庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ぼくもいれて」 みんなの声

ぼくもいれて 作:ジャネット・トーマス
絵:アリソン・バートレット
訳:山口 文生
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784566007802
評価スコア 4
評価ランキング 18,289
みんなの声 総数 10
「ぼくもいれて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラストがわかりにくかったかも

    4〜5歳児に読みました
    キャスパーはスージーと遊んでいるところに、ミリーが来るといつも仲間はずれにされてしまう
    子どもたちが大好きな「おにごっこ」が題材なので興味を持って絵本の動向を見つめます
    子どもたちの遊びが紹介されてる場面ではうれしそう・・・
    ところがあまりにもきついミリーの言い方にとうとうキャスパーが泣き出してしまうと「かわいそう・・・」とあちこちから
    ママの提案で、公園で「みんな」と遊ぶことに
    ラストは結局ミリーもみんなと遊ぶことが出来たみたいですが、その辺は少しわかりにくかったかもしれません

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何故にこのミリーと言う子は、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    頑なにスージー以外の子と遊ぼうとはしないのだろうか?キャスパーが気の毒でしょうがない。二人じゃなきゃ出来ない鬼ごっこだなんて、どういう鬼ごっこか。ここまで性格の悪い子供も珍しい。親の顔が見てみたい。決していいとは言えない読後感。

    掲載日:2015/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • キャスパーは偉い

    4歳の子供には、ちょっと難しいお話だったかな。

    何度断られても「ぼくもいれて」というキャスパーは偉いと思いました。また、それを見守る事の出来る母親の存在も素敵だと思い、参考にしたいな〜と思いました。

    うちの子も、キャスパーのように、強く生きていってもらいたいな〜と思いました。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 理由はかんけいないの!

    ミリーは、キャスパーをなかまはずれにする。
    理由は何でもいいけど、とにかくダメなの!!
    ってイジワル。

    キャスパーは、そんなミリーを公園に連れて行き、
    「みんなであそぶのはすごく楽しいことなんだよ」
    って分かってもらうストーリーです。

    個人的には、ミリーが改心したかはよく分からずで、
    なんとなく中途半端な感じがしました。

    でも、オシャレで絵はカワイイです☆

    掲載日:2010/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでできるよ

    キャスパーがいつも「ぼくも いれて」と言う勇気、仲間はずれにされ

    ても言い続けた勇気がとてもよかったです。

    ママもキャスパーを抱きしめるところがとてもよかったです。

    みんなの遊んでいるところに連れていくだけで、「この子もいれてあげ

    て」ってママが言うのでなくて、キャスパーが自分で「ぼくも いれて

    」っ言ったことがとてもよかったです。

    みんなで遊ぶ楽しさがわかってよかったです。最初は、ふたりだけで

    遊ぶことが多いけれど、みんなで遊ぶ楽しさを経験すれば、もう出来る

    ようになると思いました。「ぼくも いれて」と言う勇気を持てる絵本

    に感謝したいです。

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなと遊ぶと楽しいよ

    お友だちとなかなか上手に遊べない息子へ読み聞かせしました

    題名を見たとき息子と同じように主人公の子も
    『いれて』が言えないのかなと思いました
    しかし主人公キャスパーはどれだけ
    『いれてあげない』と言われようと
    頑張って『ぼくもいれて』と言い続けました
    そして、みんなと遊ぶことがどれだけ楽しいかを知ります

    「キャスパーはひとりで遊べばいいよ」
    なんて最初は言っていた息子
    しかし『あんたなんかいれてあげない!』
    といわれた時のキャスパーの悲しそうな顔を見て
    「キャスパー悲しそうだね」とポツリ
    そして最後には
    「みんなでいっしょに遊ぶんだよね!」
    とニッコリ笑顔の息子がいました

    この本を通して
    《みんなと遊ぶと楽しい》
    と言うことが伝わったかなと思います

    掲載日:2008/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ミリーはどうなっちゃうの?

    • キュロさん
    • 30代
    • ママ
    • 山梨県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    「おにごっこは2人でするの!」
    「あんたなんかいれてあげない!」
    「みんなとなんかいっしょにできない!」
    と、意地悪なことばかり言っているミリー。

    ミリーは、どうしてそんなことを言ってしまうのか?
    ミリーは、キャスパーと仲良く遊べるようになるのか?
    そればかり気になって読み進みました。

    最後までミリーとスージーは、みんなが遊んでいるのを見ていただけで、いったいどうなってしまったの?
    という思いが大きく残りました。

    しかし、最後のページ、キャスパーの元に寄っていくミリーとスージーの姿が!!
    今度からは、みんなで一緒に遊べるといいね!

    そして、いつも「ぼくもいれて!」と言えたキャスパーはすごい!
    うちの子もキャスパーのように育ってくれたらいいなと思います。

    掲載日:2008/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 捕らえ方

    ミリーの鬼ごっこは2人でするものと思い込んでいたのでは?と思いました。

    みんなで遊んでいたのを目の当たりにしたミリーは目をまん丸にして驚いていました。

    その子が知らなかったことが意地悪だと誤解されてしまう。
    そんな事を考えさせられました。

    必死に話すキャスパーに応えたおかあさんのみんなが鬼ごっこしている場所に連れて行ってあげるというアイデアもすばらしいと思いました。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかまはずれ

    二人でしか遊べない子供達。大勢で遊べば、楽しいのに・・仲間はずれにされた、キャスパー、ママに全部話すと、抱きしめてくれました。抱きしめることって大事ですね。二人より三人、三人より大勢が楽しい。明日、学校で皆と遊ぶのを楽しみに子供は、眠りました。

    掲載日:2006/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなで遊んだほうが楽しい

    読んでいて、ミリーみたく鬼ごっこは2人でするものだと思ってしまう子供に育てたくないなと思いました。やっぱり、遊びは、2人よりも沢山の友達と遊んだほうが楽しいと私自身も思います。子供には、この本を読んであげて、沢山の友達を作って遊んでもらいたいと思いました。大人からみても、少し考えさせられる絵本だと思いました。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット