あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

おかあちゃん あそぼ!」 みんなの声

おかあちゃん あそぼ! 作・絵:飯野まき
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2006年06月
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
「おかあちゃん あそぼ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カバの生態

    かばって地味で余り子供うけしません。息子もそうです。
    でも、ウンチは気になるようです。こぐまちゃんとどうぶつえんでもカバがピピピッとウンチを撒き散らすシーンがあって、やっぱり気になっていました。

    お母さんおきて〜と起こします。どすどすと一緒に走り出します。
    泥でべちゃべちゃと転がって遊びます。実際に一緒には出来ないけど、一緒にやってほしいんだろうな〜と思います。
    水に潜って鼻から一緒に噴水をします。ウンチを撒き散らします。最後はお決まりのあくびで口を大きく開けます。

    カバの生活だけど、泥とお水は大好きな息子。刺激されます。
    とても仲が良いのも読んでいて微笑ましいです。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲良しカバさん親子

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    カバの親子の朝からお昼寝までの様子が、可愛らしく表現されています。
    お母さんカバの行動をマネする赤ちゃんカバがとても愛らしく、仲良し親子の様子が伺えます。
    実際に、この本をよく読んでいた頃に息子の後追いがひどく、少しイライラしてしまったりした事がありましたが、この本を読んでいると、赤ちゃんは後追いして当たり前でとても嬉しいことだなと気持ちが穏やかになれました。

    こんな仲良し親子になりたいなぁと願っています!

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • カバの生態

    カバの赤ちゃんがお母ちゃんと遊ぶ姿を描いたお話です。

    一生懸命遊んであげるお母ちゃんの愛情溢れる絵本だと思いました。
    この絵本を通して、なんだかカバの生態も分かってしまうような気がしました。

    動物園に行った際には、是非カバを観察したくなるオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まつぼっくりを。。。

    うちは、二歳の息子の本は余裕があるときだけですが主人に読んでもらっています。
    まあ、字が少ない本限定ですが。。。

    かばのあかちゃんとおかあちゃんがうんちをビュンビュンとばすとこがあるのですが、ある日家の中にころがっているまつぼっくりをうんちにみたてて主人が飛ばしていました。。

    かばのまね らしいですが。。

    意外なとこで子どもとのはしゃいでましたが。。

    絵本から得たことを生活の中でこういう遊びにつなげるのって男の人にしか出来ないな。。と感心?してしまいました。

    うんちが一番盛り上がりますが、見たことないかばの世界の想像が子ども達の中で広がっているので(口の大きさとか)これからも読んでいきたいです

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あーーーん

    この絵本で息子はかばが大好き。(笑)
    「かば」と言えずに「ばば、ばば」と絵本を持ってきます。

    最後のあくびのシーンで 大きい口を息子に近づけて読んであげたら それがお気に召されたご様子。
    一人で読んでる時も「あーーーーん」と絵本を目の前まで持って行きます。

    「鼻からぷしゅー」の時もちゃんと鼻を押さえて、分かってるのか分かってないのか・・。

    掲載日:2007/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなふうにのんびりできたらいいな。

    気がつけば、毎日「早く、早く」を連発している私。だから、かばのおかあさんみたいに、のんびり起きて、子どもとどろの中で遊んだり、水あびをしたりという姿に憧れます。この絵本のかばのおかあさん楽しそうな顔をしています。こんなお母さんだったら、子どもも楽しいでしょうね。「今日も忙しかったな」と感じられるお母さんは、ぜひこの絵本を読んで、かばのお母さんからのんびりと大らかをもらってください。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • カバの一日?をほのぼの見ている気分

    コスパ最高、内容も満足のこどものともシリーズの中の一冊です。
    今回も、丁寧に書かれたカバの絵で良かったです。
    カバの親子が一緒に何でもしている様子が書かれていて、とってもほのぼのします。何だか一日ぼーっと動物園のカバの前で眺めているような気分…。ゆったりします。
    1歳半の息子には、ちょっと絵が暗かったからか(カバなので仕方ありませんが)ふーん…という感じの反応でしたが。

    掲載日:2007/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママ、おーきーてー!

    かばのママとあかちゃん(?)子供のお話。

    うちの子(2歳)が朝に「ママ、おーきーてー!」「パパ、おーきーてー!」と言うようになったのも、今思えば、この本の影響かな?と思います。

    とてもお気に入りの絵本で、ボロボロになってもいつも読んでいます。
    日常生活で真似できろところが多いです。

    うちは「おかあちゃんおきて」「おみずをぷっちゅー」「おみみをぶるるるる」「おおきなあくびふわぁぁぁ」などなど、擬音語がいっぱい出てきて子供には、とっても楽しい絵本です♪

    掲載日:2007/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • かばの生態に驚き

    かばの親子の一日、といったところですが、リアルな泥あそび、水あそび、草を食べたりといった事実が、ページをめくるたびに繰り広げられ、当然ですが人間とのあまりの違いに読んでいる大人のほうもどひゃ〜〜〜〜〜となってしまいます。新鮮です・・・・うんちも豪快です・・子供も、読むたびに、すべてのページにいちいち目を丸くしています。

    掲載日:2007/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんちは、びゅんびゅんびゅん。

    まず、おかあさんでもママでもなく、おかあちゃんに子供は食いついてきました。
    そして、何でもおかあちゃんのまねをするかばの赤ちゃん。そのまねをするうちの子たち。
    かばはうんちを飛ばしながらするんですよね。それで、びゅんびゅんびゆん。これ股、娘たちは大喜び。

    掲載日:2006/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / かばくん / がたん ごとん がたん ごとん / たべたの だあれ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット