おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

うんどうかいがはじまった」 みんなの声

うんどうかいがはじまった 作:寺村 輝夫
絵:いもと ようこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年
ISBN:9784251006066
評価スコア 3.88
評価ランキング 28,730
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 「くりのきえんシリーズ」は,親の私が子供の頃からあったシリーズで,イラストを見るたびに可愛くて好きな絵本だったな〜と思い出します。
    今回は「くりのきえんの運動会」のお話です。
    確かに,昔は運動会も勝負をつけていましたね。
    今は,娘の幼稚園の運動会を見て思うのですが徒競走など勝負をつけなかったりで,時代でしょうかね。
    色々な個性あふれる子供達がいて,このシリーズは昭和感を感じさせるのが親の私としてはまたいいです!

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 負けず嫌い

    くりのきえんの運動会。紅白に分かれて競います。
    キツネのつねきちくんは負けたくない気持ちが強すぎて自分勝手な行動をとっていきます。
    ゴールできないお友達を励ますでもなく責め立てチームを追い出し、交換した選手が失敗するとまた、選手交代を望みます。
    他人のふり見て我がふり直せということでしょうか?
    読んでいてあんまりよい気分になりませんでした。
    最後にはみんなでお遊戯、いじわるされた友達もすねるつねきちくんを誘ってあげてハッピーエンド。
    この運動会でつねきちくんが成長したことを願います。

    掲載日:2015/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • チーム分け

    運動会のいろいろな競技が出てきて楽しいです。

    勝ち負けにこだわる男の子・・いるよなぁと思いながら読みました。
    ただ、娘は
    その男の子が勝とうとするあまり
    チーム編成をあちこちいじって振り回すのが
    どうも理解できなかったようです。
    「負けても、次の競技でがんばればいいのに・・」と・・。

    小さい子が、運動会をざっくり理解するのには、いいかもしれません・・^_^;

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 先生は?

    運動会であか組のつねきちが足を引っ張る仲間をしろ組に引き渡し、しろぐみから活躍したものを無理やりあかぐみの一員にしてしまう。
    競技によってそれぞれが活躍できる競技は違ってくるのでつねきちのやり方は裏目裏目に出てしまい、最後には一人ぼっちになってしまう。
    うーん。絵本には先生も出てくるのですが、見て見ぬふりなのか何もしない。先生に過度の期待を抱き過ぎなのかな。「先生何とかして」と思っちゃいました。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 得意不得意

    うんどうかい、種目によって得意不得意ってあるんだなと
    思いました。勝ち負けも大切ですが、もっと大切な事を
    教わります。実体験でもそうなんだろうなと思いながら
    読みました。
    最後にはみんなが笑顔になれてよかったね。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりやすいつねきちくん

    運動会、勝ちたい気持ちは分かりますが、きつねのつねきちくんは
    その気持ちが強すぎて、勝手な事ばかり。

    人それぞれ、得手不得手があるのに、それを認めないつねきちくん。
    最後には、みんなからボイコットにあってしまいます。
    ちょっと、分かりやすすぎる気もしますが、子どもにもつねきちくんの行動は
    良くないと伝わっていました。

    運動会、勝つだけが全てじゃないよって、4歳の娘にも感じてくれたと思います。

    運動会前に読んだので、運動会に対するイメージも膨らんだみたいです。

    掲載日:2011/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勝ちにこだわって

    どうしても勝ちたい、つねきちくんは、赤組白組のお友達を勝手に入れ替えてしまいます。
    でも、つねきちくんの考えは裏目に出て、なかなか赤組は勝てません。
    やがて、つねきちくんのワガママにみんなが怒り出してしまいます。

    「年少さんは、ただ楽しく競技をしますが、年中・年長になると競争心が出てきて、どうしても勝ちたいと思うようになるんですよ」と、幼稚園の先生から言われましたが、なるほど、つねきちくんの気持ちは、この状態なのですね。

    行き過ぎたつねきちくんの行動ですが、お友達は許してくれます。
    温かいラストにホッとしました。

    掲載日:2011/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運動会の季節にお勧め

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    園では毎日運動会の練習をしています。
    下の子ははじめての運動会なので
    読んであげました。

    つねきちくんは玉ころがしで赤組が負けた原因を
    ねずみのちゅうこちゃんのせいにします。
    そして障害物競走ではくまおくんの責任にします。

    どの競技も敗因を人のせいにして 
    ぷんぷんしては楽しくないね。

    最後のお遊戯はきまりがわるかったつねきちくんです。

    この本を読むと競技のイメージができて
    スポーツマンシップが湧いてくるかもしれませんね。

    掲載日:2010/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 来年も読んでみたい

    この絵本はとても大げさかもしれないけど
    勝ち負けにばかりこだわっていると
    大切なものを見失ってしまうよという
    メッセージが込められていて
    とてもいいと思いました。

    年少ではまだ「一等賞取ってきてね☆」位で
    送り出す言葉は充分だと思います。
    大勢の大人に見守られて競技をこなすだけで
    充分立派だと思います。
    でもそのうち自分が一番とったら
    そうじゃない子を「やーい負けた」
    とバカにすることも出てくるかもしれません。
    勝った子が偉いのではないのです。
    負けても自分の全力を出す子の方がずっとずっと偉いのです。
    競技によって得意不得意があって当然です。
    同じチームの仲間を励まして
    上手に力を合わせてがんばることを覚えてほしいなぁと
    思いますので
    この絵本はまた来年も読んでみようと思います。
    きっとまた違った感じ方をすると思います。

    掲載日:2010/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 得意不得意あって当然

    ちょうど運動会の時期に合わせて読んでみました。

    わがままを言う「つねきち」はみんなを振り回してしまいます。

    誰にでも得意不得意ってありますよね。
    この運動会ではそれがよくわかります。

    息子も苦手な種目があったけど
    克服してなんとか頑張ってくれました。

    それだけに、この絵本に対してとても興味がわいたようです。
    「○○ちゃんは速いね〜。ぼくのクラスでも○ちゃんがこれ速いんだよ♪ すごいんだよ〜♪」なんて教えてくれます。

    勝ち負けを競う運動会ですが
    運動会のために練習をして何かが出来るようになったり
    みんなで助け合って苦手なところを穴埋めしたり・・・
    この絵本でそういうことを話し合ってみました。

    掲載日:2009/10/23

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / おこりんぼママ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット