あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

花の都/てんしき」 みんなの声

花の都/てんしき 作:桂 小南
絵:ひこね のりお
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784323040738
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「花の都/てんしき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」ですね

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     娘が『じゅげむ』に続いて読みたがっていた落語シリーズです。笑いながら読んでいました。
    自分で読めるようになる小学生頃がおすすめです。
     
     『てんしき』は本当に知ったかぶりはいけないなあ・・・と思いました。
     体の調子がよくない、おしょうさま。お医者様に診てもらうと、「てんしきはありますか」と聞かれます。
    『てんしき』という言葉がわからない、おしょうさま。見栄を張って知ったかぶり。小僧さんに『てんしき』を借りてくるように言います。
     小僧さんは『てんしき』を借りに、あらもの屋、お花屋に行きますが、売り切れた、食べちゃったとかで手に入れることはできません。
     結局『てんしき』とは○○○の事だったのですが・・・
    聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥ですね。
     娘もおちを知るまでは何だろ??とワクワク。おちを知ってからも何回も読んでました。
     
     『花の都』の方は、鼻をのばせる魔法のうちわを手に入れた主人公。うちわを扇ぎ、芸者の鼻をのばしにのばして、鼻の上をどんどん走っていくと江戸から京都まで走ってきていましたというお話。
     鼻の上って乗れるん?走れるん?どこまでいくんよなあ・・・と興味は尽きない様子でした。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット