しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

「the dot」 みんなの声

the dot 本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「the dot」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素晴らしい先生と生徒!

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    白紙の画用紙を前に、何も描けないワシテ。
    ワシテの先生は、とりあえずは出来ることから取りかかればいいということ、
    そして温かい視点や、先生にしては型外れな一面も持ち合わせていた。
    ワシテの描いた点にサインを書かせて 作品として仕上げ、
    また それを立派な額に入れて飾ってくれたことは、ワシテにとって
    認めてもらえた嬉しさと自信につながったことでしょう。
    人は誰かに何かを認めてもらえて喜びを感じた時、そのことに面白みを覚え
    探究心も芽生えて、飛躍的に実力を伸ばすことが出来ます。
    私も娘たちのことをもっと褒めなくては、とちょっと反省しました。
    ちょっと冷静に考えると、単に「点」を描いただけの紙を額に入れて飾られたら
    逆にバカにされたと思って怒る生徒もいそうなものですが、ワシテの素直さも素敵ですね。

    学校の美術展で「定規を使っても真っ直ぐに線をひくことが出来ない」男の子に
    自分が先生にしてもらったのと同じ指導方法で教えようとする姿勢には
    自信や凛々しさすら窺え、魅力的だと思いました。
    娘たちはワシテが絵を描くのかと思ったら、描いたのが「点」だった上に
    先生に褒められていたので、その意外性が単純に面白かったようです。
    内容構成もきちんと成立していて、内容的にも本当に素敵な作品だと思います♪

    活字ではなく ちょっとクセのある手書き文字で書かれているので、
    もしかしたら 読みにくいと思われる方も いらっしゃるかもしれません。
    ワシテがいろいろな点を描くことが面白くなって いろいろな色で点を描く場面で
    いろんな色の名前が出てくるので、英語教室では「色」のテーマの時に
    読んでもいいかもしれませんねっ。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット