すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

ぽんちとちりん」 みんなの声

ぽんちとちりん 作:志茂田 景樹
絵:藤井智子
出版社:Kiba Book志茂田景樹事務所
本体価格:\1,238+税
発行日:2005年02月
ISBN:9784916158833
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,389
みんなの声 総数 3
「ぽんちとちりん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ちょっと悲しくなる絵本です

    • 豆たろうさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    この本って、あの志茂田景樹さんが書いたのですね。
    最近見かけないけど、どうしてるのかななんて思いも持ちながら読みました。

    外犬には外犬の、家犬には家犬の良いところ悪いところがありますが、同時に飼われていて立場の違うお互いをやっかんでしまっていた2匹。
    なかなか誤解が解けず、読んでいても悲しいですが、分かり合えた喜びもつかの間、また悲しみに襲われます。
    子供も、この本ちょっと悲しい気持ちになるね・・・とつぶやいていました。
    でも、分かり合えてよかったなぁとつかえが取れた気がしました。
    家犬、ちりんのカラフルなベストの色合いは志茂田さんを思わせます。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誤解が解けて

    ぽんちとちりんが前のように仲良くなれてお互いの誤解が解けて素直に自分の気持ちが伝えられてよかったと思いました。ぽんちが亡くなる前にちりんの優しい気持ちが伝わってよかったと思いました。お互いに相手にことが羨ましく思っているのは日常茶飯事なことかも知れないと思いました。話をして誤解を解くって大切なことだと思いました。

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなメッセージ

    同じ家に住むぽんちとちりんは、ちりんが子どもの頃は、仲が良かったのに、室内犬と室外犬という区別をされた頃から、ぽんちは室内でちやほやと着飾られているちりんを羨ましがり、ちりんは散歩に行けるぽんちを羨ましがります。

    互いに相手の方がいい思いをしていると思うのは、隣の芝生は青いということがいいたいのかなと読んでいたのですが、ぽんちに死期が近付き、ちりんと共に家で暮らすようになってから、二匹に和解の時がやってきます。

    互いの距離は心理的な距離に比例します。互いの距離が近付いた時、本当の相手の気持ちを知ることができます。この辺は対話の大切さを感じますし、思い込みは怖いとも思いました。絵本の中にいろいろなメッセージが入っているようで、読みながらいろいろ考えさせられました。最大のテーマは死をどう迎えることのようです。

    掲載日:2007/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット