ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

だいじな だいじな あかちゃん」 みんなの声

だいじな だいじな あかちゃん 作:とだかずよ
絵:わたなべあきお
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784333022236
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
「だいじな だいじな あかちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • やさしい気持ちに。

    子猫がうまれてくるまでのストーリーですが、
    これはこのまま母親の気持であるなと思いました。
    でも こうのとりさん。
    「ははは たまーにね」は絶対にやめてくださいね。
    と、思わずにはいられませんでした。
    本当にみんな だいじな赤ちゃんだから。
    こどもには こんなお話を信じる時期を与えてあげたいです。

    掲載日:2010/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんのもとへ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    真っ暗闇の中で、子ねこがいっぴきうずくまっている。
    子ねこをおかあさんの元へ運ぶのは、こうのとり。
    運んでいる途中で、色々な出来事が起こります。
    暗闇で、不安な気持ちでいる子ねこに優しく声をかけるこうのとりの言葉に、胸が熱くなりました。
    『世界中で、君を一番愛しているのが、おかあさんさ』
    やっぱりおかあさんは、そうでなくちゃね。
    おやこで見上げるその先にいたのは…ほのぼのとした絵が、また、優しい気持ちにさせてくれます。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 尊いいのち。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子6歳

    こねこちゃんが、こうのとりに運ばれて、
    おかあさんのところまで旅をするおはなし。

    生まれてきたあかちゃんは、かけがえのない存在。
    おとうさん、おかあさんに愛されて当然の存在。
    大事な大事な存在。

    それなのに・・・
    今の世の中はどうなっているのでしょう。
    待ちに待ったあかちゃんではないのでしょうか?
    悲しい事件が多すぎます。
    命を粗末にしすぎます。

    そんな中、こういった絵本がもっともっと世間に広がっていってほしいと思うような内容です。
    特に、おかあさん方に。

    誰もが愛するかわいいこねこちゃん。
    わからないことがあったら、周りがちゃんと教えてくれます。
    そして、こうのとりもしっかりおかあさんの元へとこねこちゃんを届けます。
    みんなみんな優しいです。

    こねこちゃんの絵が、優しくて可愛い。
    娘好みの絵でした。

    掲載日:2007/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気持ちになれるお話

    • イモキチさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子1歳8ヶ月

    ちいさな子猫が、
    こうのとりさんにしっかりと守られながらお母さんに会いに行くというお話し。

    とっても優しく、暖かい内容でした。

    最後、お母さんに会ったとき、ドキドキしてしまう
    子猫ちゃん。
    なんだか、読んでいる私の方が
    胸が締め付けられるような感じでした。

    赤ちゃんって、本当にお母さんが大好き。
    いちばん大好き。優しい場所で、安心できる場所。

    最近、親子の悲しいニュースを良く耳にするけれど、
    子供はかけがえの無い宝だって事を
    強く感じることが出来る内容でした。

    是非お父さんお母さんにも読んで欲しいなと思います。

    1歳9ヶ月になる息子には、
    ちょっと内容が難しかったようなので、
    もう少し大きくなってからまたチャレンジしたい
    絵本でした。

    掲載日:2006/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んな声

    • 877さんさん
    • 30代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    台詞の後に、こんな声でと書かれてあるのはもう違う声で読んじゃったよ!と、ちょっと困った。

    コウノトリにしっかり守られ、色んな動物からも大事に思われお母さん猫の所に到着する〜すっごくいい話!3歳の娘はしっかり聞いていたけど、1歳の息子にはちょっと早かったみたいで、飽きちゃったのか?逃げられちゃった。

    じっくり読んであげたい本かな!

    掲載日:2006/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット