十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

しあわせな ふくろう」 みんなの声

しあわせな ふくろう 文:ホイテーマ
絵:チェレスチーノ・ピヤッチ
訳:おおつか ゆうぞう
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1966年08月01日
ISBN:9784834000917
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,289
みんなの声 総数 16
「しあわせな ふくろう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 私が25歳の時にこの本をよんだのです
    大切な絵本です!! 
    その時の感想「ふくろうたちが 語ったことを 学ぼう。 自然の中に生かされている喜びを感じよう!」
    そんなことをこのほんの後ろに書き添えていました

    ふくろうふうふのように からだをよせあって 楽しい思いにふける こんな 夫婦になれたらな〜 そんなことを思ったのかもしれません
    このお話はオランダ民話です  チェレスチーノ・ピヤッチの絵が とてもきれいで インパクトのある ふくろうの顔 クジャクの美しさ クジャクは 鳥たちが争っているのをみて ふくろうのように しあわせな生き方が良いと思いみんなに ふくろう夫婦の話を聞く場を作るのですが・・・・他の鳥たちは 「なんてばかばかしい!」
    「そんなことで、しあわせになれるはずが あるもんか!」
    こう言って自分たちの今までの生活をするのですね。

    どちらが 良いかは 一人一人の考え方で生きていくのでしょうが
    少なくとも 私は ふくろうの言葉に 耳を傾ける事が すばらしいと感じました

    掲載日:2011/06/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • じわじわくる

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    子どもが図書館から借りてきました。フクロウのぬいぐるみを大事にしているので、フクロウの表紙に惹かれたようです。
    オランダ民話だそうです。幸せに暮らすフクロウとそんなに幸せを感じていない(?)他の鳥たちのお話。幸せとは「足ることを知る」「人生を楽しもうとすること」かもしれません。でも幸せは人それぞれですが。
    子どもは思っていたような内容と違っていたのか「おもしろくなかった」と言ってましたが、地味だけどいいお話だと思います。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすが森の哲学者ですね

    子ども達に読んでもまだまだ理解出来ないかもしれませんね。

    このふくろうのように自然の移り変わりを感じ、話しながら穏やかに日々を過ごすことのすばらしさを感じますが、もう少しだけ刺激が欲しいと思います。
    少しで良いので自慢出来ることを手に入れて、たまにでいいので褒められて、泣いたり、笑ったり、喧嘩したり・・・
    私はそうして暮らしていくのが幸せだと思っています。

    でもそう思うのは平和な毎日を送って幸せボケをしているせいかもしれません。ふくろう夫婦の究極の幸せ論を聞いた気がします。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せのあり方

    幸せとはなになのか、問題提起をしてあり、ふくろう夫婦の答えを教えてくれる絵本です。
    食べたり飲んだり、自慢をすることが幸せではなく、静かで穏やかな時間の中に幸せがあるのだと、わかりやすく描いてありました。
    こんな風に、自然を愛でながら、穏やかにゆったりと暮らしていける、幸せな夫婦になりたいです。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読後、娘が口にした感想です。
    けんかばかりしてたらお友だちは増えないし、いなくなる。その方がまったくばかばかしい!そんな暮らしのほうがしあわせなんて、そんなことばかばかしい。
    読み終えて、裏表紙を閉じたそのすぐ後のことでした。
    静かなストーリーだし、眠る前に読んだもので、いつも感想など訊ね もしないし、彼女も、楽しかった、おもしろい、くらいしか口にしないので、彼女のこのちょっと怒ったような反応は、意外でした。

    ふくろうのいちまいいちまいの羽の色や模様など、とても美しく芸術性の高い絵本だと思いました。

    違う価値観を受け入れるのは難しいこと。
    けれど、生きていくのは、違う価値観を持つ人たちもいるのだということを受け入れていくことなんだ、、、と、いつか娘も知るでしょう。その時、彼女の心にこの絵本が浮かぶのかもしれません。

    掲載日:2012/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親の方が、心に響いた・・・

    この度「限定復刊」されるというので、初めて知った絵本でした。

    子供達には、ちょっと難しかったかな〜という感じでしたが、私自身、結婚して15年。
    こんな穏やかな夫婦になる時はくるんだろうか〜また、そうありたいな〜としみじみ感じさせられた1冊でした。

    子供に・・・と読んだはずが、私の方が心に響いた絵本でした。
    この絵本に逢えた事に感謝です。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が見事です

    絵が私の好みだったので借りてみました。

    幸せは自分の心の持ち方次第だということが、わかりやすく述べられた民話です。絵がとても鮮やかで、でも派手ではなく、とても印象的です。

    息子は冒険ものが好みなので、残念ながらこのような静かなお話はあまり興味がわかないようでした。

    掲載日:2011/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 周りに惑わされない事こそ

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    ふくろうの夫婦はいつもいつも仲良く暮らしているので、けんかばかりしている鳥たちは、仲の良い理由を知りたくなります。

    ふくろうの夫婦は、丁寧に自分たちの気持ちを語って聞かせますが、鳥たちには理解が出来ないようで、怒って帰ってしまいます。
    そんな失礼な態度を取られても、怒る事もなく相変わらず穏やかに暮らすふくろうの夫婦。
    自分たちの価値観が理解できないものに対してなんと寛大な事でしょう。

    絵はダイナミックで、構図もおもしろいです。

    掲載日:2011/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せ

    仲睦まじいふくろう夫婦の考え方がいいなあって思いました。

    季節を感じながら、季節を楽しみながら、夫婦が寄り添って静かに暮ら

    していて読んでいていいなあって思いました。

    でも、実際には、いつも仲睦まじくとはいかなあって思いました。

    ふくろう夫婦に憧れますが、時には喧嘩したりも面白いものです。

    喧嘩が楽しい訳ではないですが、喧嘩相手がいなくなったら寂しいこと

    もわかっているから、我慢しないで自分らしく暮らせばいいんだと思っ

    ています。長い人生だもの、いろいろとあると思いますが、仲良くは

    暮らしたいと思いました。

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羽根の色

    表紙のフクロウ達の羽根の色と模様の素晴らしさにうっとりし、素晴らしいなと感じたのでこの絵本を選びました。夫婦が仲むつまじく暮らすためのエッセンスを教えてくれる絵本でした。どこか遠くに行かなくても、色々な物を買わなくてもただそこに一緒にいて移りゆく四季を共に眺める、それこそが素晴しいと教えてくれる絵本でした。二人が感謝の気持ちを持って日々を丁寧に暮らしている様子がとてもかっこいいと思いました。

    掲載日:2009/01/19

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット