もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ」 みんなの声

あべ弘士の生きものがたり カワセミとヒバリとヨタカ 作:あべ 弘士
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2016年04月26日
ISBN:9784097266457
評価スコア 4.77
評価ランキング 550
みんなの声 総数 12
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 生きかた いろいろ  とりもとりどり

    全頁試し読みで読みました。「生きかた いろいろ とりもとりどり」に励まされた私でした。カワセミは、ヒバリが泳げないのを笑っているけれど、
    「きみが泳げないのは、それはそれでいいと思うよ。獏だって空高く飛べないもの」と、素直に相手の長所を褒めるのが上手だなあと感心しました。カワセミは、水中に飛び込んで魚を上手にとって食べれるし、ヒバリあh空高く飛ぶことが得意だし生きかたは、とりもとりどりで、人も「人生いろいろ」だなあと思いながら読みました。あべ弘士さんの生き物の観察力が素晴らしいと思いました。

    掲載日:2017/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの生き方

    水中に飛び込めるカワセミ、空高く舞い上がっていくヒバリ、スピードのあるヨタカ、三者三様の得意分野でしょうか。
    でも、苦手なこともあることがわかります。
    ヒバリのチャレンジ精神は良いけれど、出来ないことは出来ないとわかることも大切かもしれませんね。

    掲載日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおらかなイラスト

    おおらかなイラストがとても気持ちよく、登場する鳥たちに愛着が湧きます。
    それぞれの鳥の特徴が描かれている絵本ですが、押し付けがましくなく、楽しく読むことができました。
    小さなお子さんにとっては、あまりなじみのない種類の鳥ですが、
    この絵本を読んで、鳥に興味を持つお子さんもいそうです。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなそれぞれ

    見返しの言葉が面白かったです。
    生きかたいろいろ。とりもとりどり。
    そう、表題の鳥たちが、お互いの特性に改めて向き合うストーリーです。
    獲物は、魚、ミミズ、虫。
    飛び方は、低く、高く、横一直線。
    生き物の観察眼では定評のあべさんならではの、特徴のとらえ方が臨場感たっぷりです。
    もちろん、セリフや行動などは創作でしょうが、
    妙にリアルなのです。
    それぞれが対照的な特徴だけに、対比すると面白いですね。
    飄々とした語り口に、いろいろなことを感じ取ることができそうです。
    幼稚園児くらいから、体感してくれると思います。

    掲載日:2016/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • カワセミの言葉がいい!!

    この絵本で「ヨタカ」をはじめて知りました。
    カワセミにヒバリにヨタカ,同じ鳥でもそれぞれの特性と個性があることを学べる絵本です。
    そして「それぞれそれでいいんんだ!」と思わせてくれるカワセミの言葉かとてもよかったです!!
    イラストも味わいがあり素敵でした。

    掲載日:2016/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冴えないヒバリ?

    ヒバリといえば、古来から春の季語として使われていたり、美空ひばりさんのイメージだったり、どこか格調高い鳥という印象でした。

    なのに、このお話では、ちょっぴり冴えないイメージ…。
    カワセミなんて、ヒバリに対してうすら笑いを浮かべています。
    もしかして、あべさんはヒバリが嫌いなのかな?と…。

    でも、その冴えない感じが愛おしくて、親しみを感じました。
    冴えないヒバリは、そういう意図だったのかもしれませんね!

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユーモラスで楽しい絵本でした

    すっかりファンになりました。
    特徴をしっかりとらえた絵は、見ていて小気味がよいです。
    ひばりに対するカワセミの言葉は、きっぱりとしていながら思いやりにあふれているのですね。
    鳥のことを全然知らない私が、
    この絵本で三種類の鳥の特徴を理解できました。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物を見たくなる絵本

    • もゆらさん
    • 60代
    • その他の方
    • 神奈川県

     あべフリークのわが娘いわく
    「あべっちは動物の目をもってるんだよ。
     だから絵がね、目立つとこだけ描いてあるんだワ」
    なーるほど…そう言われれば、特徴を覚えやすい。
    「それからその動物のセリフね、それはね
     あべっちのこころの声なんだヨ」
    ふーん…観察力の優れたあべ弘士の空想ってとこだね。
    「あっ、お父さん、そんでもって本物を見てね
     あべっちのすごさを思い知るから」
    うぅっ…なるほど…さすが元飼育員あべ殿。
    感謝・感謝

    掲載日:2016/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • カワセミのしぐさが超、かっこいいです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    ちょっと昔話みたいなお話でした。
    もしかしたら、昔話をモチーフに創作されたのかもしれませんね〜。
    あべさんの描く動物たちは、生き生きしていて、デフォルメした姿かたちなのに、その動物の特徴がよく出ているので、ものすごくリアルに感じます。
    特に1つ1つの動作の描き方は素敵で、見応えがありました。
    この絵本の中では特にカワセミの一挙手一投足がカッコよかったです。

    字も、1ページ1ページの絵も大きくてはっきりしているので、読み聞かせにも使えますが、
    せっかく3種類の鳥がメインの絵本なので、もし読み聞かせに使うなら、ちゃんとテーマを決めて使っていただくと、作品がはえるんじゃないかな〜と、思います。

    掲載日:2016/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの良いところ

    この本は、タイトル通りカワセミ・ヒバリ・ヨタカ(私はヨタカ知りませんでした)が出てきますが、ヒバリがカワセミのまねをしようとして失敗しても、カワセミはそれを笑いません。
    笑わずに、ヒバリのすごいところを教えてくれて、それは自分はまねできないよ。と言い、ヒバリの自信を取り戻してあげます。
    そんなカワセミが素敵です。
    ヨタカをみて、ヒバリはまた同じようにまねをして失敗しますが、カワセミとのやりとりの後なので、気にしません。
    自分にできること、できないこと、お友達ができること、できないこと、みんな色々でいいんだよ!と、すごくシンプルに教えてくれる本です。

    掲載日:2016/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



野球ファンだけにとどまらない、人生へのエールがこめられた絵本

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット