ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

うさこちゃんとうみ」 みんなの声

うさこちゃんとうみ 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:いしい ももこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1964年06月
ISBN:9784834000221
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,254
みんなの声 総数 88
「うさこちゃんとうみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

88件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • うさこちゃんはおとこのこ?!

    ブルーナーの「うさこちゃんシリーズ」が、赤ちゃん絵本としてとても優れた要素(はっきりした色使い。常に正面を向いている顔。くっきりした黒い輪郭など)をもった絵本だと知ってから、意識して少しずつ読むようにしています。
    夏に家族で海に行ったこともあり、その時の感動が薄れないうちにと思って読みました。「おおきなうみにいくんだよ。いきたいひとだあれ?」「よろしい。ではくるまにおのり」など、やさしく語りかける文章が心地よかったです。2歳の息子が「いきたいひとだあれ?」の問いかけに、「はあい、ぼく!」とうれしそうに答えていました。
    読み終わった後、息子が「うさこちゃんはおとこのこ」と言うので、何のことだろう?と思ったら、うさこちゃんが自分と一緒で海水パンツをはいていたのが気になった様子。確かに、ビキニじゃないのがちょっと不思議です。

    掲載日:2012/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • ブルーナさん

    ブルーナさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公が海を満喫している様子がしっかりと伝わって繰る描き方が良いと思いました。海で色々な楽しみ方が出来ることを教えてくれる絵本でした。特に貝殻を拾う場面が気に入りました。海に行きたくなりました。

    掲載日:2010/11/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 海辺の楽しい一日

    お父さんに誘われて、うさこちゃんは、一緒に海に行くことにしました。
    お父さんのふわふわさんは力持ち、うさこちゃんの乗った車を引っ張って
    海に行きました。
    砂丘や貝のある海岸です。
    うさこちゃんはシャベルとバケツで遊んで、泳いで、貝も拾いました。
    海辺の楽しい一日です。

    掲載日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通でした

    小さいころ、持っていた絵本。
    まだ実家にあったので、3歳になるこどもに見せてみました。
    私が幼かったころ、色が奇抜で、こんな色の貝やバケツはありえない!と実は好きではなかった絵本です。
    ところが、不思議なもので、大人になるとミッフィーの魅力にすっかりとはまり、グッズや、載っている雑誌を集めるようになりました。
    そんな不思議な魅力のミッフィーが、子供にはどう映るのかも気になっていました。

    私のように、貝やバケツなどの色使いが気になる様子もなく、淡々と読み進めていました。
    色鮮やかなミッフィーの世界、特に気に入った様子もなく、嫌う様子もなく普通の反応でした。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃を思い出しながら…

    私自身が、子供の頃、大好きだったうさこちゃんシリーズ。

    子供が出来たら、全巻揃えて読んであげたい!!!なんて、生まれる前は夢見ていました。 (冊数すごいので、諦めましたが…)

    娘が2歳の頃に、読んでみましたが、大人になって読むと、「幼児に読み聞かせるには、言葉がちょっと難しい…???」 というのが、最初の感想です。

    訳されたのも、ずいぶん前なので、そう感じるのでしょうか。。

    でも、自分自身が子供の時は、ただ好きで読んでたし、「むずかしいから、分からない!」 と感じた記憶もないので、案外、子供は平気なのかもしれないですね。


    娘に読みながら、うさこちゃんがトロッコの様な手押し車に載せられるシーンでは、「荷車??うさこちゃんって、荷物なのー!?(日本で見る)ベビーカーじゃなにのー!?」 と、子供心に衝撃を受けたのを、思い出してしまいました(笑)。

    子供の時の読んだ記憶と共に、我が子に読んであげるのは、子供の自分も一緒に読んでいる様な感覚になり、なかなか不思議で面白かったです。


    最近作られた、幼児向けの絵本になれていると、「文章がちょっとこむずかしいなぁ」とも感じますが、ママがだーいすきだった絵本を、子供と一緒にもう一度読めるのは、素敵な時間だと思うので、うさこちゃんシリーズは、いっぱい読んでいきたいです♪

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素晴らしい絵と訳

    • ちむ子さん
    • 20代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    母親である私がディックブルーナさんの大ファンで、私自身も子供の時から「うさこちゃん」シリーズの絵本は本当に何度も母に読んでもらっていました。

    オランダでは「ナインチェ」(=子うさぎ、の意)として愛されているミッフィー。
    いしいももこさんが「うさこちゃん」と訳し、名付けたことが秀逸だなといつ読んでも感心します。
    娘は赤ちゃんの頃水遊びがあまり好きでなかったのですが、2歳になってすぐに大きなプールに行くことになって、興味付けの為に購入しました。
    色がハッキリとしていて、力強く描かれたうさこちゃんとふわふわさん、車に砂丘に貝殻。娘は砂丘と太陽?が描かれた、背表紙にもなっている絵が大好きで、読んでまもなく、背表紙を見ると「うさこちゃんのうみのえほん!」とわかるほどでした。

    訳も本当に素晴らしく、リズムよくテンポよく読めます。語呂もいい!
    親子揃って大好きなのが「すなのおやまができたあと なみうちぎわで、うさこちゃんは いろやかたちもさまざまな かいをばけつにいれました」というところ。
    貝殻の絵が可愛らしく、保育園に入りプールバッグを購入するときは、この貝殻の絵が描かれたミッフィーちゃんのプールバッグを娘が選びました。

    三歳になった今でも、秋も冬も読んでいる本当に大切な絵本です。
    特に夏になるころ、海に行く頃、水着を準備しながら読むと楽しみも倍増しました!

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海へいこう!

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    おとうさんが「くるまにおのり」と言ってうさこちゃんが乗ったのが、自動車ではなくうば車のようなものだったので、息子は「これくるま?」と不思議に思ったようでした。
    海では砂でおやまを作ったり、かいがらを拾ったり、うさこちゃんが楽しんでいる様子が目に浮かびました。もっと遊びたーいと言いつつ、車に乗ったら眠っちゃううさこちゃんがかわいかったです。
    赤、黄色、青などはっきりした色使いとかわいい絵で、赤ちゃんにも読んでもきっと喜んでくれそうと思いました。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海遊びの楽しさ

    0歳の頃から何度も読んでいる絵本です。
    娘が初めて海に行ったのは2歳のとき。
    この絵本のことを覚えていたのかどうかわかりませんが、貝拾いや砂遊びをたくさん楽しみました。
    海遊びの楽しさがストレートに伝わってくる絵本です。
    海へ行く予定があれば、ぜひその前に読んでみることをおすすめします。

    掲載日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子向け絵本ですが。。。

    我が家の娘は4歳ですが,ミッフィーのぬいぐるみとミッフィーのおままごとセットを持っているので,ミッフィー=うさこちゃんが大好き。
    病院の待合室にあったこの絵本を手にして来ました。
    この絵本自体は1歳くらいの小さな子向け絵本ですが,ミッフィー大好きな我が家の娘はそれなりに楽しんでいました。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海の楽しさがシンプルに

    義母からもらって、0歳のころから読んでいた本です。
    ずっとそれほど興味を示していなかったのですが、
    最近、よく「読んで」と持ってくるのです。

    うさこちゃんがお父さんと海に行く話。
    車にのったり、砂山を作ったり、海に入ったり、貝をひろったり…。
    シンプルなストーリーと絵。
    昨年の夏に初めて海水浴をしたので、楽しく読めるようになったのか
    ミッフィーが好きになったのかよくわかりませんが。
    ともあれ、彼はブルーナさんの絵がとても好きなようです。

    掲載日:2014/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

88件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが / めくる しかけえほん どこかな?どこかな?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(88人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット