ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おじいちゃんとのクリスマス」 みんなの声

おじいちゃんとのクリスマス 作:リタ・テーンクヴィスト
絵:マリット・テーンクヴィスト
訳:大久保貞子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1995年
ISBN:9784572003560
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「おじいちゃんとのクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • クリスマスの鯉

     クリスマス、といっても国や地方によって風習がちがうことがわかってきました。チェコのプラハでは、鯉をたべるんですね。鯉を買ってきて、鯉のクッキーを焼いて、、、楽しそうです。
     男の子が、自分で買ってきた鯉をたべるなんてかわいそう、と思ってしまいます。その気持ちをくみとってあげる、おじいちゃんを見習いたいなと思いました。

     派手さはない絵本ですが、じわじわと心にしみるお話でした。温かみのある絵がすてきでした。

    掲載日:2013/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • チェコのクリスマスのご馳走は 鯉を食べるのですね(初めて知りました)
    長年より沿った伴侶を亡くしたおじいちゃん 孫が一緒にクリスマスを過ごしてくれました

    トマス少年のおじいさんを思う優しさ

    おじいさんはクリスマスツリーを買い、トマスは鯉を買いに行きます。しっかりした少年で 優しいのが印象的でした
    おじいさんはいつもなら おばあさんがしていたように、パンを焼き 魚の形のクッキーを焼きます。
    クルミのからにろうそくを飾るのもチェコのクリスマスの特徴なのでしょうか?
    ロマンが有りますね!(以前、チェコを訪れましたが、クリスマスの時に又行ってみたいです)
    トマスの買ってきた鯉は お風呂場に入れてあげたり ペッポという名前を付けて、大事にしていますので おじいさんも 鯉を食べるよりも川に逃がしてあげるのが 鯉の望んでいることだと考えるのです。

    二人のクリスマスの過ごし方 クリスマスツリーに12本のろうそくを飾り、クリスマスの歌を歌い ロマンがありますね

    鯉を川に放してあげるところは、おじいさんと トマスの優しさ 
    鯉も嬉しかったことでしょう!

    二人の思い出に残るクリスマスですね 

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に余韻

    チェコのクリスマスのお話なのだそうですが、チェコにはクリスマスにこいを食べる風習があるのですね。

    一人暮らしになったおじいちゃんと過ごす僕。

    絵も非常に暖かくソフトな感じで、お話もまた心暖まるものでした。

    派手さはないクリスマス絵本ですが、読んだ後、心に余韻が残ります。

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • チェコのクリスマス

    チェコのクリスマスは、鯉料理のご馳走を作るとはびっくりしました。
    トマスとおじいちゃんと過ごすクリスマスがとても羨ましいです。
    ご馳走の鯉をペッポと名前まで付けてお家までとても大切に持ち帰り、まるで自分のペットのように可愛がっています。もう、食べるなんて出来ません。おじいちゃんが、孫のトマスの思いを尊重して食べなかったことに孫への深い愛情を感じました。おじいちゃんは、とても凄いと思いました。チェコのクリスマスを知ることが出来てよかったです。とても素敵なクリスマスでした。

    掲載日:2008/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファミリーネーム

    作者たちのファミリーネームが一緒だったので家族で作った作品だと分かり嬉しくなったのでこの絵本を選びました。今の時期にピッタリの絵本でした。主人公の男の子にとってこの年のクリスマスは生涯思い出に残るクリスマスになったと思いました。主人公のお爺ちゃんも慣例よりも孫の気持ちを尊重したところが素敵でした。お互いに思いやる気持ちがじんわりと滲み出ている素敵な作品でした。将来チェコに行きたいと考えているのでチェコのクリスマスを知る事が出来てとても嬉しかったです。

    掲載日:2008/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • チェコのクリスマスのご馳走はコイ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    チェコに住むトマスとおじいさんのクリスマス。
    チェコではクリスマスのご馳走がコイなんだそうです。
    そのコイの買い出しをするトマス。
    生きたまま持ち帰ろうとするので、帰路はスリリングです。
    帰宅後、おじいさんの家では着々とクリスマスの準備が進みます。
    でも、コイと仲良くなってしまったトマス少年・・・。
    おじいさんとトマスのやり取りがほっこりします。
    ラストは一安心といったところでしょうか。
    チェコ独特のクリスマスの様子もわかりますね。
    もみの木の飾り方にもいろいろあるのですね。

    掲載日:2006/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット