大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

パプーリとフェデリコ1 森にくらして」 みんなの声

パプーリとフェデリコ1 森にくらして 作:ガブリエル・バンサン
絵:ガブリエル・バンサン
訳:今江 祥智 中井 珠子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:1996年
ISBN:9784892386275
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,877
みんなの声 総数 5
「パプーリとフェデリコ1 森にくらして」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心のふれあい

    ガブリエル・バンサンは、言葉少なに、心の表現、お互いの気持ちのやり取りの表現が絶妙な絵本を数多く描いていて、様々なことを感じさせてくれます。
    この「森にくらして」は、『パプーリとフェデリコ』三部作の一作目。
    孤高を愛して世間から離れ一人暮らしを続けている老齢のパプーリと、パプーリに預けられた問題児のフェデリコの出会いを描いています。
    一人静かに本でも書こうと思っていたパプーリにとって、フェデリコは全く異質の存在。
    なかなか打ち解けることなく、自分本位で行動してしまうフェデリコにパプーリは振り回されてしまいます。
    しかし、パプーリは「どうしてこれほどに、自分のことを思ってくれるのだろう」と、疑問を持つところから、ようやく心を開くようになります。
    社会から離れ、二人だけの生活の中で、描かれている絵は言葉以上に饒舌です。
    期待感のある一作目でした。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 二人の始まり

    先に2作目を読んでいたので、かえって一作目・二人の出会いが気になっていました。
    こちらを読んで、二人の生活の始まりが見ることができて良かったです。
    穏やかに見えますが、きっとお互いに苦難を経験しているだろうことが想像できます。
    静かな生活のありがたさや尊さが、身にしみるようです。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安堵感

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子12歳、女の子9歳

    森の中で孤独を選んで生きてきた老人・パプーリが
    一人の少年・フェデリコと一緒に生活にするにつれ
    お互いが必要とすることに気づき
    認める課程が感動します。
    悪(わる)だったっと言うフェデリコの「どうして、おいださないんだい?」や
    「たべるのだって、めんどうだった」って言う言葉、
    まだ子供なのに何を気を遣ってるんだろうって
    悲しくなります。でも彼もパプーリおじさんに出会って
    生きたいって思う気持ちを持ってくれたことに
    どんな境遇であっても必要する大切な人が傍にいると
    こんなにも変われるんだなぁって改めて感じさせられました。
    3部作との事、ぜひ他の作品も読んでみたいです。

    掲載日:2007/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても静かな絵です。絵で静けさを感じるのも珍しいですが、とにかく静かな落ち着いた絵なのです。
    二人の心の交流が何枚もの挿絵によって描かれていますが、添えられたセリフ調の文章がまた映画のようでもあります。それも華々しいものではなく、小さな映画館で上映されるシアター式のものです。

    心の絆というのは他人でも繋がるものでしょうか。まだ実感はないのですが、娘を見ていて少しわかるような気もする今日この頃、互いを大切に思い信頼しあい、寄り添って生きていく二人の姿に感動を覚えます。
    人間って、誰か一人でいいから受け止めてくれる相手が必要だと思いませんか。
    それは子供だけでなく、大人も同じではないでしょうか。

    掲載日:2007/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 忘れられない一冊。

    ガブリエル・バンサンに最初に出会ったのがこの絵本です。書店で見つけ、地味な色調ですが、その中に漂う静けさと温かさに惹かれて早速購入しました。

    世捨て人のような生活を送る年老いたパブリーフと一人ぼっちの少年フェデリコの心温まる交流が描かれています。すべての人は成長し適応しようとする資質を持っています。しかし、資質を開花させるには、誰かが成長を見守り、成長に併せた援助をすることが必要です。世の中にたった一人、深く愛してくれる人がいれば、人は変わっていける、そんなことをこの絵本は教えてくれます。

    そしてそのたった一人の人が、子どもにとっては親であったらいいなと願ってやみません。

    よく育児は育自と言われますが、自称「わる」だったフェデリコがパブリーフの愛情で「いろいろなことがすき」になったように、パブリーフもフェデリコの愛情によって、大事なことを見つけるのです。

    「行きたいところで生きる。いっしょにいたい人と、生きる。したいことを、する」それが、人間の本当の幸福であることを、この本は静かに問いかけてきます。地味な本ですが、この本は多くの人にとって、忘れられない一冊となるだろうと確信しています。この絵本を紹介できたことをとても嬉しく思います。

    掲載日:2007/06/10

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット