アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

こまどりのクリスマス」 みんなの声

こまどりのクリスマス 絵:丸木俊子
訳:渡辺 茂男
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1960年
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,448
みんなの声 総数 9
「こまどりのクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こまどりは、神の鳥

    スコットランド民話です。

    読み終えて思ったのは、なんて賢いこまどりなんだろう、ということ。

    こまどりが王様のお城へ向かう途中、動物たちや人間が、言葉巧みに
    こまどりをどうにかしてやろうと声を掛けるんですが、こまどりは、
    「わたしは だまされません」と、ひらりと交わして飛び続けます。

    こまどりのお嫁さんに、「みそさざい」が選ばれるのですが、調べてみたら、
    「みそさざい」は、こまどりと同じスズメ目の鳥なんですね。

    西欧各国の民間伝承においては、みそさざいは、ヨーロッパコマドリと
    対になって現れることが多く、ヨーロッパコマドリがオス、ミソサザイがメスだと
    考えられていて、「神の雄鳥」「神の雌鳥」として夫婦とされていたようです。

    だから、王様とお妃様は、こまどりを邪険に扱わなかったんだな、みそさざいを
    お嫁さんに選んだんだな、と調べてみてやっと理解できました。

    民話から学ぶことっていろいろあるんだな、と思った作品でした。

    掲載日:2013/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がきれいな絵本です

    丸木 俊さんの絵が素敵です!

    こまどりは なかなか賢い鳥ですね
    王様のおしろへ 歌を歌いに行くのですが 飛んでいると 次々にコマドリを狙う動物に出会うのです
    でも こまどりは 誘惑に負けずに 王様のお城まで飛んでいきます
    子供に出会ったときは優しい子どもだと思いましたが、この子はしじゅうからに石をぶつけるから ごめんこうむります」
    きっぱりというのです

    そしてとうとう 役目を果たすのです
    そして 王様のご褒美は?

    こまどりに お嫁さんを紹介するのです」
    そして 結婚するのです  
    なんと ことりが 生まれたのですね

    子孫繁栄ですね    
    絵が奇麗でさすがに 丸木さんの絵は繊細ですね  きれいでした
    スコットランド民話も繰返しを大事にされているのがよくわかりました

    掲載日:2012/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぜハード本にはならないの?

    『こまどりのクリスマス』との出会いは、幼稚園の時・・・

    かしこいこまどりは他の動物に誘われても、自分の意思をしっかり持って王様のいるお城に向かいます。

    お城でかわいい歌を聴かせたこまどりにお嫁さんを・・・

    こまどりのお嫁さんにみそさざい・・・?

    幼いながら何故?

    と思いましたがその後調べてみると、かつてヨーロッパではこまどり(オス)とみそさざい(メス)が対で夫婦になっていて、新年・クリスマスに関係のある鳥・・・だとか。

    テンポがよく、ハッピーエンドなクリスマス絵本

    ハード本になってほしい一冊です。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色彩が豪華

    スコットランド民話です。

    絵がとても綺麗で色彩が豪華です。

    絵に見惚れてしまいます。

    こまどりが誘惑に負けないで、とても賢く人の観察をしていると思いま

    した。誘惑を断る理由をはっきり言って断っているところも勇気があっ

    て素敵でした。なにより、クリスマスのうたを歌いに約束したので、必

    ず約束を守る姿も立派でした。

    ラストのこまどりにお嫁さんが出来て、なにより5羽の子供に恵まれた

    ハッピーエンドが大満足な私です。いつまでも余韻を楽しめました。

    掲載日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • こまどりのクリスマス

    いとこから頂いたお古の中に入っていた本です。

    利口なこまどりがいろいろな誘惑に負けずに、
    王様のところにクリスマスのうたを歌いに行きます。

    スコットランド民謡ですが、あまり教訓めいていなくて
    悪者達に罰があったりはしないので、小さな子供には
    こうゆうお話のほうが良いなぁと思います。

    絵が華やかでとてもきれいです。
    丸木さんの絵本を他にも探してみようと思いました。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ステキなクリスマスのお話。

     クリスマスのお話でも、サンタやトナカイは出てきません。ここに出てくるのは、お城の王様とおきさき様のために歌を歌いに行く、1羽のこまどりのお話です。スコットランド民話で、この昔話の繰り返しのリズムと最後にはめでたしめでたしといったラストで、親子で安心して読めました。

     お城へ向かう途中、いろんな動物がこまどりを捕まえようとしますが、賢いこまどりはだまされずにお城にたどり着きました。強い動物が登場するのでドキドキしますが、小さくても智恵があれば切り抜けられることを、子どもたちに伝えられればと思います。

    掲載日:2007/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食わず嫌いでした

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    5年も前に長男が幼稚園でもらってきた本です。
    表紙の絵があまり好きではなかったので、なんとなく読みそびれてしまっていたのですが、本棚の整理をしたついでに、なんとなく読んでみました。
    すると、なかなか良いではありませんか。
    こまどりが、猫や鷹やきつねなど、自分を狙う者の巧みな誘惑を退けて、ひたすら自分の目的地に向かうところなど、繰り返しの楽しさがたっぷりあります。
    そして、目的地であるお城の王さまとお妃さまの対応もとても優しくて、数々の誘惑を乗り越えた先には、こんなに素晴らしい世界が待っていたのだと、感動すら覚えます。
    すると、今までは今ひとつ好きではなかった絵も、なかなか味があるように見えてくるから、不思議なものです。
    おしゃれな感じが漂うスコットランド民話です。

    掲載日:2007/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • スコットランド民話の世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    スコットランド民話ということですが、
    絵は「原爆の絵」などで有名な丸木俊さん。
    意外な組み合わせなんですが、程よく民話の雰囲気があって
    その世界に惹きこまれます。
    こまどりは王様のお城にクリスマスの唄を歌いに行く途中、
    様々な動物達に会います。
    ですが、いずれも天敵ですから見事にかわして先を急ぎます。
    そして無事、王様のところで任務を果たし、お礼にいただいたものは・・・。
    絵が丁寧で美しいです。
    聡明なこまどりの様子もいいです。
    数々の危険をすり抜けるところなど、
    思わず昨今の社会状況を考えると、説得力を感じてしまいます。
    ラストのシーン、女の子はうっとりでしょうね。

    掲載日:2006/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子心

    昔、自分が繰り返し読んだ絵本です。

    今は絶版になっているようですが、何度かこどものともで増刷され、配本されているようですね。
    実にシンプルな、昔風の絵本なのですが、その昔加減がよい味を出しています。

    王様、お后さまの衣装など、実に美しく描かれていて、子供心にも惹かれるものがありました。
    スコットランドの民話に基づくもので、絵も華やかなので、てっきり外国のものか、と思ったら、日本の方が挿絵をかかれていたのですね。
    ちょっとびっくりしました。

    賢い駒鳥が、他の動物たちにだまされることなく、お城へ行き、歌をうたったごほうびに、ミソサザイのお嫁さんをもらうことになる話の流れが、女の子心をくすぐったのでしょうね。
    相当読んだ覚えがあります。

    案の定、読み聞かせてはみたものの、息子は、「ふーん」ぐらいでしたが。

    掲載日:2006/09/02

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねこのさら
    ねこのさらの試し読みができます!
    ねこのさら
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    この夏、らくご絵本を読んでみよう!あれっ、この皿はもしかして・・・
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 2
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット