ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ハロウィーンって なぁに?」 みんなの声

ハロウィーンって なぁに? 作:クリステル・デモワノー
訳:中島 さおり
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年09月13日
ISBN:9784072525005
評価スコア 4.27
評価ランキング 14,005
みんなの声 総数 44
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • この時期やっぱり読みたい

    • 赤青黄さん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    まだ少し早いかな?と思いつつ3年前に購入したハロウィンのこの本。毎年この時期だけでなく何度も「読んで」と持ってきます。やっぱり子どもには魔女とかおばけとか、恐いけど気になる存在みたい。ハロウィンの話だけじゃなく仮装のしかたやかぼちゃのお料理まで載ってて、小学校になってもまだまだ楽しめそうな予感です。

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • ハロウィーンを知るのに!

    我が家の4歳幼稚園年少さんの娘は,ハロウィーンの雰囲気が怖いようです。
    そんな娘にハロウィーンは怖くなく楽しいお祭りと知ってほしく読み聞かせてみました。

    親の私も知り得なかった知識も載っていて親子で楽しめました。
    この絵本を読んで,娘のハロウィーン嫌い(笑)もなおってくれると嬉しいものです!
    秋にぴったりの絵本ですね!
    様々なコラムも載っていて,そこも面白かったです。

    掲載日:2014/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハロウィーン

    孫が二年前にハロウィーン運動会をやった時のことを懐かしく思い出しました。同じクラスの子たちと帽子やマントをお揃いにしたのも今でも嬉しいです。ハロウィーンのことがとてもわかりやすく描いてあるので二年前に出会っていたらもっとよかったかなあって思いました。絵の色彩もしっかりとしていてよかったし、かぼちゃのタルトのレシピは早速娘に作ってもらいたい私でした。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今旬な絵本だったので選びました。かわいらしい主人公と一緒にハロウィンのことを沢山学べるのがよかったです。私も娘と一緒にいろいろなかぼちゃに関するものを作ってみたくなりました。吸血鬼にかんしても知ることが出来て得した気分になりました。オレンジ色が目に鮮やかでよかったです。

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私も全く分からなかったので

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    いつの日か認知度を高めていったハロウィーン。
    「これはお菓子を売りたい会社の目論見よ。」
    で済ますには無理があるくらいになってしまいました。
    子供にも
    「ハロウィーンって何でおばけのものを売っているの?」
    と聞かれ
    「・・・・・・さあ?」

    ということで、珍しくハロウィーンの起源が書いてあるこの本を読むことにしました。
    私と同じ疑問を持っている方は是非読んでください。
    「そうなのか〜。」
    これを読むと堂々とハロウィーンを楽しめるような気分になれると思います。

    ただ、絵本として読み聞かせるのにはどうかな?という感想です。
    字が小さく少々長めで、途中にタルトのレシピなどがあり、読みにくいです。
    子供が読めるようになってから
    「これハロウィーンのことが詳しく書いてあるよ。面白いから読んでみて。」
    というノリのほうがぴったりくる本だなと思います。

    掲載日:2007/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ほほ〜う!

    私自身、ハロウィーンってなんじゃ?
    と思いながらもショッピングセンターなどで並ぶ
    ハロウィーングッズに流されて、ワケもわからないまま
    毎年「ハロウィーンだ!!」と言っては
    旦那様にお菓子をおねだりしてたもので・・・(#^.^#)

    これジャ〜いかん!と思ってるところに
    ホンヤサンで見つけましたよ〜

    ちょっとお話しが長めで、ご自宅様の絵本。ですが、
    ハロウィーンの由来についてもしっかり学習しました。
    それに、かぼちゃのラタンのこともね!
    おまけにカボチャ料理やラタンの作り方も掲載されてて
    子どもたちも「作り手〜」と、興奮気味!!

    次回のハロウィーンからは、しっかり由来もふまえて
    参加できます♪

    掲載日:2007/03/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日本初のハロウィン絵本!

    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子8歳、女の子6歳、女の子3歳

    私が先生をしている英語教室で、ハロウィンの起源や内容を紹介したいと思い、
    何か良い資料がないかと探している時に、書店で出会った作品です。
    フランス作品の和訳版のようです。

    第一印象としては、文字が小さめで長い!
    主人公である魔女の少女ビビが おばあちゃんの家に行くくだりは不要だと感じました。
    洋書の絵本でも、ハロウィンパーティーを描いた作品は多いけれど
    ハロウィンの起源を説いたものは少ないだけに、惜しいですね。
    途中でカボチャのランタンの作り方などを紹介しているページは、
    時間の都合で私が説明して割愛して読みました。

    中表紙に描かれている沢山のカボチャは、聞き手である子供達の心を掴んだようです。
    小さいのや、ヒソヒソ話をしているのや、サンタ帽子を被っているのがいて
    「先生、待って!ページをめくらないで!」とストップをかけて見入ってました。

    自宅で、お父さんやお母さんが子供達に
    ハロウィンについて楽しく学びながら読むのには良い本だと思います。
    小学校などでの読み聞かせには、ちょっとまわりくどくて長いように思います。

    掲載日:2006/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハロウィンがよくわかります

    ハロウィンを、まだ知らない魔法使いの小さな女の子が、魔女たちが忙しそうにかぼちゃを持ってゆくのを見て、おばあちゃに聞くお話でした。
    ハロウィンのことをおばあちゃんが、わかりやすく教えてくれます。
    ハロウインはあの世とこの世が出会う夜。
    幽霊や魔女たちのお祭りなのですって。
    ジャック・オウ・ランタンも、もとはカブのランタンだったそうです。
    ランタンの作り方。かぼちゃの美味しいお料理や仮装のテクニックなども
    書かれています。

    掲載日:2016/11/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンの由来や、かぼちゃのランタンのつくりかた、おばけの仮装の方法など、ハロウィンについてのあれこれが、女の子とおばあちゃんのやりとりでわかります。子どもたちはお菓子がもらえる楽しいイベントくらいにしか思っていなかったようで、へ〜っと驚いていました。

    掲載日:2016/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • へ〜〜

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    4歳の息子に図書館で借りて読んであげました。

    私自身もよく知らないハロウィーン。
    そんなハロウィーンについて分かり易く書かれており、へ〜と思いながら読みました。
    息子はというと、それほど興味がなかったようで、一度読んだきりでしたが、来年のこの時期にもう一度読んであげたい1冊です。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

44件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(44人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット