おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…

うみをわたったしろうさぎ」 みんなの声

うみをわたったしろうさぎ 絵:瀬川 康男
再話:瀬田 貞二
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1968年
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
「うみをわたったしろうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シンプルな絵が素晴らしい

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子6歳

    日本神話の「いなばのしろうさぎ」です。
    実家で本の整理と処分をするというので、この本は絶対にもらうわよ!と持ってきました。
    こどものとも142号、1968年発行で(なんと定価100円)、子どものとも傑作集に入っている様子もないので、今は入手不可なのかもしれません。

    ほとんどのページが黒の線のみで描かれていて、とてもシンプルですが、山水画のようないい味わいがあります。
    瀬川康男さんの絵は、中国の『西遊記』にもぴったりですし、日本神話にもぴったりです。
    他には真似できない素晴らしい挿絵だと思います。
    内容は、しろうさぎとワニの駆け引きの話、大国主の命とうさぎ、兄神とうさぎの話、大国主の命の嫁とりの話といろいろな内容が絡まりあって、楽しい物語となっています。
    この話をきっかけに、日本神話に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

    掲載日:2006/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    野島健児さんの読み聞かせ動画も公開中 出発しま〜す


『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット