
    絵本の世界の珠玉の一言と言って良いでしょう。

    いつ読んでも、どんな世代でも感動できる絵本だと思います。

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • おいで おいで うまれておいで

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子9歳

    図書館で予約して、二ヶ月待ってやっと手にしたこの絵本、昨日読み聞かせしてきました。
    初めに表紙を見せながら、「赤ちゃんはこんな風にお腹の中でさかさまになっていることが多いんだよ」と説明してからスタート。
    子供たちみんな、食い入るようにじーっと絵本を見つめていました。一緒にいたお母さん達からは読み終わった後に、「いい話しねえ」という声が‥。子供にも大人にも心に響く、幸せな気持ちになる絵本です。
    一度読んだ後はさかさまにして読んだり、部屋の中の小物にも注目して見て下さい。家族全体で赤ちゃんが生まれてくることを心から待ちわびている様子が伝わってきます。

    私は最後の方の自然が描かれているページが特に好きです。
    家族だけでなく、あなたを取り巻くすべてのものが、あなたの誕生を待っているんだよ、というメッセージを感じます。
    この絵本に描かれているように、安心して赤ちゃんが生まれてくる世の中に、私達ひとりひとりが努力してしていかなければならないな、と思いました。

    これから赤ちゃんが生まれるご家庭はもちろん、プレママさんたち、それから小学生にも、読んで欲しい、読んであげたい一冊です。

    掲載日:2007/02/28

    参考になりました
    感謝
    3

230件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット