ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ぺんぎんほいくえん」 みんなの声

ぺんぎんほいくえん 作・絵:M・ミトゥーリチ
訳:松谷 さやか
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2001年
評価スコア 4.36
評価ランキング 10,039
みんなの声 総数 10
「ぺんぎんほいくえん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • はじめてのほいくえん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。ぺんぎんのぼうやがはじめて保育園に行くお話。
    お母さんと離れて不安な様子、段々と慣れてみんなと楽しく遊ぶ様子が描かれていて良かったです。
    まだ園に行っていない娘が園にプラスのイメージを持ってくれたらいいなと思います。
    親の私もうちの子は園に入ってから大丈夫かな、という思いがあります。子どもはこんな感じにすぐに馴染むのかなと思えて、不安がちょっと減りました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぺんぎんぼうやがとてもかわいいです。
    初めて保育園に行くときの不安、そして保育園での楽しい様子、
    迎えにきたお母さんに会えた時のほっと安心した様子が
    かわいらしく、ペンギンの世界で描かれています。
    こんな保育園、人間の娘も通ってみたいようです。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 僕も一緒

    うちのこのクラスにも最近新しいお友達が入ってきたらしく、このペンギンのお話と重なるところがあったのか、とっても集中して絵本に聞き入ってました。みんなと仲良く遊ぶのを見て、早く幼稚園に行きたくなったそうです。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お日さまのオレンジ色

     「こどものとも年少版」の1冊ですが、M・ミトゥーリチの原案・絵なんですね! 日本では、「お日さまをみつけたよ」が有名ではないかな?と思いますが、この絵本も、お日さまのオレンジ色がとてもきれいです。なんだかそれだけで心が温まる感じがします。

     入園前に読んであげたら、安心感が生まれそうですね。魚を口にくわえて、お迎えに来てくれたペンギンのお母さん、ほのぼのとしていて好きだなぁ・・・。

    掲載日:2009/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなと一緒も楽しいね

    お母さんと離れての初めての集団生活の不安な様子と楽しく遊ぶ様子が描かれています。
    いろいろドキドキや不安を持って登園するペンギンぼうや。
    大勢で遊ぶとひとりとは違った楽しさがあることが伝わってきます。
    娘はぺんぎんぼうやとは逆で母よりも子供といる方が楽しいタイプなので、
    来年からの登園がとても楽しみなようです。
    ぺんぎんたちの元気な様子が伝わってきてオススメの絵本です。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい

    とにかく、絵がとってもかわいいです。ぼうやにマフラーをかけるおかさんの優しさは、どの世界も同じなんですね。マフラーのお陰で、ぼうやがよくわかってよかった。保育園への不安がおかあさんの後に隠れるぼうや、まだ慣れなくて一人だけ尻ごんでいる絵とかのしぐさがかわいいです。海で泳ぐ練習とかして命を守ること、集団生活の楽しさ等が伝わってきます。太陽が昇って沈むまでも、太陽の位置で教えるところも気がきいている絵本だと思います。

    掲載日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 集団生活が始まる前に・・・

    ぺんぎんが初めて保育園に行き、その1日を描いた本です。
    集団生活(幼稚園・保育園)に通う前に読んであげるのもいいかも!です。
    ぺんぎんのようにすぐに園に慣れた様子が、逆にうらやまししく感じました。
    我が息子は慣れるまでにすごく時間がかかったので・・・(^^;)。
    そんな事を思い、初めて登園した日の事を懐かしく思い出しながら読んだ絵本です。

    掲載日:2008/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 保育園への不安

    ぺんぎんほいくえんに行くことになった、ぺんぎんぼうやのお話です。

    保育園に不安を感じる子どもが、だんだんと打ち解けていく様子が丁寧に描かれています。
    先生と対面した時の、ぺんぎんぼうやの尻込みする姿と、歓迎しているぺんぎんの子どもたちの笑顔が温かくていいですね。

    ぺんぎんの子どもたちもかわいいですが、背景の朝日が昇り、沈んでいく色合いがとてもキレイで好きです☆

    掲載日:2007/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼稚園が舞台になっているお話・絵本はいくつかあると思うのですが、保育園が舞台って珍しいのではないでしょうか。
    ぺんぎんぼうやが初めて保育園で過ごした日の出来事が描かれています。
    歌を歌ったり、ペンギンダンスを踊ったり、こおりのやまをすべったり、海で泳ぐ練習をしたり…。ぺんぎんかあさんが迎えに来るまで、ともだちと一緒に楽しい時間を過ごします。1ページごとに太陽の位置が変わっていって、時間の流れを表しているのが面白いですね。

    掲載日:2007/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ドキドキ

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    ぺんぎんのぼうやが初めて保育園に行った日のお話。
    保育園って何?お母さんは一緒じゃないの?とても不安なぼうや。始めは少し遠くからみんなを見ていたぼうやですが、次第に輪に入り歌を歌ったりダンスをしたり山登りや泳ぐ練習。お母さんが迎えに来てお家で保育園であった楽しかった事を話します。明日も行くんだ〜!と。
    グレーの毛色で子供たちが遊んでいる絵は本当に可愛いです。
    ぺんぎんだけに氷の山に登るとか生きて行くのに必要な泳ぎを練習したり・・保育園って楽しいんだ!と思える絵本です。

    掲載日:2006/09/12

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット