おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

たこやはちべえりゅうぐうたび」 みんなの声

たこやはちべえりゅうぐうたび 作:さねとうあきら
絵:スズキ コージ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年
ISBN:9784774605739
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,403
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • むかしばなし?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    「昔話を読んでほしい。」ということで、選んだのがこのえほん。

    主人公は、関西弁のたこやはちべえさん。
    はちべえさんだけかと思ったら、皆、関西弁でしゃべっていました。
    おとひめさままで・・・ちょっと笑ってしまいました。

    さて、このはちべえさん、ただ者じゃありません。
    とっても欲深。
    そのために、海の中に入るはめに。
    そして、そこで竜宮城までいくことになるのだけど。
    どこにいても、はちべえさんの欲深さに、あきれてしまいます。
    でも、そこがまた、なかなか面白い。

    「うらしまたろう」の続きのはなし?みたいな感じです。
    正当な(?)昔話というよりも、創作昔話みたいな気がします。

    昔、はちべえさんが、九州から大阪へいく船での旅の途中の出来事で、
    なんとか最後に行き着いたのが大阪。
    でも、どこか変!?

    どうやら現代の大阪に飛ばされてしまったようです。
    最後の最後まで、欲深なはちべえさんでした。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • うらしまたろうとセットで

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    2年生の読み聞かせに「うらしまたろう」とセットで読みました。日本の民話ということで「うらしまたろう」がメインだったんですが、時間的にもう一冊読めたので、受けをねらってしまいました。
    私が関西人ですから落語ネタのこのお話は読む方も張り切っておもしろおかしくしてしまう傾向が・・・子どもたちには喜ばれましたが、「うらしまたろう」の余韻はなくなってしまいました。
    今は食い倒れ人形もなくなってるしねえ・・グレコの面白さも大阪を知る人でないとよくわからないかもしれません。大人の方が面白く読める絵本ではないでしょうか。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 高学年読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    小学校での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は高学年。6年生が30人弱ほど
    集まってくれました。

    今日は「夏」というテーマで、
    3冊持参していたのですが、
    「夏のいしゃ」という紙芝居と
    この竜宮城に行く本と、
    どっちがいい?と聞いたら
    「竜宮城!」と声があがったので、
    これを一番に読みました。

    「小倉船」という上方落語が
    元になっている内容ですが、
    そこまで調べていなかったので、
    (今、調べました。汗)
    「確か落語やねんけどなぁ」と思いつつ
    それを紹介するのは控えました。

    楽しく聞いていてくれましたが…。
    思ったほど、笑いは起こらなかったなぁ…
    6年生相手だと、笑いを取るのはなかなか難しいです。

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西人パワー!!炸裂!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    民話?落語?浦島太郎のパロディ版???

    不思議で、ゆかいな世界がスズキコージ氏の絵で、さらにバージョンアップしています

    海の中の様子がとても楽しいです
    乙姫様は、ユーミンさんみたい(^^ゞ

    はちべえさん、さすが関西人(^o^)/
    と、東北人の私は感心します
    船頭さんだけでなく、お客さんも使ったり
    失くせば、次に儲ける物を考え出す!!

    きっと、現代社会でも、たこやき屋さんを経営して、「ぼちぼちでんなぁ〜」と言っているような(^^ゞ

    すごいはちべえさんパワーに、あやかりたいです

    掲載日:2010/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 現代の大阪にしなくても〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    民話絵本を検索していたら、聞いたことのない題名を見つけたので、図書館で借りてきました。
    民話にしては、かなり現代的な再話でした。
    読んだ感じとしては、創作昔話といってもいいんじゃないかと思いました。

    スズキコージさんがイラストを描いていましたが、
    いつものスズキコージさんのイラストと比べると、いつもの感じと違って、「日本の昔話」というところにこだわって描かれているのかな?と思いました。この辺は見どころだと思います。

    ストーリーはポンポン流れていて、面白いなぁと思いましたが、最初に登場したギヤマンの壺は、お話の途中でどこへ消えてしまったんでしょうね?
    最後の1ページはちょっと余計な気がしました。
    なにも、現代の大阪に飛ばなくてもいいような…。
    読んだ感触としては、この民話をわざわざ子どもたちに伝えなくてもいっか。でした。(評価が低くてすみません)

    掲載日:2010/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の民話

    スズキコージさんの 鮮やかで 面白そうな 絵の表紙に 一目惚れしてしまいました。

    主人公の たこやはちべいも 自分のことが1番好き何だろうな〜
    と思えるような 憎めるキャラで

    とても良くできた 面白いお話です。

    今の時代でも たこやはちべいさんなら やっていけそうな気がします。

    掲載日:2009/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • うらしまたろうの続きのお話?

    読み始めたら息子が「うらしまたろうの続きのお話?」と聞かれました。

    竜宮城は出てくるし乙姫様もいるので、そう思っても不思議ではないですね。

    続きのお話ではないのですが、続きのように思わせる別の話が民話であったとは驚きでした。

    はちべえのマイペースで欲が深いところがおもしろいです。大阪弁なのもおもしろさを引き立てています。

    くいだおれ人形や、グリコならぬグレコの看板が登場するのには、スズキコージさんの遊び心を感じました。

    掲載日:2009/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こてこての大阪昔話!

    こてこてカラフルな独特の絵と
    タイトルに惹かれて、手に取りました。
    本を開いてみると、登場人物がみんなこてこての関西弁!!
    乙姫様まで関西弁なのにビックリ(笑)
    そして、浦島はんが戻ってきやしたで〜!という設定も
    意外性があって、子どもたちも驚いていました。
    そしてなんと言っても最後のオチ!
    さすが、こてこての大阪昔話、と思わされます。

    掲載日:2009/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に惹かれて読んでみたら!

    • ダリモさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子10歳、男の子8歳、男の子5歳

    スズキコージさんの独特な絵の世界が、
    すごく楽しくもあり、オドロオドロした感じもありで、
    見ごたえたっぷりです。
    話は、昔の話で、はちべえが、海に落ちて、竜宮城に
    来てしまうのですが、浦島さんと間違われて、
    成りすます事から、騒動がおきます。
    文章の字も絵に合っていて、よいのです。
    面白いので、ぜひ読んでみてほしいです。

    掲載日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 関西弁の乙姫さま

    • 千日紅さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    登場人物それぞれの関西弁が、細かなニュアンスでもって、味わい深くて、お芝居の脚本のようです。

    乙姫さまの台詞の色っぽいこと!!(ピカ一です。)

    ひょんななりゆきから、偽うらしまになりすました、たこやはちべえの運命や、いかに。

    スズキコージさんの絵も、この本から、私はファンになりました。

    掲載日:2006/10/26

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット