だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ふくろうのそめものや(チャイルド本社刊)」 みんなの声

ふくろうのそめものや(チャイルド本社刊) 作:小沢正
絵:林 蘭
出版社:チャイルド本社
本体価格:\583+税
発行日:1994年
ISBN:9784805485545
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「ふくろうのそめものや(チャイルド本社刊)」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カラスが黒い訳 ご存じですか?

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子16歳、男の子14歳、男の子 6歳

    私自身が子供の頃、自分で読んで、ホウホウなるほどと思って、忘れられなかった本です。子供に読ませたくても中々、題名が思い出せずに苦労しました。内容を書いて誰か題名知りませんか?なんてサイトが合ったらいいのに(余談になりました)。
    カラスは何故黒いのか!?が分かる昔話のようです。そしてフクロウが夜しか出てこないのかまで分かってしまいますよ。嬉しい発見が出来るはずです。6歳の息子はいつかこの絵本の話を思い出してくれるか楽しみです。イソップ童話の「おしゃれなからす」も、もう一度親子で読んで、比べてみようかなと思っています。

    掲載日:2010/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラスが黒いワケ

    • ポポロさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    昔、聞いたことのある昔話です。
    ふくろうがそめものやを始めました。
    鳥たちはこぞって羽を美しく染めてもらいました。
    その頃、真っ白い羽が自慢だったカラスも噂を聞きつけ、
    やってきますが・・。
    なぜカラスが黒いのかがユーモラスに説明されています。
    あれがいい、これがいいとワガママを言ったカラスが
    結局真っ黒になってしまった。
    私の記憶はそこまでだったのですが、ふくろうがなぜ木の穴に住み、
    夜行性なのかも書かれています。
    笑ってなるほど〜と納得できる動物の昔話は小さいお子さんも
    安心して楽しめると思います。

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / ねないこ だれだ / よるくま / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット