雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ねたふり」 みんなの声

ねたふり 作・絵:小泉 るみ子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784591093269
評価スコア 4.53
評価ランキング 4,981
みんなの声 総数 16
「ねたふり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 自分で考える

    タイトルから気になってしかたなかったけど、いいなぁ!この本。
    農家で描かれていますが、自営業は多かれ少なかれこういうところがありますよね。

    ちょっと手伝いがイヤになって、おサボりしてしまうけど、やっぱり自責の念に駆られる主人公。だけどウトウト。
    読者も、やっぱり疲れているんだぁ。仕方ないねと見守ってしまう。
    同年代の娘なんかは、やっぱりダメだよと、同じように自責しつつ、わかるわ〜と共感もして。心中複雑そうだったケド。
    この感情のもつれが上手に描いてあります。

    ちょっと休んだだけでスッキリ。明日も頑張るぞー!という気分が伝わってくる。私達にもそう思わせてくれる絵本です。
    欲しいな。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自分の小さい頃を見ているよう

    農村で暮らす女の子は、夏休みでも野菜の収穫など、家の手伝いがたくさんあって、自分の時間などはない。でも今日はずるして「ねたふり」することにします。
    外から聞こえる家族の声を聞きながら、ばつの悪さを感じたり、みんなが何をしているのか気になって出て行きたくなる気持ち。自分の小さい頃にも同じようなことがあったなぁと思い出しました。
    蚊帳など、懐かしい風景が広がっていて、大人が懐かしい気持ちになれる絵本かもしれません。

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 覚えがあるなあ

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    ねたふり・・・
    私も子供の頃にした覚えがあります。

    でも、私の場合、ふり というか、本当に眠くて動きたくないというのが正しかったかな。
    まあ、それをねたふりというのでしょうけど。

    たまには子供のそんなささいな抵抗!?を、黙って見過ごしてやるくらいの甲斐性は、どんな親でも持っているはず。

    だから、子供はこどもらしく、そう、たまにはねたふりしていいんじゃないかな。

    掲載日:2012/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい気持ちになる

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    分かる分かる。
    サボっちゃったけど、どんな顔していいか分かんなくて寝たふり…。
    そして結局本当に寝ちゃったり、ね。
    子供のときのことを、淡く思い出させてくれる、懐かしい雰囲気のする絵本です。絵も優しくて、夏のにおいが漂ってきそうな生き生き感。すごく素敵です。
    うちの子たちにはちょっと早かったかなと思います。保育園児の息子たちには夏休みとかないですしね。学童期のほうが、主人公の気持ちが分かるかな。

    掲載日:2011/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  •  こんな夏休みを過ごす子もいるんですよね。
     農家の夏野菜の収穫期、家族総出でお日様の沈むまで強い日差しに耐えて懸命に働いています。

     農家をはじめ自営業の家庭では、親の働く姿を日常の中で見ているこどもたち。
     見ながら仕事の手順を覚えていく。
     主人公の女の子も、末っ子ながら自由な時間を削られてもせっせとお手伝い。
     せっかくの夏休みなのに、という親のこどもたちへの申し訳なさも伝わって来ます。

     お昼ご飯の後のお昼寝。
     蚊帳の中で、体が動かない主人公。
     皆が、午後の農作業に出かけた後、主人公の女の子は、納屋へ移動し、“ずる(ねたふり)”を決め込み、またまどろみ始め…。
     この行動をじっと見つめる犬に、「なによ!」「わるい?」って開き直って話しかけるシーンが、可笑しい。

     寝過ごした昼寝(ねたふり)を家族の誰からも問いつめられなかった。 
     それどころか、感謝の言葉を掛けられる主人公。

     本人のきまり悪さとはうらはらに、この子の日々の手伝いが本当に家族に感謝されているのが解ります。
     まだ、こんなに幼いのによくやってくれていると思うから、だれもこの子を責めなかったのでしょう。

     “ねたふり”が許されるこの年頃のこどもの微妙な心模様が、大人の読者の幼少期の記憶を呼び覚ますような、ノスタルジックなストーリーと絵で描かれています。

    掲載日:2010/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理解ある優しさに包まれて。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    農家の夏。
    夏休みは毎日畑のお手伝い。

    漫画も読みたい、昼寝もしたい、海にも行きたい!

    それなのに、毎日毎日家中総出で野菜の収穫に大忙し。

    サボりたくもなるよね。
    夏休みだもの、休みたいよね。
    末っ子に対する、家族の温かい眼差しが嬉しい。
    みんな、痛いほど気持ちが解っている。
    もしかしたら、お兄ちゃんもお姉ちゃんも、
    一度は同じことをしたのではないかしら?

    農家の絵に、母の実家を思い出しました。
    蚊帳の海の底で、みんなで眠ったことを思い出しました。

    優しく懐かしい絵本です。

    掲載日:2009/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい蚊帳

    懐かしい蚊帳です。夏は、毎日蚊帳の中で寝ました。

    蚊に刺されて眠れないので、毎晩蚊帳を吊ってもらいました。

    夏野菜の収穫で毎日お手伝いは、大変です。夏は暑いから体もだるくな

    るし、たまにはズルして休みたくなる気持ちがわかりました。

    きっと親の方が辛いんだろうなあ・・・・

    せっかくの夏休みだから、きっとどこかへ連れて行ってやりたいんだろ

    うと思いました。この絵本は、だれでも思う気持ちが、とても上手く

    表現されていると思いました。

    夏野菜がとても美味しそうに描かれていました。

    なぜだか、とても懐かしさでいっぱいになりました。

    掲載日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるなぁ・・・こんな気持ち

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    夏休みってサイコー・・でもお手伝いが・・・
    この頃夏休みの宿題にお手伝いが入っているので我が家でもいろいろしてもらえて母はラッキーでした。
    夏休みが終わったら・・・子どもたちってしなくなるんですよね〜
    やっぱり・・お手伝いって大変なのかな?

    でもこのお話はもっと大変な夏休み。
    夏野菜の畑農場なんです・・・
    どっこもいけなくてのんびりできなくて・・・
    お手伝いばっかりの夏休み。
    とうとうずるをしちゃうんです。

    おおきな『かや』があっておばあちゃん家みたい夏って感じ、画面いっぱいのトマト・なす・きゅうりはすごく美味しそう!
    どのページも絵や色が主人公の気持ちとぴったりしていて表情もいきいきして主人公の気持ちがひしひし伝わってくるようです。

    表紙も素敵で夏休みには必ず読みたい絵本です。

    掲載日:2007/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • リアル感満載!!

    • みゅいさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子2歳

    ある夏休みの風景を描いたお話です。
    野菜農家の夏の収穫時期の生活がリアルに伝わってきて、とても田舎風景が懐かしく感じるとともに、少女のちょっとしたお怠け感もまたよかったです。
    トマトにキュウリにナスの描写も鮮やかでとても好感がもてます。

    娘がもう少し大きくなったら、世の中にはこんな風に夏休みに親の手伝いをしている子もいるんだなぁ。と実感してくれたらなと思います。 スーパーで買う野菜の裏には、農家があるんだよって事もね!

    3歳の娘にかやを説明するのは、ちょっと私でも難しかった・・・なにせ、私自身「かや」というものを実際に見たことが無いから(恥・・・)

    掲載日:2007/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 農家ならではの「夏の宿題」

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    農家ならではの「夏」。毎日炎天下の中、家族で収穫するんだ。暑い中なんでこんな苦労しなきゃならないんだろう。そうだ、このまま蚊帳の中で・・・? ズルして休み、後ろ髪を引かれる思い・温かく受け入れる家族の優しさ。それぞれの心情がストレートに伝わってくる作品です。

    少女の表情が素晴らしい! ほんとは手伝わないといけない、、、でも面倒。そっと抜け出して・・・何よ!と犬にまくし立てる目つき。少女の素直な心模様がよく分かります。みずみずしい野菜なんかもぅ食べちゃいたい!

    作者はほかにも「四季」をテーマにした絵本を出されているようです。こちらの方も読みたくなりました。

    掲載日:2007/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット