十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

しらないまち」 みんなの声

しらないまち 作・絵:田島 征三
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年07月
ISBN:9784032211702
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,327
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
    • くるしまたろうさん
    • 30代
    • せんせい
    • 千葉県
    • 男の子8歳、男の子5歳、男の子3歳、男の子1歳

    ぼくが間違えて乗ってしまったバスの行き先は しらないまち

    おそらく間違えたことに気づいた時に,ぼくは本当に焦っただろう。
    わけのわからないことばかりで,本当に不安だったろう。

    持っているものは洋服から荷物からすべて無くして
    はだかんぼうで帰ってきたぼくを母さんはしからなかった。
    にこにこ笑って迎え入れた。

    ぼくがいなくなって一番心配したのは母さんだったかもしれない。
    しらないまちから無事に帰ってきたことを一番喜んだのは,
    母さんだったのかもしれない。

    私はこの本を読んで,まちがえも大きな愛で包んでくれる親のありがたさに気づいた気がする。こんな親になりたい。
    こんな親が増えてほしい。そう願っています。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • すこしこわい

    どうぶつが生えていたり、くだものが川で泳いでたり…。
    迷い込んだ「しらないまち」は、変なことだらけ。

    なんだこりゃ?と面白く感じる反面、すこし怖いとも思いました。
    ここの世界では、植物やちいさな生き物が優位のように見えたからかもしれません。

    人間なんて無力。そんな思いが頭をよぎりました。

    このお話は、自然界からの逆襲なのかもしれませんね。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頭の体操

    遠足に日に、乗り遅れたバスを追いかけて別のバスに乗ったら…。
    タンポポの子どもたちが歩く道。
    道端に生えている小鳥。
    川を泳ぐパイナップル、バナナ、マンゴー。
    畑には牛や豚や魚が育っている…。
    ナンナンダー!!!
    常識をバカにしたような設定についていけない。
    頭の中がこんがらかってしまいました。
    子どもたちの頭の柔らかさなくしては成り立たない絵本ですが、けっこう楽しめました。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 帰宅する家があるということ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    ナンセンスな遠足ストーリーです。
    表紙から唐突にストーリーが始まり、ミステリーのオーラが伝わってきます。
    遠足の日なのに、バスに乗り遅れたぼくは、次のバスに乗車して行き先が違うことに気付くのです。
    そして、バスを降りて知らない町を歩いてみると、とんでもない光景を目撃するのです。
    植物が歩き、鳥が生え、果物が泳いでいるのですよ!!!
    その他にも、不思議な光景が続き、ついには、ぼくも食べられてしまうのです!?
    ラストの光景は、帰宅する家があるということの喜びに溢れています。
    なんて温かい家族でしょう。
    ぼくの笑顔がそれはそれは素敵です。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    なんかとっても不思議な感じの町でした。ダンゴムシが車になってたり、犬が植木だったりと、へんてこりんな設定にうちの子はとっても興味津々でした!!私もこの独特な世界観がなんか気に入って、子供と一緒に何回か読みました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンス絵本

    裸で戻ってきた我が子を見て、とにかく無事でよかったとほっとして嬉しかったと思いました。選択物のシーツを持って裸の僕を妹と二人で喜んでくれる家族がいるのがどんなに幸せなことか、家族に会えたことがどんなに幸せかが学べる絵本だと思いました。知らない街行きに乗ってしまったバスですが、とにか無事でよかったと思いました。ナンセンス絵本で、内容は面白く終わりよければ全てよしと思いました。

    掲載日:2010/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい!

    遠足に乗り遅れて、あとに来たバスに乗って
    しらないまちに行ってしまうぼく・・・

    しらないまちでは本当にありえない現象が・・・
    道端に生えることり・・・
    まちは野菜で出来ていたり、不思議なことが
    たくさん起こります。

    ちょっとこわい場面もありますが、
    子供達はさいごまで不思議そうに見入っていました。


    この絵本は表紙と裏表紙も話があり、
    そういったところも楽しめるんじゃないかなぁと思います。

    なんだか読み終わったあと、
    にこにこ笑顔になれます。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい遠足のつもりが…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    きょうはえんそく。
    「おべんとう わすれてる!」
    いもうとがはだしでとびだしてきた。
    けっきょく、バスにのりおくれてしまい、だれものっていないバスがきたので、そのバスにのった。
    でもいきさきがちがっていた。

    まあまあ、とにかくついていないこと。
    でも、人とはちがう面白い体験ができたようです。
    バスから降りた『しらないまち』では、不思議なことが、たくさん起こっていたのです。そんな、だれもが経験できないようなことを、思う存分楽しむことができて、よかったと思います。
    それにしても、色んな現象を考えるものです。
    作者のいたずら心が、たくさん見ることができる、とっても楽しい絵の世界でした。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力が広がる〜

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    「とべバッタ」「オオカミのひみつ」などの躍動的なイラストが印象的な田島せいぞうさんの絵本は予想を裏切らず、奇抜な内容で次々と子供の気持ちを引きつけます
    タンポポが歩いていたり、ことりがはえていたり、バナナが泳いでる・・・?
    もうそれだけで、嬉しいのに予想もできない事が・・・
    たんぽぽの綿毛に乗って、帰ってくるところなんて、なんかできそうな気がしませんか・・・
    表紙と裏表紙にもお話が続いています

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなまちあったらどうする?

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    遠足の前に読む機会があったので興味深々で聞いてくれました。

    表紙からもうお話がはじまっていて田島征三さんの画面いっぱいの迫力ある絵にかなりドキドキします。


    遠足バスに乗り遅れ、次のバスに乗ったらしらないまちについたのですが・・・・
    このまちが『ありえない!!』不思議というかぶきみという
    笑いたいような驚きのような町でした。

    「明日の遠足・・遅れないでね」と終わったら元気な子たちは『遅れて・・しらないまちに行ってくる〜』とワクワクしてました。
    絵本ナビの紹介文を読んでいたら小さい子でもOKとあったので・・今度3歳さんにも読んでみようと思っています。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット