大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ワンプのほし」 みんなの声

ワンプのほし 作・絵:ビル・ピート
訳:代田 昇
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1985年10月
ISBN:9784333011995
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,377
みんなの声 総数 6
「ワンプのほし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • バッチイ人=人間

    自然豊かなワンプの星にやって来たバッチイ人。
    彼らは自分たちの星を汚しきってしまい、このワンプの星にやってきました。そして、自分たちの望む星づくりを始めます。
    しかし、バッチイ人は、たちまちワンプの星を汚し切ってしまいます。
    その間、ワンプたちは、地下で避難生活を送っています。

    汚し切った星を捨て、バッチイ人は新しい星へ旅立ちます。
    ワンプたちは、ようやく地上に出てみて驚きます。そこには、かつての美しさからは考えられない酷い有様だったんです。


    最後に、希望を残したラストにしてくれているので、子供にも安心して読めます。
    でも、とても考えさせられるお話ではないかと思います。
    絶版絵本なのですが、本当にオススメします。

    掲載日:2014/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい地球を守るために

     作者のビル・ピートさんは,ディズニープロで数々のアニメ映画を手がけ,その後ディズニーを飛び出し,絵本作家になった人です。

     ワンプという,とても気だての良い草食動物が住む星は,一面が緑の草原で被われた平和な星でした。
     そこへ,バッチイ星からやって来たバッチイ人が現れ,ワンプの星を自分たちの考えている素晴らしい星へ変えようとします。

     この絵本では,環境破壊が,取り返しのつかない結果ももたらしてしまうこと。そして,それを繰り返してしまうバッチイ人(人間?)の愚かさを,わかりやすく子供に教えてくれます。
     息子がどのくらい環境破壊について,理解したかは分かりませんが,その大切さを少しでも感じてくれたらと思いました。

     残念ながら,現在販売されていないようですが,図書館で見かけた時は,是非子供さんに読んで上げてください。

    掲載日:2009/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球もいつか・・・

    のんびりとした緑のワンプのほし。田舎も緑が なくなりつつあります。ある時、バッチイじんが やって来て・・・。見る影もなく破壊してしまいます。破壊は 一瞬。再生は、長い年月が・・・。子供達に 豊かな自然を 残したいですね。

    掲載日:2006/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • バッチイ人になりたくない!

    静かに暮らすワンプたちの星にやってきた、
    バッチイ星からやってきたバッチイ人。
    バッチイ人がワンプの星をどんどんばっちくしていって
    もう住めなくなるまでばっちくして、
    他の星に去っていきます。
    ワンプは地下でただただ過ぎ去るのを待つ。
    空き地にワンプの草が生えているのを発見して喜ぶワンプ。
    でも元のワンプの星には決して戻らないのです。
    ショック。。。
    地球に住む私たちは、どうしたらいいんだろう?
    考えさせる力を持った本です。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6年生読み聞かせのイチオシ!

    • ちうやかなさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子9歳、男の子6歳

    6年生が読み聞かせのアンケートでよかったと選んでくれた本のトップが、この本。うちの息子もまだちいさかったけど、何回も読んでと持ってきた時期がありました。
    「ワンプ」という小さな美しい星には、ワンプというおとなしい動物だけが住み、自由に幸せに暮らしていました。ある日突然、「バッチイ星から来たバッチイ人」に、星をめちゃめちゃにされてしまいます。バッチイ人たちは、この星をよごしきり、また新たな星へと旅立っていきます。さて、岩穴にかくれて住んでいたワンプたちは、その後・・・?
    人間の、大量生産と大量消費、環境破壊などを痛烈に風刺していながら、子どもたちをひきつける魅力に富んだ絵本です。ビル・ピートの他の本もオススメです。

    掲載日:2005/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • バッチイ人の無責任さ・・・

    • たまっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    みどりのたくさんある星にすむワンプ。平和でゆったりと過ごしていたとき、バッチイ人がワンプの星を占領しにきたのです。バッチイ人は名の通り星をよごしてしまうのです。ワンプの星にもビルや高速道路を造り、空気や川は汚染されバッチイ人も住めなくなるほど汚れてしまいました。バッチイ人はまた違う星をめざして飛び立ちました。汚れた星に残されたワンプ達。わずかに残っていたみどりの草原で暮らすのでした。ワンプがとてもかわいそうになりました。バッチイ人は住めなくなるほど星を汚したまま次の星に住むなんて、これでは何にも解決しません。なんか心がスッキリしないまま話が終わってしまいちょっと残念です。でも、この絵本を読んでいて、もしかしたらバッチイ人は私たち人間なのかな・・・と思ってしまいました。私だけ?

    掲載日:2003/04/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おててがでたよ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット