雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

年老いたメス狼と女の子の話」 みんなの声

年老いたメス狼と女の子の話 文:水谷 明子
絵:平田敏夫
原作:野坂 昭如
出版社:汐文社
本体価格:\1,922+税
発行日:1993年
ISBN:9784811300603
評価スコア 4
評価ランキング 22,265
みんなの声 総数 1
「年老いたメス狼と女の子の話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 狼の優しさに涙!

    昭和20年8月15日は、日本が戦争に負けた終戦の日です。
    このお話は、満州です。

    女の子と年老いた狼が、コウリャン畑にうずくまり、女の子は、狼を、飼い犬のベルと間違えて泣きじゃくりながら狼のせなかに抱きついてきたの、狼は、自分の子供のように懐にだいてやります。その絵が何ともかわいく優しいのです。

    しかも 死に場所を探しているの・・・・
    女の子と狼がまるで親子のようで!

    悲しいことに、女の子はね、はしかにかかっていて、死んでしまうのです。
    狼は、悲しかったんでしょう。
    仲間のところに連れて帰り大事に守ってやろうとするのです。
    狼の優しさに涙がでます。
    そんな狼の優しさも、おおかみが子供をさらっていくと、思った人間が、鉄砲で、殺してしまうのです。

    ああ〜
    狼の優しさが・・・

    狼を、殺したにんげんは、冷たくなっている女の子を、土にうめてお墓を作るのですが・・・
    狼のことは,ほったまま、風化して骨になって、女の子を守っているのです。

    同じ命を持つ動物なのにね・・
    はかない命ですね!
    命あるものの運命を感じます。

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット