ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

ねずみのくれたふくべっこ」 みんなの声

ねずみのくれたふくべっこ 作:松谷 みよ子
絵:丸木 俊
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年04月
ISBN:9784494003549
評価スコア 3.88
評価ランキング 31,545
みんなの声 総数 7
「ねずみのくれたふくべっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみも厚かましいけど・・・

    仏壇にあげた水を飲みに来るねずみ。
    怒ったおばあさんがお湯を置いたら、
    おじいさんねずみが湯につかりに来る始末。
    これじゃあおばあさん、怒って当然でしょう、と思うのですが・・・

    どうやらおばあさんはおじいさんにも普段からきつく当たる人のようで、
    おじいさんが、ねずみから貰ったお礼の品に溺れていくのも分かるような気がします。

    でもここでおじいさんが堕落してしまったら、
    おばあさんはますます怒るのでは・・・と思ったら、
    急転直下凄い展開に。

    堕落したおじいさんに罰があり、
    厚かましいねずみも報復を受け、
    おばあさんは何も知らないけれど溜飲を下げる。
    なかなか不思議なお話です。

    掲載日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみさんたち可哀想

    おばあさんが何も知らずに南蛮みそを詰めこんだら山崩れ、おじいさんが慌てて水で洗い流したら大洪水で、御殿もねずみたちも滅んでしまいました。
    恩返しが悲惨な結末に、可哀想な気持ちが残ります。
    お湯で元気になったねずみのおじいさんはどうしたでしょうか。
    不思議な物語です。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみの恩返し

     「じさ」とは、おじいさんのこと。「ばさ」とはおばあさんのことなんですね。そして「ふくべ」はひょうたん。こんな語り言葉が、昔ばなしらしいなと思いました。

     親切なおじいさんに、ねずみが恩返しをします。
     おばあさんが、ふくべに辛いなんばんみそを入れてしまいました、、、。

     教訓的なことを、おもしろいお話にする、昔ばなしの知恵を感じす。大らかで、表情豊かな絵に、しみじみしました

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと意外な展開にびっくり

    独特な絵だなぁ・・・
    あれ?「ひろしまのピカ」の方かな?

    それにしても
    おじいさんとおばあさんが若い(^^ゞ
    表紙のおじいさんと
    ねずみの妖艶さ!?
    この絵本についての説明のページで
    おじいさんとぼうさまねずみなんだけど
    そうは見えない(^^ゞ
    独特な世界観のような・・・

    最初の方は聞いたことがありますが
    後半の展開にびっくり!
    毎晩通い詰めていたってことですよね?

    そして、「からいからい山崩れと大水」に
    なるほど・・・

    「ふくべっこ」は
    ひょうたんの入れ物のことのようですよ

    「おむすびころりん」のようでいて
    ちょっと違う・・・
    民話という「戒め」なのかな
    と、とても複雑に思いました

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松谷さん

    松谷みよ子さんの作品だったのでこの絵本を選びました。とても鮮やかな着物が美しくうっとりしました。おばあさんとおじいさんの心の駆け引きがとてもよく描かれていて良かったです。お爺さんの行動の変化を目ざとく見つけられるのはさすが妻だなと感心しました。お爺さんがいかにねずみの国を愛していたかを感じられるのが良かったです。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねずみのくれた恩返し

    とても考えさせられた絵本でした。

    昔話で最後はめでたし、めでたしの結末になるとばかり思っていたのに

    見事に裏切られました。(?)

    ねずみさんがくれた恩返しに、悪気はなかったとは言え、結果的には

    ねずみさんの好意を裏切ってしまった悲しい結果に胸が痛みました。

    じさがばさに、ねずみのくれたふくべっこのことを話していたらこんな

    結果にならなかっただろうかと思ったり、じさがばさに話して一緒に

    楽しんだりしたら良かったのかなあって思ったりしました。

    自分たちさえ暮らしよかったら、動物たちを犠牲にして暮らしている

    んだと思ったり考えさせられた絵本でした。松谷みよ子の絵本は大好き

    なので勿論お薦めの絵本です。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後はちょっと微妙

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、女の子2歳

    じさとばさが出てくる普通の民話かなと思って読んでいると、最後が衝撃的でした。
    子どもはあまりわかっていなかったかも知れませんが、ねずみたちがかわいそう。
    悪いことをしたから罰が当たるというのとはちょっと違う、無情感が漂っているお話でした。
    本来、民話とはそういうものだと聞いたことがありますが・・・。

    掲載日:2010/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / 三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット