ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

まんじゅうこわい/平林」 みんなの声

まんじゅうこわい/平林 作:桂 小南
絵:ひこね のりお
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784323040721
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「まんじゅうこわい/平林」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読みやすくて楽しめるよ

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     娘が『じゅげむ』に続いて読みたがっていた落語シリーズです。
    自分で読めるようになる小学生頃が楽しめるかな。
     
     『まんじゅうこわい』
     主人公の熊さんのこわいものはなんとおまんじゅう!熊さんをおどかそうとみんながお金を出し合って山盛りのまんじゅうを熊さんに・・・
    熊さんはというと、こわいこわいまんじゅうのはずが・・・むしゃむしゃむしゃむしゃまんじゅうを・・・
     最初はなんでまんじゅうなんてこわいんやろ?嫌いの間違い違うん?と言ってましたが、とにかくまんじゅうをほおばる熊さんに大笑いしてました。

     『平林』
     お使いで手紙を届けに行く事になった権助。相手の名前は『平林さま』
    ところが途中で読み方を忘れてしまい、尋ねるといろんな読み方を教えてもらいます。
    「タイーラバヤシ」に「ヒラリン」「一、八、十の木、木」
    「一つと八つで十、木、木」といろんな読み方で叫びながら歩いていく権助。
     娘も最近、一つの漢字で読み方が何種類かあってややこしいなあと感じたところだったので、そうよなあ〜という感じで楽しんでました。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット