十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

「三省堂ことばつかいかたじてん」 みんなの声

三省堂ことばつかいかたじてん 出版社:三省堂
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「三省堂ことばつかいかたじてん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 場に応じた使い方を身につける

    • ぴょ〜んさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    「三省堂こどもことば絵じてん」がとても良かったので、こちちらも欲しくなりました。

    この本は、「語彙を読んで覚えることが目的ではなく、場に応じた使い方を
    絵を見ながら自然に身につける」「毎日の生活の中で使うことばを、
    さまざまな場面にちりばめ、その使い方を示した」ものだと書いてあります。

    たとえば、「おふろにはいる」のページには、銭湯のような場所で
    「はいる」「かげんをみる」「ゆにつかる」「あふれる」「のぼせる」
    「でる(あがる)」「ゆをくむ」「こする」「せなかをながす」「しぼる」等
    沢山の言葉が描かれています。

    また、「うつす・うつる」のページには
    「風邪をうつす」「風邪がうつる」「鏡に映る」「テレビにうつる」
    「はこにうつす」「えをうつす(なぞる)」「席をうつす(うごく)」
    「田舎にうつる(ひっこす)」「写真をうつす(とる)」「写真にうつる」など
    これまたいろいろな情景が描かれています。

    娘は「これおもしろい!」とかぶりついて見ていました。
    知ってることの確認や、新しい発見が出来るようです。
    2歳前の弟も気に入ったページだけ開いて、描いてある絵を指さして、
    言葉を求めたり、自分の知ってる言葉を言っています。
    なぜかお気に入りで本棚にしまうと怒られるほど。

    ちょっと値段は張りますが、お家に1冊あっても良い本だと思いました。
    (うちは、祖父母のお誕生祝い(弟の)として調達させてもらいました。感謝です。)

    掲載日:2006/09/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット