モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

」 みんなの声

火 作:斎藤 隆介
絵:箕田源二郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1976年
ISBN:9784265909292
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「火」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じさまから学んだ甚平のなみだ!

    秋田の由利ののはまの、夕日  なんて大きくて燃えているんでしょう。

    迫力に圧倒されます。海に入っていく日は、まったくでかく銅のせんめんきを たてて ゆっくりと 池へしずめるみたいだ。
    銅のせんめんき 私は、知っているので、細やかな表現に感動できます!

    若い人や子供には、難しいでしょうね。

    絵は、すごい迫力があるので夕日が沈むところなど胸がきゅんとなります。
    こんな 夕日を眺めたくなります。

    甚平と六兵ヱじいさんは、浜辺で出会います。 秋田弁もなかなか効果的ですね。
    甚平がなんで海辺で走っていたか・・・
    そして,六兵ヱじいさんが甚平に語る。 すごく説得力があり、「空をみろ甚平。空はでっかいど。空がくれていく。もうじき星がでる」
    このシーンが本当にすばらしい!
    涙がでる。
      このように大人が子供に語ってあげれる大人がどれだけいるでしょう。  人生を語る・・・まさにそうなんです。
    甚平は、良い大人との出会いがあり、これから彼が生きる上ですごく大切だと思います。

    海に船を見た二人は,かくれ岩にぶつかると思いたき火で知らせる「かくれ岩があるぞォーッ! ひっかえせェーッ!」と甚平が叫ぶが・・・聞こえない。
    じさまは、むねもやぶれるような 大声で叫んだ。
    「か、く、れ、い、わ、だ、ぞォーッ!」
    このときのじさまの、姿が心に迫るのです。
    じさまは命をかけて叫んだんです。
     じさまがたおれたのを見て、甚平ははしった はしった 心臓が口からとびだしそうにくるしく やぶれて さけて死んでもかまわないと思うほど・・・・
    甚平の必死さ! 人間死ぬ気になれば すごい力がでるもんだな〜

    しかし 甚平がお医者様を呼び見てもらった時、じさまは、息を引き取っていたんです。甚平の悲しさ・・・
    大つぶのなみだがこぼれ、だまって手をあわせた。ああ〜じさま、生き返って欲しい!私も祈りました。

    甚平は、じさまの言ってくれた言葉を忘れない。
    きっと いつまでも じさまは、甚平の心の中に生き続け励ましてくれることでしょう。

    掲載日:2006/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット