十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぶるるんるんるん」 みんなの声

ぶるるんるんるん 作:筒井 頼子
絵:原 マスミ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784494005925
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「ぶるるんるんるん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かっこいい〜

    うちの子はこの絵本に出てくる自動車たちがかっこよく見えていたそうです。特に紫のバイクが気に入っていました!!ワルな感じがよかったのかも!!自動車がしゃべっているのも面白がっていたし、自動車だけの町も面白いって言って見ていました。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少々物足りないかな?

    原マスミさんの挿絵ということで、図書館で借りてきました。

    私にとって、原さんは、ミュージシャンというイメージが強いのですが、
    人によっては、画家・声優・ナレーターを思い浮かべる方も多いのでしょう。
    本当にこの方は多才な方ですね。
    今回絵本を初めて拝見させていただきました。

    「はじめてのおつかい」「あさえとちいさいいもうと」の筒井さんとのお作です。
    青い四輪駆動車の「るん」が主人公なのですが、
    うーん、この絵は、失礼ながら、青い塊みたいで、自動車というかんじがあまりしません。
    自動車としてのカラーが強い主人公なので、
    もっと細かく描かれた絵の方がよかったかなあ。
    でも、原さんだとどうしても、こういう描き方になるのでしょうね。

    お話のながれとしては、るんが、ぼくは四輪駆動車だから、多少の危険はへっちゃら、とちょっぴりいい気になっているところへ、痛い目にあって、仲間に助けられる、という、王道的なものなのですが、
    どうも、「るん」が、「ぼくは四輪駆動車だから」と何度も言うのが、
    車のことがよく分からない私としては、「よんりんくどうしゃってなに…」と思ってしまうのです。

    筒井さんも、原さんも、私の中では、いつも大変すばらしいものを見せてくださる方なので、この作品は、少し物足りなさを感じる絵本でした。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット