ゆきが くれた おくりもの ゆきが くれた おくりもの
文: リチャード・カーティス 絵: レベッカ・コッブ 訳: ふしみ みさを  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある寒い冬の夜、ロンドンの街に大雪が降った! 勉強のできない男の子と、きびしい先生に起きた、あたたかな奇跡のものがたり。
てんぐざるさん 40代・ママ

映像で見てみたい気がしました。
この作品は日本では2014年の10月に…

どうようえほん 2 改訂新版」 みんなの声

どうようえほん 2 改訂新版 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年
ISBN:9784564003660
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の財産

    娘が生まれて以来、娘の周りにはいつも歌があるようにと、日常生活のいろんな場面で、歌を口ずさんでいましたが、思えばこうして本を開きながら歌ったのは、この絵本に出会うまで1度もなかったことに気づきました。娘も、歌が大好きな子に育ってくれて、普段から私と一緒に歌ったり、自分で作った歌を気持ちよさそうに歌ったりしていますが、この絵本を図書館で借りてきた日から、2,3度いっしょに絵を見ながら歌っただけで、急にいろんな歌詞も正確に覚え、歌える歌がぐんと増えたことに驚きました。そして、「歌(音楽)は、歌うもの、聴くもの」と思っていましたが、絵と言葉が結びつくことで、こんなにもイメージが広がるものなんだ、ということがわかり、改めて絵本の力を知るよい経験になりました。娘が得意な歌は、「ことりのうた」「おはなしゆびさん」「うみ」。私が好きなのは、母がよく歌ってくれた「はるよこい」です。母のことを思いながら、私も娘に「心の財産」を1つでも多く残してあげたいなと願っています。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • だれのあしあと
    だれのあしあとの試し読みができます!
    だれのあしあと
    作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    雪のうえのあしあと、だれのかな? 冬のあてっこ遊び絵本


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット