十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

トンちゃんってそういうネコ」 みんなの声

トンちゃんってそういうネコ 作・絵:MAYAMAXX
出版社:株式会社KADOKAWA
本体価格:\1,900+税
発行日:1999年07月
ISBN:9784048531115
評価スコア 4.82
評価ランキング 189
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • わたしもいっしょに・・・

     某局の「しゃべり場」を息子と見ていて迫力のあるイラストが印象に残りました。この本がMAYAMAXXさんの作品と知って大変興味を持ちました。それ以上にトンちゃんに興味がわいて、トンちゃんについて歩いてみようかな・・・と思いました。
     そうしたら、風の匂いや水の輝きの楽しさを思い出せたり、自然体で生きることの幸せなんかを少しだけ思い起こさせてもらえたような気がします。
     トンちゃんと一緒に「満足まんぞく!」ゴロゴロ・・・。疲れている人こそ開いてみてください。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 中学生にも自信を持って読み聞かせできます

    とある読み聞かせ講習会で紹介され、とても気になった本。
    本の大きさといい、中の絵柄といい、読み聞かせにいい感じ。
    絵の色は白黒。
    文章は簡潔。
    文字は隅に赤で、日本語と英語。
    英語が上手に発音できるなら、是非そちらでも読んでみたいところだけれど・・・。


    なかなか元気のよさそうなネコのトンちゃん。
    でも、トンちゃって・・・。


    奥の深い話を、本当にさらっと書いていて、ちびっ子から大人までOKだと思う。


    中学生の読み聞かせにも使ってみたら、ちびっ子とあまり変わらずに反応してくれたけど、トンちゃんが振られてしまうところにやっぱ一番反応してくれまして、お年頃なのね〜♪とホンワカしてしまいました。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 一度読んだら忘れられない

    トンちゃんはネコ。シマシマのネコ。ゲンキなネコ。
    だけどトンちゃんは足がひとつない。早く走れないからネズミには逃げられるし、なかよくなった女の子だってとられちゃう。
    けれどそれはそれ、楽しく過ごしています。


    指がない足がない、そういった本はたくさんありますが、ネコで来られるとこれまたリアルに考えられたりするから不思議です。単に我が家にネコがいるから?
    前半はトンちゃんの生態が、デカデカと素晴らしい絵とともにズバリ一行で語られています。
    どこにでもいるネコじゃない、それがどうしたの? と思った矢先に、足がない事を知らされるのです。

    インパクトのあるデカ絵に大騒ぎだった子供たちも、一気にシーン。トンちゃんの不便していることが語られます。
    でもそんな事はたいした事じゃないんだよ。
    雨が降るのを眺めたり、ニボシを食べたり、自分のシッポを追いかけて回ったり……楽しいことはいっぱいあるさ。

    そんなトンちゃんのおはなし。一度聞いたら忘れられなくなりました。後半があって、ラストのあの絵があってこそ際立つ絵本だと思います。
    後半でまた明るくなった子供たち。読後いったい何を感じたのでしょうか。よかったなぁという声があちこちから聞こえてきました。

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • サラッと読んでも心に響く

    長く読み聞かせをされている方のオススメ本として紹介されていたのを見て、読みたいと思いました。
    大判の画面に、ネコのトンちゃんが活き活きと描かれています。迫力があって「生きている」という感じがひしひしと伝わってきます。
    サラッと読んでも心に響く絵本。私もいつか読み聞かせで読んでみたいなと思います。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心のドスンと響く絵本

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子5歳、女の子2歳

    大判のページいっぱいにモノクロで描かれたトンちゃん。
    強そうなオスの猫。しま模様で鼻はピンク。
    でも実はトンちゃん・・・。
    短い言葉で淡々と、トンちゃんの特徴が語られます。
    あるもの、ないもの。できること、できないこと。
    そして「トンちゃんってそういうネコ」と締めくくられると、全てがトンちゃんの個性としてストンと心に落ちてきます。
    障害についてくどくどと語るより、子どもの心にまっすぐ響くのではないでしょうか。
    とても力のある絵本だと思います。
    深く理解してはいないでしょうが、2歳の下の娘もお気に入り。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとつ乗り越えて

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    画面いっぱいに広がるトンちゃんの姿がモノクロで描かれています。
    文字は赤く、短いことばで淡々と…
    シマシマで、めはミドリ、ハナはピンク、オトコのコと
    わかりやす紹介、そして、大きな特徴が、もうひとつ。
    だから速く走れない。
    トンちゃんてそういうネコ

    わかり易い説明で、トンちゃんの個性が見事に描かれています。
    不思議な画法で、白と黒、そしてスクラッチ。
    特徴を見事に捉えてついつい惹き込まれてしまいます。また、その後ろ姿が何ともいえない味を出しています。
    絵を思い切り楽しんで、ありのままの姿を受け止めてほしいと思います。

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『ミンちゃんってそういうネコ』

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子11歳、女の子10歳

    MAYA MAXXさんの迫力あるネコの絵と
    とても短い文章ですが、心にぐっと響いてきます。
    読み終わった後、
    娘は「ミンちゃんってそういうネコ」というお話を作ってくれました。
    ミンちゃんはネコ。マッシロイネコ。目は黒で、鼻はピンク。
    オンナノコ。ミンちゃんは少食。オシッコもウンチも小さい。・・・・
    ページをめくりながら、トンちゃんの文章を変更させて、
    娘が想像したネコ「ミンちゃん」を読んでくれました。
    ミンちゃんの足は健康で、飛び回る姿を描いたようです。
    マッシロイ・かわいい・元気よく飛び回るネコ ミンちゃんを
    母はしっかり想像する事ができました。

    掲載日:2009/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無いものを悲しまず、あるものを楽しむ。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    トンちゃんは、シマシマで元気なオトコノコのネコ。
    たくさん食べるし、うんちもおおきい。
    そして、トンちゃんには、あしが一本ないの。

    でも、トンちゃんは、早く走れなくても、小鳥やネズミを捕まえられなくても、「足が一本ないせいだ」なんて考えないの。
    たくさんご飯を食べて、本の上に座ったり、雨粒を見たり、草むらに寝っ転がったり、毎日がとても楽しそう。
    無いもののことを思い悲しむことなどせずに、自分にある幸せを満喫している。
    トンちゃんってそういうネコ。

    画家のMAYA MAXXさんが、実際に飼っている猫と、ご近所に住んでいる足の不自由な少年をリンクしてお話しにされたそうです。
    大きな見開きに、黒一色で描かれた大きな絵。
    一行ずつの言葉には、英訳も併記されています。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 力のある絵本です☆

    大きな表紙に白黒で描かれた大きなネコ。
    力強さが魅力的な印象のネコ。
    「トンちゃん。立派な猫だなあ」
    ・・・なんてニコニコ笑顔で読み進めると、
    ハンデを抱えた猫である場面があります。

    思わず、ごくんと息を飲んでしまいました。
    気持ちを取り直してもう一度読み進めます。
    すると、だんだん心に優しい気持ちが流れ込んでくることに気付きました。

    1度でなく、何度も繰り返し読みたくなる力を持っています。
    絵は、どこかで見たことがある人も多いかと思います。

    ぜひ一度、手に取ってほしい絵本です。
    「そういうネコ」
    認め合うことの大切さを感じさせられました。

    掲載日:2009/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今一番のお気に入りです

    • なーさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子6歳、男の子1歳

    モノクロのトラネコの大きな絵と赤い文字の絵本。文章も1ページ1ページとても短いです。「トンちゃんはネコ」から始まり「シマシマのネコ」「めはみどりでハナはピンク」と猫の特徴が続いていきます。「オトコノコ」とお尻のアップの絵が出て、思わずクスッと笑ってしまいます。おしっこやうんちも出てきて、とっても元気な猫なんだなぁと思っていると、次のページに胸がキューッとしてしまう一言が…でもトンちゃんってそういうネコなんです。読めばきっと皆さんもそういうトンちゃんが好きになる、奥が深いとってもステキな絵本です。ぜひ親子で!

    掲載日:2008/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ゆきのひ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット