うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ジャックと豆の木」 みんなの声

ジャックと豆の木 作:リチャード・ウォーカー
絵:ニーアム・シャーキー
訳:阿川 佐和子
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2000年
ISBN:9784893091932
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,391
みんなの声 総数 8
「ジャックと豆の木」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 個性的です。

    長男が3歳か4歳くらいのときに本屋さんでおねだりされて買ったものです。
    私が小さいときに読んでいた絵本とはかけはなれていて、
    絵も翻訳も個性的です。
    初めは馴染めなかった私ですが、ジャックと豆の木と言えばこの絵本と思っている子どもたちの影響で徐々に馴染んできました。
    もう何度も何度も読み聞かせをしましたが、子どもたちは飽きる様子もありません。
    ハラハラドキドキして楽しいのだと思います。
    でも、一度昔からある、ジャックと豆の木も読んであげようかな^^

    掲載日:2011/09/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 宇宙に!?

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    私が小さい頃読んだこのお話とはちょっと違って
    阿川さんの訳はとても面白かったです。
    最後の巨人が追いかけてくるところは
    ドキドキでしたが、
    ロープを放すと宇宙まで飛んでいってしまうところは
    子供受けがよかったです。
    以前にも読んだお話ですが、
    基本的な話は変わっていないのに違うお話を読んでいるようで
    子供たちはこちらの方が好きだといっていました。

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 魔法の豆

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    有名なお話ですが、意外に詳細は?のお話ではないかと思います。
    中2の長男がまさにそんな感じで珍しく手にとって読んでいました。
    貧乏でとうとう、家の牛も売りに行かなくてはならなかったジャック。
    ところがある男と出会って「魔法の豆」と交換してしまい、
    帰宅して憤慨したお母さんに捨てられた豆はぐんぐん伸びて・・・。
    あとはハラハラドキドキの展開。
    再話によっていろいろなバージョンがあるようですが、
    この作品は文章のテンポも良く、いいですね。
    豆の木がぐんぐん伸びる、といえば、
    今の子はトトロのシーンの方が馴染みがあるかもしれませんね。
    でもやっぱり常識として知っておきたいおはなしです。

    掲載日:2007/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっとアレンジ

    私が知っている昔ながらの「ジャックと豆の木」のお話とは少し違っていましたが、これはこれで面白い作品でした。豆の木を最後に切り倒すのが一般的ですが、こちらの作品では、豆の木が巨人の重さで曲がったときの反動をつかって、巨人が宇宙へ飛んで行ってしまいました。色々な作品を比べてみるのも面白いです。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔なじみの物語

    • キースパパさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子3歳、女の子1歳

    自分が幼いころから良く読んできた、よく知っているつもりだった物語です。
    この絵本ではシニカルタッチのイラストとともに独特の雰囲気のジャックと豆の木の世界が繰り広げられていると思います。
    絵本というより、どこかアニメ映画をみているかのような気分になる絵本です。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャックは泥棒

    古典なので読んで欲しいとは思うものの、内容はどうなんでしょうか?ジャックって巨人の家から勝手にいろいろ盗んできて、怒った巨人(怒るの当たり前ですけど)が追いかけてきたら豆のつるを切って殺しちゃうので、、、現実世界にいたら犯罪者ですよね。しかも、そのままジャックと親が幸せな金持ちになる、、、、。

    巨人サイドから見た絵本が出たらそのほうが面白いかも。

    この絵は独特でした。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジャックが豆の木を登っていくと・・・
    そこには雲の上の世界がありいました。
    そこでジャックがみたものはいったい??
    スリルある展開でお子様も目を丸くしてこの世界に吸い込まれて行くことでしょう。
    登場するキャラクターのひとりひとりが本当に愛情たっぷりの絵で可愛らしく大好きな一冊です。
    日本の絵本にないユーモアたっぷりのお話しをお楽しみ下さい!

    掲載日:2007/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークで可愛らしく迫力のあるイラストと阿川さんの個性溢れる楽しい訳が、ジャックと豆の木に新鮮さを与えてくれる作品でございました(o^_^o)
    巨人が登場したシーンでは、思わずドッキリ(>_<)ジャックの活躍にハラハラしつつも目が離せないスリルのある楽しいお話でございました(o^_^o)
    親子で楽しめる読みきかせにお薦めの作品です♪

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット