大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

3歳のえほん」 みんなの声

3歳のえほん 監修:汐見 稔幸
指導:岩瀬 恭子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年
ISBN:9784097275039
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1冊に盛りだくさん

    1冊で何冊分も味わえる絵本です。
    本全体で1冊の絵本として内容が充実しているのはもちろんのこと、
    ひとつのカテゴリーごとの内容も濃く、感心しました。
    まさに3歳真っ只中の娘には、もちろんどんぴしゃで夢中になって呼んでいました。

    新幹線や飛行機の細かい名称や、工事現場のトラックの名前、昆虫の名前がでてきたりと、なんとなくですが、男の子の方が喜びそうですね。

    我が家では、女の子ということもあり、新幹線はすべて新幹線と教えており『700けい のそみ』とか、『E2けい はやて』などこの絵本で初めて聞いた名称のものもありましたので、娘には新鮮だったかもしれません。

    掲載日:2010/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容盛りだくさん!! 

    ページをめくると3歳児の100の単語表@と最後のページにAが付いています。かわいい絵文字つきなので、子供が自分でわかるものを指差して教えてくれます。わからないものがあると「これなに?」と聞いてくれるので子供にとっても楽しく自然に覚えることができるのでVeryGood!!!
    3歳との文字に我が子には早いかな・・?と思いながら中を見てみると難しそうでなかったし絵もかわいくて、始まりが「とこちゃんのきんのおさかな」(おはなし)の絵がとっても心休まる絵なんですよ〜ページをめくるごとにどうぶつ(いきもの)がでてきたり、いっしょにあそぼう(社会性)、にこにこぷんぷん(こころ)・・・とにかく成長をする上で必要(のりもの・つくる・知育・きせつ・しごと・てあそび・五感)な内容が組み込まれていて見応えのある本です。
    飽きなくて単語表の中に自分の知っているものが増えてくるたびに得意がり見たくなるみたいで持ってきます。手遊びの絵つき歌詞付きなので一緒に歌って楽しんだりしています。
    家族・親子で楽しめる本です。

    掲載日:2006/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 赤ちゃんにおくる絵本 1 / ぴよちゃんとひまわり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット