話題
ぼく、いいたい ことが あるの

ぼく、いいたい ことが あるの(評論社)

やっと言えた「さようなら」…心を揺さぶる絵本。

  • 泣ける
  • ギフト
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

路線バスしゅっぱつ!」 ママの声

路線バスしゅっぱつ! 作:鎌田 歩
出版社:福音館書店
税込価格:\1,320
発行日:2016年04月15日
ISBN:9784834082500
評価スコア 4.64
評価ランキング 3,354
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 路線バスに乗ってみたくなりますね

    身近に走る路線バス。
    そのバスの仕組みや車内の様子や運転士さんのことなどがとても細かな描写で描かれています。
    特にあまり目にすることがない運転席の細かなイラストのページは子どもが喜びました。

    そして、つばさくんたちの子ども旅!そんな子どもの目線からバスの様子が描かれていて子どもも自分が冒険に出ているような気分で読めるのではないでしょうか?

    大人の私からしてみると、バスにそれほど関心は持っていなかったのですが路線バスにはお客さんの安全を守るため、快適に乗れるための工夫が本当にたくさん施されているのですね。

    読んだ後には、なんだかなんとなく乗っていた路線バスにまた乗ってみたくなりました。

    バスに乗る前に子どもに読み聞かせするのもおすすめです。

    投稿日:2016/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勉強になります

    鎌田さんの作品には埼玉の消防車やバスが登場してくるので、さいたま市在住の我が家では、何だか見ると嬉しくなります。
    3歳息子、働く乗り物や新幹線が好きで、よく図書館で鎌田さんの絵本をかりてくるのですが、中身が詳細に書かれすぎていて、途中で少し飽きてしまいます。。コロナ禍で、普段自家用車でしか移動しないので、バスの乗り方、勉強してほしいのになぁも少し残念でした。

    投稿日:2022/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • バス図鑑を買ったような気分です!

    バス好きのお子さんには非常におすすめの絵本です。

    友達4人組が子供だけでバスに乗ってある公園までいってみる、
    それだけの物語ですが、
    作者の鎌田さんの、絵がとても素晴らしく、
    バスの細部にわたるまでが非常に精巧緻密に作られていて、
    まるで図鑑を眺めているようです。

    物語の文だけなら、子供だけでも簡単に読めます。
    図鑑の説明的な部分については、
    とても小さい字なので、親が説明してあげる必要があります。

    親が読み聞かせをする場合は、
    「これは何?」「このボタンは?」「ここは何て書いてあるの?」
    と質問が止まらないので、時間がたっぷりあるときがおすすめです。

    投稿日:2022/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 路線バスのことがよく分かる!

    鎌田歩さんの、しゅつどう!しょうぼうたいが面白かったので読みました。
    小学生が、初めて子供たちだけで路線バスに乗るというストーリー。
    バスの始発から目的地のバス停までの車内の様子、アナウンスなどが、とても丁寧に描かれています。
    初めて子供だけでバスに乗る前に読むとシュミレーションできていいのではないでしょうか。

    投稿日:2021/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 乗り物大好きなお子さんにオススメです。

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    つばさくんたち4人は、日曜日に公園へ行く計画を立てました。自分たちだけで路線バスに乗るのは、4人ともはじめてですが…。子どもたちの路線バスの旅が描かれています。緻密な車内のイラストがとてもリアルな絵本です。見返しには路線図が載っていてバス旅を想像して楽しくなりました。

    投稿日:2021/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 真横からや真上から図鑑の様に描いてくれています。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子18歳

    少し前、関東に大雪が降ったとき、ウチの方では
    公共のほかの乗り物がほとんととまって動かなかった時も、
    国際興業のバスはいち早くタイヤにチェーンを巻いて(台数は少なかったですが)、動いてくれていたんです。
    だから最初にこの本を開いたとき、運転士さんが、出発前にちゃんと整備点検をするシーンを見て、こういうことをきちんと実践している会社だからだったんだなと、納得しました。

    この本はバスという乗り物の楽しさを伝えるだけでなく、バスという乗り物の形態や名称も、真横からや、真上から、とても分かりやすく図鑑のように描いて教えてくれています。
    しかも、このバスは“車いす”を利用している人にも優しいバスでした!ほんとにすごいです!!
    今まで乗り物絵本をたくさん作ってこられた鎌田さんならではの楽しくて面白い乗り物絵本になっています。
    前の見開きにはバスの載り方がわかりやすく描かれていますし、後ろの見開きにはつばさくんたちが乗ったバスの路線図が描かれています。
    いろんな楽しみ方が出来る作品です。特に乗り物好きのお子さんたちに読んであげたいです。

    投稿日:2018/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごーい!

    路線バスの利用の仕方から、運手席にあるスイッチやメーターまで、路線バス大解剖という感じでした。
    運転手さんの目線でみる運転席のカッコイイこと!
    私は、ほとんど路線バスを利用しないので、どれもこれも新鮮なことばかりでした。
    大人だけど、この本片手にバスに乗ってみたいなって思いました。

    投稿日:2017/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんのミラー!

    のりもの絵本に定評のある鎌田さんの新しい作品。
    図書館でみつけたのでさっそく借りてきました。

    バスの路線図にはじまり、運転士さんの仕事ぶりやバスの仕様がよくわかる絵本。
    あらためて、こんなにたくさんミラーがついているんだ!と勉強になりました。

    最後のページにはバスの乗り方もついていて、親切だなと思いました。

    投稿日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • バスに乗っていこう!!

    このお話は、仲良しの4人が自分たちだけでバスに乗って公園まで行くお話でした。初めて子供だけでバスに乗るどきどきと、自分たちだけでできた達成感がすごい伝わってきて、読んでいてとってもすがすがしい気持ちになりました!

    投稿日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家では身近な乗り物

    表紙の鮮やかなバスの姿に惹かれ、手に取りました。
    我が家には車がないので、駅までの移動はもっぱら路線バス。我が家で一番身近な乗り物の絵本ということで、とても興味深く読みました。
    バスの役割や装置や構造などが、とても詳しく解説されています。安全のためにいろいろな工夫がされていることなどを知り、改めてそのありがたみを実感しました。

    投稿日:2016/04/20

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ノンタンぶらんこのせて / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット