もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おつきさまでたよ」 みんなの声

おつきさまでたよ 作:寺村 輝夫
絵:いもと ようこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年
ISBN:9784251006097
評価スコア 4.12
評価ランキング 17,639
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • お月見シーズンに!

    我が家は数年前から,十五夜には娘と一緒に月見団子を作り,お月見の行事を楽しんでします☆
    このシリーズ絵本は,季節の行事を大切にしている内容でとてもいいですね!
    今年も月見団子を作り,これからも季節を感じながら過ごしていきたいな〜と思えるお話でした。

    掲載日:2016/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでおつきみ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。
    くりのきえんのみんなでおつきみ!絵で月やすすきを描こうという先生の提案は却下されてしまいます(笑)。まあ本物のほうがいいという意見はたしかにわかりますけど。
    今回の主人公がたぬきのぽんたというのが合っていますね。
    みんなで準備するさまがいいです。
    展開も絵本らしくていいですね。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見

    お月見がテーマのお話です。

    くりのきえんのおともだちシリーズなので

    園の行事を四季が織り交ぜてあって、

    小さい子には身近なものだと思います。

    お月見といっても、おもにだんごを食べるということにしか

    小さいうちは興味がないと思いますが、

    大きくなったら、だんだん空を見上げて

    楽しめたらいいなと思います。

    登場人物は動物でユニークな名前がついていて

    そこもおもしろいと思います。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お月見の頃に

    お月見のお話なので、その頃に読むと良いと思います。

    はじめはお月見の絵を描こうとしたのに、子供たちの意見で
    本当のおだんごを作ることに変更しためえこ先生、さすが!です。

    絵に描くのも素敵だけど、本物のお団子を作ったりすすきを飾ったりした方が、きっと子供の記憶や心に残りますよね。
    手間を省かず見習いたい所ですが、なかなかそうもいかず・・。

    内容は気軽に楽しめ、文字も大きく量も適当で、ひらがなに馴染み始めたお子さんでも読みやすいと思います。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋のお月見

    幼稚園が舞台のシリーズなので、子供にとっても身近に感じるようです。
    今回のお話は、「お月見」で、主役はタヌキのぽんたくん。
    ウサギのみみこちゃんも、いるのになー・・・と思ったのですが、ぽんたの踊りで納得です。
    お団子やススキなど、伝統的な事柄も描かれているので、とても良い内容だと思います。

    掲載日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の発想

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    いもとようこさんの絵だったので借りてみました。
    キャラクターの名前が面白いですが読みにくいのもいました。
    内容は、子供が言い出しそうな発想だなと感じました。
    いもとさんのやさしい絵が合っていると思います。
    おつきみシーズンに読んだらよりいいと思います。

    掲載日:2013/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 羨ましい!

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    母がいもとさんのファンで、よく色々図書館で借りてくれたので、
    私自身も子どもの頃に読んだ事があるような気がします。

    子どもにとってのお月さまは、
    お日さまと違ってじっくり見つめることの出来る身近さと、
    同じ姿を毎日は見られないレア感とが相まって、
    とても魅力的な存在なのかもしれません。

    実際には“お友達と月を見る”という機会はなかなかありませんね。
    幼稚園でみんなでお月見だなんて、とっても素敵でスペシャルなイベント!
    羨ましくなってしまいました^^

    掲載日:2011/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おだんごがおいしそう

    2歳3ヶ月の息子に読んでやりました。幼稚園のお月見のひとこまですが、みんなで協力してお月見をするという微笑ましいストーリーです。

    お月見のイベントでみんなが協力して準備をするのですが、それをリーダーのように仕切るのがたぬきくん。たぬきくんの仕事は?と聞かれるとお月見で踊るんだ!と。さぼっているように見えますが、おだんごが盗まれないようにと監視をしてくれるし、みんなを取りまとめたりと、責任感の強いところを見せてくれ、最後に月のもとで踊ります。イヤーこんなリーダーがいたらおもしろいかも!

    他にもこの幼稚園のシリーズがあるようですが、それぞれの場面で協力し合い、助けて助けられ、そういう協調性を学ぶことができる本なのでは?

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 団子コネコネ、すすき飾って

    おうちでお月見をした翌日、図書館に行ったら
    娘が興奮気味に「きのう、これしたねぇ」とこの絵本をもってきました。
    読み聞かせてみると、団子をこねてまるめて作る場面や、すすきがでてきて、○○ちゃんもやったねぇ〜〜と、マスマス興奮。

    お月さまがでてこないと心配するくまくんがとった行動が、子どもらしい発想で微笑ましく、また、私には新鮮でした。

    この絵本のシリーズはひなまつり・こいのぼり・節分など
    季節の行事が描かれているものが多いので、その季節、行事ごとに読み聞かせてあげたらいいなとおもいます。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物のお月見

    「みんなで、お月様やお団子やススキの絵を描いて、

     壁に貼りましょう。」

     めえこ先生に、

       「本物のお月見が したいよ。」
     

      凄いなあ・・・・

      めえこ先生もくりのきえんの園児も凄い!

      園児の自主性を尊重するめえこ先生。行動力も早くお団子の用意

      をして皆でお団子を丸めます。お供えも皆で用意して夜の行事は

      とくに思い出に残ることでしょう!

      お友達と集団生活する楽しさが伝わってくる絵本です。

      いもとようこの絵もとっても可愛いよ!

    掲載日:2009/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.12)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット