ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ガシガシねずみくん−子(ねずみ)」 みんなの声

ガシガシねずみくん−子(ねずみ) 作・絵:五味 太郎
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年01月
ISBN:9784861010453
評価スコア 4
評価ランキング 18,201
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ガシガシ

    「ガシガシ」とかじれば、何でもわかる!?かも・・・本当にわかるのかなー??
    絵本の中では、ひたすら「ガシガシ」の繰返しでした。
    そう言えば、「チューチュー」なんて、一回も出てこなかったような気がします。
    かわいいネズミの絵でした。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいねずみくん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    なんでもガシガシするとそのもののことが分かってしまうすごいねずみくんだなーと感心しました。
    「うーん、便秘しているな」とかユーモアに富んだ絵本で私は面白かったです。
    しかし、娘は「この絵本よくわからないなー」と言っていました。まだ早かったのか好みでないのか。
    干支のシリーズなのでまた娘が大きくなってから他のシリーズも読んでみたいです。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみだっただけに…

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    干支シリーズ、半分位読んだと思います。
    図書館でついに見つけたネズミ年!
    自分の干支だったからワクワクでした。
    う〜ん、でも…正直他のより面白みに欠けていたと感じました。
    帯も毎回楽しく読んでいますがこれはあんまりでした。
    ちょっと残念。
    でもこシリーズはいつか全部制覇したいです!

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネズミ年の方、必見!!

    五味太郎さんの「干支セトラ絵本」シリーズの中の1冊です。

    以前に、うさぎ年のを拝見して、これは面白い・・・と思っていました。
    図書館で偶然見つけたので、早速借りてきました。

    ネズミ年の人は、細かな事にも気を配り、綺麗好き・・・!?

    ネズミ年の方、当たっていますか?

    私は、カバーの見開き部分の、ここの言葉が大好きなんです。
    家族の干支を、揃えたくなりますね。とってもいい絵本です!!

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何でもかじればわかる

    2歳の息子が自分で図書館の本棚から持ってきました。

    偶然にも息子は子年なので、びっくりしました。干支の本ということの趣旨がよくわかりませんでしたが(単にねずみが主人公なだけ?)、とにかくねずみがガシガシかじることだけはよくわかりました。

    しかも、何でもかじればよく理解できるようです。息子にもそんな人生を・・・と言っていいのかわかりませんが、本人はたのしそうに聞いていました。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガシガシ

    孫は今ねずみくんのようにガシガシとはいかないけれど、なんでも口に

    いれて確認してます。

    ねずみくんもきっと確認してるんだと思いました。

    「ガシガシ ガシガシ」の繰り返しが面白いです!

    ガシガシしてるねずみくんの絵が可愛いです。

    ユーモラスな絵、遊び心のある絵、色彩が独特で素敵です!

    掲載日:2009/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しさが盛り沢山の絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    五味 太郎さんの「干支セトラ絵本」シリーズの第四弾。
    干支の12匹のどうぶつたちが登場し、楽しくユーモアあふれるストーリーが展開するもので、既に12冊発刊されています。

    ねずみくんは、ガシガシ噛むと何でもわかってしまうという設定なのですが、ガシガシという繰り返し音は、子供にとってたまらないでしょう。
    そして、何とも言えない五味さんの描く動物たちの姿は、心をとらえて離さないはず。

    巻末にはペーパクラフトの付録もあって、二度楽しめます。

    干支の勉強にもなり、シリーズ読破したくなること間違いなしの五味ワールドが満喫できる作品です。

    掲載日:2009/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おまけがお気に入り

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳

    ガシガシするとなんでもわかっちゃうガシガシねずみ君。
    お話は、1歳児から楽しめる繰り返し言葉と短い文章で楽しく読みやすいです。
    娘が一番気に入っているのは、最後のページについているおまけ。
    はさみで切り取って、お顔を描いて尻尾をつけると。。。何が出来るかは、お楽しみ。

    はさみを使えるようになったら、工作するのも楽しみの1つだと思います。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 確認

    何でもガシガシとかじって確認するねずみくんのお話です。

    ゾウが便秘だったり、水には悩み事があったりと何でも分かってしまう所が面白いなぁと思いました。
    ガシガシとかじるだけで分かってしまう、ねずみくんの才能(?)には驚きでした(笑)

    ねずみくんの生態って不思議ですが、なんだか面白くて好きになりました。
    干支のシリーズ絵本ですが、いつ読んでも楽しめる一冊だと思いました☆

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガシガシすれば、何でもわかる。

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ねずみ年生まれの人は、細かなことにも心を配り、きれい好き…!?
    そんなねずみくんは、ガシガシ ガシガシと色んなものをかじって、チョコレートをよい!と言ったり、せんべいを正しい!と言います。ときには、葉っぱの出身がわかったり、水の気持ちまでわかるのですから、大したものです。
    何でもかんでも、わかってしまうねずみ君。
    長男が、ねずみ年です。何を考え、何を感じているのわからない時もありますが、彼自身は、なんでもわかっているんだと、ふと思ったことでした。どうぞ、幸せな人生になりますように。

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット