ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

もりたろうさんのじどうしゃ」 みんなの声

もりたろうさんのじどうしゃ 作:おおいしまこと
絵:きただたくし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1969年05月
ISBN:9784591013489
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,817
みんなの声 総数 36
「もりたろうさんのじどうしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • ほのぼの、心温まるお話

    温かみのあるカラフルな色合いと、困った表情のもりたろうさんが目をひく表紙。手にとりやすい大きさ。
    絵と言葉のバランスも絶妙で、話のテンポもよく、とても読みやすいです。

    郵便屋さんのもりたろうさんが、定年退職してから、思い切って教習所に通い、運転の練習に苦戦している様子、車を買いに行き、車屋さんの軒下におかれていたおんぼろ自動車との出合い、その自動車で孫のお誕生日のお祝いに出かける途中でのいろいろなハプニング、ページをめくるたびに、読み手をワクワクドキドキさせてくれます。

    40年以上前のお話ですが、レトロでおしゃれ、お話の流れも楽しく、結末もよくできていて、読みながらも、読み終わった後も笑顔になれる絵本です。

    掲載日:2015/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほんわかしたイラスト

    少しページ数は多めなので、飽きずに読めるかな?と思ったのですが、ページごとの言葉が少ないのですらすらと読めました。

    北田さんのほんわかしたイラストがなんともいえず良い味を出しています。

    息子はもりたろうさんとのらいぬが出会うシーンが大好き。
    「わんわん」「お弁当」「おてて」など知っている言葉を総動員して、絵の説明をしてくれます。

    掲載日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぜひ読んでください!

    小学生の子が読むようなコーナーに

    おいてありましたが、小学生前の子でも

    十分楽しめると思います。

    文字が大きいので、下手に文章が多い

    小さい子向けの絵本より、読み手は楽です。

    おじいさんがいつか車を持つことに夢を持ち、

    実際車をもったとたん、いろんなハプニングに

    巻き込まれるお話です。

    ありえないような話の流れがとても痛快で

    むしろ小さい子むけといってもいいくらい。

    シリーズであるみたいなので、ほかのも

    読んでみたいと思いました。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい

    絵を描かれている、きたださんは、
    へんしんじどうしゃえんこくんの絵も描かれています。

    えんこくんの後に、この絵本を読んだ息子は、

    「あ!えんこくんを買ったおじさんだ♪」

    と嬉しそうでさした。

    えんこくんと併せて読むと、
    おじさんがえんこくんと出会う前のお話を読んでいるようで、
    また楽しみ方が変わるので、二冊一緒に読むのがオススメです。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 60歳からの運転

    郵便配達を頑張っている、もりたろうさん。
    何と、定年を迎えた60歳になってから、運転免許を取りました。
    これは、驚きましたねー!
    自動車学校での勉強の様子や、視力検査も書かれているので、私にとっては自分の教習時代を思い出しました。
    「大人になったら、誰でも運転できる」と思っていたので、子供にとっても良い勉強になったと思います。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み継がれる絵本

    「もりたろうさんのじどうしゃ」は私が子どもの頃、家にあり読んでもらった絵本の一冊で、好きでした。車好きなわけではなかったと思いますが、この絵本が好きで、大人になってから探したら、廃盤になっていて、その後、復刻版で出たのを知って、購入しました。
    今は2才になった子どももこの絵本が大好きです。息子は車好きというのもありますが、長いお話なのに真剣によく聞いて、絵もじっくり見ています。
    特に町を走る場面がすきなようです。これは?これは?と一つづつ車を指して聞いてきます。
    先日雪が降ったら、「もりたろうさんと同んなじだね。」と言っていました。
    もりたろうさんは暑い日も、ぴゅんぴゅん風の吹く日も、ざんざん雨の降る日も、しんしん雪の降る日も毎日ゆうびんを配って歩いている場面を思い出したようです。
    乗り物のカードを「ゆうびんでーす」と渡す遊びも楽しんでいますが、もりたろうさんの絵本の影響ですね。
    絵もとても好きで、乗り物やお家が可愛いです。
    もりたろうさんシリーズ他にも復刻版で出たらいいのになあと願っています。

    掲載日:2013/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 車が好きな子供に読みました。もりたろうさんの絵がかわいくて好きです。毎日郵便配達で歩いて登り道が大変なもりたろうさんは退職すると車を買います。

    教習所にで練習するところから、色々なところへ出かけるまでいろんな場面がある中でストーリーが展開されるので楽しいです。

    どろぼうと遭遇したり、車が壊れてしまったり、悲しい出来ことがありますが、最後は楽しく追われるので読んでいてよかったなという気持ちでおしまいになります。息子はお話が長いので飛ばし飛ばしで読みますが車が何度もでてくるので大好きです。

    掲載日:2013/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりたろうさん大活躍

    2歳次女が図書館で手にとって離さなかった絵本です。そんなに自動車なんてすきじゃないはずなのになーと思っていたのですが。本を開いて、すぐにいろんな車が載っているのですが、ずっと「どれにする?」と話しっぱなし。

    もりたろうさんが自動車を直す話なのかなと思っていたのですが、もりたろうさんが免許を取って、そこから車を買い…と予想外の展開へ。

    面白いです。2歳次女侮るなかれと思いました。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすい。

    読みやすくて、絵もかわいらしく素敵な絵本だとは思うのですが、

    この絵本を読んだ時の息子の感想が、「新しい車が貰えてよかったね」だったのです。
    確かに、ぼろぼろの車よりも新しい車の方が良いですが、
    あんなぼろぼろの車を丁寧に磨きあげて、労わって乗っていたもりたろうさん。愛着があったんじゃないかと想像させられます。

    エンジンを乗せ換えてでも、その車、もしくはそっくりな車にしてほしかったなぁとおもってしまうのです。

    掲載日:2012/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすいです

    昔風の絵ですが、味があって
    かわいらしい、もりたろうさん。
    文章が長いのかしらと思っていましたが
    絵が多いので小さな子でも十分楽しめます。
    免許をとりに教習所へいったり
    自動車を修理したり、車が多い場所を走ったり、
    車が好きな子には大好きなお話になると思います。
    表紙裏のイラストも面白自動車がのっていたり
    楽しめますよ。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0

36件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット