おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

へんてこもりのはなし1 へんてこもりにいこうよ」 みんなの声

へんてこもりのはなし1 へんてこもりにいこうよ 作・絵:たかどの ほうこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1995年
ISBN:9784034601006
評価スコア 4.8
評価ランキング 292
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 仲良し4人組

    仲良し4人組が、動物しりとりをして、動物名を自分で考えたのが面白いし、その絵まで描いていてさすがたかどのほうこさんだと感心してます。私は、つんつくせんせいの大ファンですが、へんてこもりシリーズもやっぱり面白くてシリーズが読みたくなりました。

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • これでわかった

    へんてこもりの物語、先に別のものを読んでしまっていて。
    一番最初のこの本を読み、やっとわけがわかりました。
    「まるぼ」というのはこどものしりとりから生まれた(たぶん)
    生き物だったのですね。こんな風に不思議な生き物が生まれる
    のだったら、わけのわからないような、でたらめの言葉も、
    言ってみるものですね(笑)。
    うるりんぞとぞうがつながらないようにするにはなんて言えば
    いいかな?ぞうきん??と考えてみたのですが、動物でなけりゃ
    だめだった。子ども達とくらべると、私はまだまだ修行が足りないようです。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物しりとり!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    へんてこもりの本は存在は知っていたのですが、読むのはこれが初めてでした。
    こんなふしぎな森があったら私も喜んで遊ぶだろうなー。
    動物しりとりをする子供たちですが…。
    出るわ出るわふしぎな動物名!そんな変な動物聞いたことないよと思うのですが、次から次へとその名の動物たちが登場します!挿し絵までしっかり入っていて面白いなーと思いました。

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • そらいろ幼稚園のうらにある「へんてこもり」の中で、しりとり遊びを始めた仲良し4人組。
    ぞう・うし・しろながすくじら・らくだ・・・
    テンポよく次々と動物の名前を挙げていく4人でしたが、途中で行き詰ってしまい・・・。
    ブンタがとっさの思いつきで答えた「まるぼ!」を皮切りに、次々、へんてこな動物たちが現れて、ストーリーは思わぬ展開に。

    初めて読んだ時は、寝かしつけの前だったのですが、あまりのおかしさにお腹が痛くなるまで笑い、すっかり眠気も吹き飛んでしまったので、お話を振り返りながら、しばらく娘と2人でしりとり遊びを楽しむことに。

    その後、続きのシリーズ4作品も一気に読み終え、すっかり「へんてこもりワールド」に入り込んでしまった私たちです。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入り

    この本が刊行された頃に、とても人気があったので、子どもが興味をもちそうな年頃になったら読み聞かせをしようと思っていた本です。5歳の夏に、絵本屋さんに行ったときに見つけて、読み聞かせをしたところ、子どもはとても気に入ったようで、このシリーズをいくつも絵本屋さんで読ませてもらう事になりました。
    何回も読んでいるうちに、子どもは、この4人の子どもたちの仲間に入っており、読み聞かせの時はいつも5人組の子どもたちになっています。
    この本は子どもの心をきゅっとつかむシリーズの導入的な本で、どんどん次がよみたくなるとても楽しい本です。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 就学前の童話に

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。

    短い話ですが、題名通りへんてこな動物が次々現れて、とても楽しいです。しりとりを題材にしているところも小さな子供にとっつきやすいと思います。一気に一晩で読んでしまいました。

    ところで、まるぼやぼさこうは、アニメの「コジコジ」に登場するヤカン君や頭花君、あるいは、はなカッパのモデルかと思ってしまいました。

    そらいろようちえんの子供たちが主人公なので、小学生より就学前の子供たちのほうが共感できるかもしれません。最初の童話にお勧めです。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • へんな動物が

    5歳長女がちょっと長めの絵本を読むようになってきたので、この絵本を借りてみました。

    へんてこもりでしりとりを始めると、実際にいるはずない動物がでてきちゃいます。「まるぼ」や「ぼさこう」なんていう動物達が出てくるんですが、その動物達も特徴があってとても笑えました。

    長女もとても楽しかったようで、またこのシリーズを借りてくるように頼まれました。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 内容を覚えちゃいました

    初めて読み聞かせたのは、幼稚園でこの本を借りてきた時でした。
    何回も借りてきて、何回も読んでいたので、息子も私もお話の内容を覚えてしまう程(笑)。
    先生からも、「大変、人気のある本ですよ。」と聞きました。
    結局シリーズで購入し、毎晩、一冊ずつ読み聞かせました(未だに、読み聞かせの本に加わってきます。)
    ヘンテコ森にすむ仲間と子供たちの、おかしな(ちょっと、シュールです)、不思議な、面白い(楽しいというより、この言葉の方が合う気がします。)お話です。
    面白さの中に、子供にとってためになる事が、きちんと描かれているのも良いと思います。
    歌に踊りに、しりとりに・・・。実際にあったら、絶対行きたくなる、森のおはなし。大人も十分楽しめます。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいへんてこもり!

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子7歳、女の子5歳

    そろそろ1年生の息子に幼年童話を・・・と思って、
    タイトルからして面白そうなこのお話を選んでみました。

    とりあえず図書館から借りて家に置いておいたのですが、自分からすすんで読んでいました。おはなしは絵本よりはやはり長いので、読み聞かせるのは大変でしたが、読み聞かせると下の5歳の娘もきちんと聞いていました。

    しりとりから始まる、へんてこなお話…
    発想がとても面白くて楽しいです。子どもはヘンテ・コスタのもり」とか言葉の面白さにハマっていました。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読んでもクスッと笑える

    もうすぐ2年生になる長女が図書館で借りてきました。大人が読んでもクスッと笑える、楽しいお話しでした。
    挿絵もユニークで、ページをどんどんめくりたくなります。あまりに夢中になりすぎて、読後は自分もへんて
    こもりに行ってきたような気分になりました。
    娘もとっても楽しかったようで、すぐにシリーズの他の本が読みたいとリクエスト。早速「コドロボー」と
    「なまえもん」を手に入れ、ご満悦です。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / バムとケロのさむいあさ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.8)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット