だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

「ぽんちとちりん」 みんなの声

ぽんちとちりん 作:志茂田 景樹
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「ぽんちとちりん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おススメです☆

    隣県の富山で志茂田景樹さんの絵本の講演会があったことを新聞で見ました。絵本のイメージがなかったのですが、この本を読んでみて、想像以上に良かったので、ビックリしています。

    意図的にメッセージ性の強い本を刊行しているそうです。
    他にも、何冊もあるみたい・・今度読んでみたいです。

    この本は、一軒の家で飼われている2匹の犬のお話。

    セントバーナードのぽんちは、家の外の犬小屋にいます。プードルのちりんが、いつも家の中にいて、かわいいリボンとベストを着ているのが羨ましくてたまりません。
    ちりんは、外に家があって、お散歩も行けるぽんちが羨ましくてたまりません。

    そんなことから、2匹はとっても仲が悪くなってしまうのですが、ぽんちはもう自分の命が長くないことを悟ってしまいます。

    ・・・ぽんちは、どういう風に人生の幕を閉じるのでしょうか・・
    は、読んでみてください。

    2匹のいがみ合いは、まるで、人間のよう。
    自分も思い当たる節があります。
    そして、死を前向きにとらえたぽんち。
    最後には、

    「いい いっしょうをおくれて おれはしあわせだったよ」

    と死んでしまうのですが、子供にも、とても解りやすく描かれていると思います。

    少し、長めなので、4,5歳の子からがいいと思います。

    うちの4歳の子は、次回の保育参加で読む本は、これだね。と、気に入った様子でした。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット