だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ピチャン、ボチャン、ザブ〜ン! −水って ふしぎ!ー」 みんなの声

ピチャン、ボチャン、ザブ〜ン! −水って ふしぎ!ー 作:マイク・マニング ブライタ・グランストローム
絵:マイク・マニング ブライタ・グランストローム
訳:せな あいこ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年03月
ISBN:9784566006720
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「水」の流れがわかる本。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    梅雨の時期に図書館で借りてきたのですが、借りているうちに梅雨明けしてしまいました。
    今年の夏はどうも激しい夕立が多い年のような気がします。

    で、何となく、「水」に関係ある絵本を借りてきました。
    この絵本」は“ふしぎだな?知らないこと いっぱい”というシリーズの一冊で、どちらかというと科学絵本といってもいいかもしれません。
    海のシーンから始まって、雲が作られるの話になり、雨となって地上に降り…。あまりに身近すぎて、気にしていなかった「水」の流れが分かりやすく描かれています。

    イラストも説明文をわかりやすいですが、理解ができるのは小学校4,5年生以上かな〜。
    興味のあるお子さんはぜひ読んでもらいたいです。

    掲載日:2011/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくの絵本です

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    お話会で読む本を選んでいるときに、水の音のタイトルに
    ひかれて、読んでみました。

    表紙がかわいらしい男の子と犬の絵だったので、幼児向けかと
    思ってページを読み進めていきました。
    ところが、3歳の息子には難しかったらしく、動物を見て
    可愛いとかタコが怖い等の感想を言っていて、どろんこに
    なっているページで、ベタベタだね〜と笑っていて内容は
    理解できていないようでした。

    気が付いたら、上のお姉ちゃんの方が喜んで見ていました。
    特に、カエルが載っているぺージで、空からカエルは
    降ってこないよね〜?小魚が降ってきたのは、お友達から
    聞いたことあるよ!と言っていました。
    私自身は、テレビの番組で空からおたまじゃくしが
    降ってきたとやっているのを見た記憶があるので、
    もしかしたら、おたまじゃくしが空に吸い上げられて、
    落ちてくる頃には、カエルになってる…なんてことも
    あるのかもしれないね〜と親子で会話が弾みました。

    かがくが苦手な男の子や女の子でもこの絵本の中で
    雲や虹やダムなどのことが、分かりやすく図解してあるので、
    小学校低学年から読むのにちょうど良さそうです。

    掲載日:2010/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すっげ〜!!

    先日、家族でドライブがてら
    倉敷ダムへ行ってきました

    そのダムを見ての子どもたちの感想
    「うえ!水へんな色〜」
    「ここはなんじゃ?」
    でした。確かに。説明してもわかりにくい

    図書館で子の本を見つけて
    これなら分かりやすい!と思い
    借りました

    さて、表紙の水にじゃぶ〜んのわんちゃんが
    気になったのか 息子の「読んでよんで〜」
    の嵐!!

    『ピチャン、ボチャン、ザブ〜ン!
    なみが、はまべにうちよせる。
    ドドッとうちよせて、サァッとひいていく。
    なみって、どこで生れて、どこへかえっていくのかな。』

    「海から来て海に行く!!」と息子の答え
    本の文章と息子の想像した答え・・・
    の繰り返しで読み進めました

    だんだん、雨の降る仕組やにじが出来る仕組
    家庭用水が出来るまでの家庭の説明がはいってくると
    息子も真剣な眼差しで「へ〜、すっげ〜!!」
    と興味津々!!(*’▽’*)わぁ♪

    最後のページには「もっとよくしるために」
    と用語の解説もあります。
    小学生には自由研究の参考にもなりそうです

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット