ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ボビンとプッチのアンティークやさん」 みんなの声

ボビンとプッチのアンティークやさん 作・絵:スズキ タカオ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2004年
ISBN:9784591077382
評価スコア 3.86
評価ランキング 28,825
みんなの声 総数 6
「ボビンとプッチのアンティークやさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 宝箱のようなおみせ

    著者名がカタカナ表記だし、
    勝手に外国人著者だと思ってました。(苦笑)

    だって、勘違いするほど外国っぽい絵本なんです。
    すごく綺麗で、オシャレ☆
    そして、お話も夢があっていいです。
    ふたりがはじめることにした
    「アンティークやさん」は、まさに宝箱☆
    素敵な商品であふれてます!
    中に売り物にはできない 少し古びた花瓶が出てきます。
    この花瓶のお話が、アンティークやさんを
    さらにミステリアスな雰囲気にしてくれます☆
    シリーズであるようなので、他のものも読みたいなって思いました♪

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • アンティークやさんに行きたいな

    娘はまだアンティークやさんに行ったことがありません。
    だからボビンとプッチのお店の雰囲気が、実際にはどんな
    感じなのか掴みにくかっただろうなって思います。
    おもちゃ屋さんみたいなものだって思ったかな?
    アンティークやさんには思わぬ掘り出し物があったりするから
    楽しいのですよねえ。行きたくなってしまいました。

    私はすっかり忘れていたのですが「ねこのだいくさんの人だね」と
    娘に言われ・・ああ、ほんとだほんとだ!こういう独特な形の
    おうちを建てていたものね。
    つぼの中にすいこまれてしまった時にはどうなるのかと
    娘とふたりでひやひやしましたが、無事戻ってこれて
    よかった〜。

    アンティークやさんに行きたいと書きましたが、ほんとは
    それよりも、アンティークやさん・・いや、お店やさんを
    やりたいなあって思ってしまいました。たぶん娘も
    そう思ったはず。
    小さな子どもの「おみせやさんごっこ」が大好きな気持ちを
    くすぐる絵本だと思います。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面倒見がいいボビン

    ボビンはプッチに対しておおらかで、
    とても面倒見がいいお兄ちゃんみたい。
    どれほどの年が離れているんだろう、なんて考えてしまった私ですが、
    話の内容は、
    アンティークやさんを始めるための準備から始まります。

    美術の勉強をされている作家さんみたいで、絵がすばらしい。
    一つ一つ細かくてきれいです。

    一気にシリーズを読みつくしました。

    掲載日:2011/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと不思議な世界

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    しっかり者のねこ、ボビンと、のんびりやのねずみプッチがアンティークやさんを始めることになりました。
    いよいよ明日が開店という日の晩、夜遅くまでふたりは準備に一生懸命。
    アンテーィクのお店に、少し気が惹きつけられ、本を開くと、何とも不思議な世界。色々なお店が並んでいますが、特徴あるお店の数々は、ただ見ているだけでも、楽しむことができます。
    色々な品物を懐かしそうに見ているボビンとプッチ。明日の開店に間に合うのかしらと、心配になってくるほど…
    そこで見つけた花瓶に、またまた不思議な出来事が…
    作者の趣味、嗜好を思う存分感じることができます。おまけの新聞も、ぜひお読みください。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎなお話

    • キョッチさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子4歳

    この絵本は息子が図書館で選んだ一冊です。
    絵本だけでなく絵画も手がける作者だけに、印象的なイラストでストーリーを楽しむだけでなくいろんな想像を広げて楽しめる絵本だと思います。

    ふしぎなツボが出て来たときは『ハクション大魔王』のような展開を想像しましたが、ツボから誰かが出てくる訳ではありませんでした。

    ボビンとプッチはシリーズ化されいてるので続きを読むのも楽しみです。

    掲載日:2007/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の好みは優先しましょう…

    コミックチックで、アニメのようなストーリー展開の絵本です。
    ごちゃごちゃした、にぎやかな絵、と言ってしまってはいいすぎでしょうか?
    でも、うちの息子は、この絵本が大好き。
    ええ、可愛い絵だと、母も認めますよ、ええ。
    …ちょっと母の好みではないんだけどね。

    ネコのボビンとねずみのプッチ。
    二人はアンティーク屋さんを開きます。
    難破船の舵、100年前のいわしのかんずめ、キリンのブラシ。
    あれやこれやを整理している時に、手にしたのは、このあいだ拾ったツボ。
    このツボはただのツボではありません。
    それは…

    不思議な不思議なお話です。
    コミック的な流れですが、子供にとっては、とても面白いらしい。
    実は、この絵本、1年ぐらい前に、図書館で借りてからというもの、
    たびたび、「借りてー!」「借りてー!」とせがまれた本なのです。
    つい、親の好みとはずれているので、「今度ねー」でやりすごしてきたのですが、
    1年たってもまだ(しつこく)覚えていたので、びっくりしました。
    つい私は、まだ読んだことのない本、私が読ませたい本、私自身が読みたいと思う本をチョイスしてしまいがちなのですが、
    やはり子供の好みを優先してやらなければなりませんね…。
    いまさらですが、反省。

    掲載日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット