庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

雪渡り」 みんなの声

雪渡り 作:宮沢 賢治
絵:たかしたかこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1990年
ISBN:9784039634801
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「雪渡り」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大事にしている絵本です。

    私が高校生の頃、恩師に頂いた絵本です。
    今は実家に眠っています。
    まだ娘には読んであげていませんが、
    私が深く感銘を受けた絵本なので
    是非いつか読んであげたいと思っています。
    きっくきっくきっく、等調子の良い言葉も
    綴られているし、娘が大好きな狐が出てくるので、
    きっと娘も気に入って読んでくれると思います。

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 宮沢賢治さん入門の本としていかがでしょう

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    【雪渡り】って知っていますか?
    雪がたくさんたくさん降って 
    野も山も…田も畑も…みぃんなみんな雪で覆われた銀世界を
    歩くことなんですって☆
    目的地まで一直線…なんて気持ち良さそう!
    (すっごく冷えて 歩いても沈まないほど
    雪が固まらないとダメみたいですが…)

    横道にそれてしまってごめんなさい。

    このお話は 宮沢賢治さんの作品の中でも
    割と小さなお子さんから
    親しむことが出来る作品だと思います。

    堅雪かんこ凍み雪しんこ♪ のような
    リズムの良い言葉が どんな場面でも出てきて
    読み聞かせをしていても 飽きさせないと思います。
    お話も 狐の学校で催される幻燈会に
    四郎とかん子が招待される…という
    かわいらしいファンタジーです。

    宮沢賢治さんの文章からも たかしたかこさんの絵からも 
    雪に覆われた 林の中の描写が
    ひんやりと心地よく伝わって来ます。

    それから…
    友達と信じあうことの喜びを感じられる絵本だと思います。

    掲載日:2006/12/14

    参考になりました
    感謝
    1

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット