あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …

ぼくは すすき」 みんなの声

ぼくは すすき 絵:細川剛
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2006年09月
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,608
みんなの声 総数 8
「ぼくは すすき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • すすきの一年

     すすきの穂が揺れているのを見ると「秋だなー」と思います。でも、すすきって、あまり注目したことがありませんでした。
     この写真絵本では、すすきの一年を紹介しています。秋には、存在感がありますが、ほかの季節はよくわからなかったので、新鮮でした。そして、やっぱり不思議な植物だなと思いました。
     きれいな写真と、たのしい文章がよかったです。

     道端のすすき、秋以外にも観察してみようとおもいました。

    掲載日:2012/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節を感じること

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    3年生のおはなし会のおまけで読まれていました。
    季節を感じる絵本を読み聞かせする事の大切さを感じました。

    身近にないものを絵本で知ることもありますが、すすきのように身近なものを子どもたちに聞かせると、
    反応があって世界が広がります。

    じっくり見たことのない子どもも、絵本をきっかけに興味を持つでしょう。
    だんだんと季節感が薄れる中、子どもたちには季節を大事にしてほしいですね。
    環境問題にもつながると思います。

    聞いている子どものなかに、すすきでふくろうを作った思い出を話してくれる男の子がいました。
    かわいらしかったです。

    この絵本はすすきが話をしているので、小さい子でも親近感を持てると思います。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • すすき

    写真絵本です。

    絵本で、野山に旅行に行った気分になれました。

    もう今は、なかなか旅行に行けないので嬉しかったです。

     「いろいろな生き物と出会った」場面の生き物、花の写真がとても

    よかったです。

    すすきの一年を知ることも出来てよかったです。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    科学のともが好きなのでこの絵本を選びました。ススキをじっくり観察できるのが良いと思いました。文章が端的でまるで詩のようにロマンチックなのが素敵でした。色々な生物が代わる代わるススキと対話していることを知りとても勉強になりました。雪が積もる場面はとても綺麗でうっとりしました。外に出てススキを観察してみたくなりました。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ますます身近なすすきに

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子14歳、女の子10歳、女の子5歳

    とてもきれいな写真絵本です。

    身近なようでいてよく知らなったすすきのことが

    「ぼくはすすき」

    っていう言葉とともに
    とっても親しみやすく、そしてよく知りたいと思うようになる1冊です。

    よく目にするけど知らなかった

    ことに ほんとびっくりしてしまいます。


    自転車に乗って橋をわたるとき
    「あ。すすき」
    って 必ず娘が私の背中を叩きます。

    すすきの1年 
    あんまり気にもとめてないときでも

    しっかりずんずん 生きているんだよって
    感じる事のできる1冊だと思います。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドラマチックな一生

    日本の絵本には、すすきが至る所に登場しますね。お月見のお話などはもちろんのこと、挿絵の隅っこにちょこんと描かれていたり・・・。日本人にとっては、桜や稲と同様、風習や実生活の中に深く根付いているものの1つではないかと思います。そのようなすすきのことを、娘にも伝えたくて、手にとった1冊でしたが、私自身も知らなかったことがいっぱい!そして、単なる知識として学んだことだけでなく、このような目で(すすきに対する愛情をもって)見れば、すすきの一生も、こんなにドラマチックで、壮大なスケールに映るんだな、と新たな感動を得ることができました。春、夏、秋、冬、とそれぞれの季節を生き、再び春が巡ってきても、すすきの「ぼく」は「ふゆのからだのまま」。でも、「ことしのからだ」が芽を出し、「ぼく」の命は受け継がれていく。作者の言葉が自然体で、とてもすてきです。娘も、写真を見ながら、すすきが「ゆうやけいろに そまって、あかくなってるね。」「ほしの ひかりに てらされて、かがやいてるね。」と、子どもの感性のままに、言葉に表しています。

    掲載日:2007/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • すすきを見つけたくなります

    すすきの1年を写真で記録した写真絵本です。すすきって花を咲かせているなんて知りませんでした。娘はすすきのことをまだ全く知らなかったのでこれから生えているのを見たら教えてあげようと思います。子供って絵本とかで自分が知ったものを見つけるとすごく喜びますよね。たぶんすすきもこの絵本のおかげですごく身近になり、みつけると大喜びしそうです。

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • すすきを知ることが出来ました。

    • れんげKさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、男の子6歳

    写真絵本です。
    すすきを主人公に、すすきの1年(?)を描いてあります。
    でも、このすすきくん、とっても親近感があって、本当に目の前で語られているみたいです。

    子供たちも、わかりやすい文章だからか、聞き入っていました。
    ただ、すすきくんのところにやってくる「お客さん」のところでは、身を乗り出すように見ていましたが。

    すすきを身近に感じられる絵本でした。

    今度すすきを見かけたら、ちょっと観察してみようと思います。

    掲載日:2006/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界じゅうで翻訳され、読み継がれているロングセラー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット