だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

みつばちじいさんの旅」 みんなの声

みつばちじいさんの旅 作:フランク・ストックトン
絵:モーリス・センダック
訳:光吉 夏弥
出版社:童話館出版
本体価格:\1,400+税
発行日:1998年
ISBN:9784924938960
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「みつばちじいさんの旅」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんなオチだったのか

    訳が光吉夏弥さんということもあり、光吉さんファンの私としては前から読んでみたいと思っていました。

    訳文はとても読みやすかったです。

    自分が何の生まれ変わりかを探すおじいさん。

    竜や子鬼が住むところまで行って怖い思いもします。

    出会ったなまくらな若者というのもおもしろかったですし、みちばちに囲まれて暮らすというおじいさんも風変わりでおもしろく感じました。

    最後は、息子と「えー!」と言って笑ってしまいました。

    ネタバレになるので、書けないのが残念です。

    こんなオチだったのかと思いました。

    絵がセンダックなので、味わいがあります。

    息子もインパクトを受けたようで、生まれ変わりや「おじいさんは何になったんだっけ?」と読んだ後もよく聞いてきます。

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはどう感じるのでしょう?

    • メイリーンさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 女の子15歳、女の子12歳

     私の手元にあるのは、学研版のものです。
     絵は、モーリス=センダックで、全体的に淡い色のきれいな絵です。作中の、はちの巣、小おに、登場人物の服装が日本のものとはぜんぜん違っていて、絵を見るだけでも楽しい。
     そんな中に、架空動物のグリフィンが迫力いっぱいに描かれていて、「かいじゅうたちのいるところ」の作者なんだなぁって、改めて思いました。
     お話は、みつばちじいさんが若い魔法使いにそそのかされて自分が何の生まれ変わりかを探す旅にでます。いくつかの場面を経て、じいさんはついに答えにたどり着きます。
     結末は笑えます。そして自分の人生を考えたくなりました。私はこうなるべくしてなったのか…。
     奥が深いお話だと思います。子どもだとピンとこないかもしれませんが、いろんな世代で読んでおきたい本です。

    掲載日:2007/06/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / でこちゃん / のせてのせて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット