雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ぼくのへやにうみがある」 みんなの声

ぼくのへやにうみがある 作:マーガレット・ワイルド
絵:ジェーン・タナー
訳:しろたのぼる
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,204+税
発行日:1987年
ISBN:9784593502073
評価スコア 4
評価ランキング 21,250
みんなの声 総数 2
「ぼくのへやにうみがある」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の想像力溢れるファンタジー

    • はなしんさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    海嫌いの男の子が、海で巻貝を拾いました。巻貝といえば、耳に当てると海の音が聞こえる不思議な貝です。子供の頃に、私もこの貝の音を聞くのが、大好きで、まるで海にいるみたいな気分になってワクワクしたものです。海嫌いのデビットもこの音が気に入って、持って帰って自分の部屋に置くことにしました。
    そして、ふと思ったのです。この海を外に出せたら、そしたら海と仲良くなれるだろうと。
    ここまでは、あるえるお話。でも、ここからが、ファンタジーの世界です。
    だって本当に、貝の中から海が出てきてしまったのです!ぼくの部屋が海に変身してしまったのです!
    もう、こうなったら子供の想像力は無限です。デビットが海と仲良くなった場面は、見ていて本当に楽しくなります。
    子供もワクワクしながら、羨ましそうに見ていました。
    自分の想像の世界で海を堪能したデビットは、見事に海の怖さを克服することができました。
    でも、はたして本当に、ただの想像だったのでしょうか。
    ただの、想像では片付けられない証拠が、絵本の中に残されています。ここが、この絵本のすごく好きなところです。
    夢があってとても素敵です。

    掲載日:2006/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 「…うみのおとが きこえるから」!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    日本では1987年に出版されたものですので、結構古いです。
    表現の仕方もあまり今っぽくはありません。
    でも、一つ一つ丁寧に描かれていて、はっきりと見やすいです。

    泳げない男の子・デビッドが拾った大きな巻貝。
    「…このかいに おまえのみみを あててごらん。
     きっと うみのおとが きこえるから」
    と言ってくれたお父さん、素敵ですね。
    最近の日本の海水浴ができる海岸で、ほら貝(巻貝)型の貝殻って見つかるでしょうか。
    もしも、海岸で子どもたちが見つけてきたら、今子育て中のパパさん・ママさんたちも、お子さんたちにこういう言葉かけをしてあげてほしいです。

    物語に登場する大人たちは部屋の中にあふれ出た海が、デビッドの想像のたまものだと処理してしまっていますが、それだけではないエピソードが描かれているページがあります。
    日常の中の小さな「不思議」が印象的でした。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット