ねがえり ごろん ねがえり ごろん
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?

モーゼスおばあさんの四季」 みんなの声

モーゼスおばあさんの四季 作:W.ニコラ-リサ
絵:アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス
訳:加藤 恭子 和田 敦子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年
ISBN:9784776400073
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,329
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • みんないっしょ

     四季折々、自然の中で暮らす人々がていねいに描かれています。
    自然の恵みから、すべてが手作りです。
     メープルシュガーづくりは、手間がかかるけれど、たのしそうです。子どもたちは笑顔です。そば粉のパンケーキにたっぷりのメープルシュガーなんて、おいしそう、、、。
     
      ほんの少しまえまでは、こんな暮らしだったんだなとしみじみしました。大人も子どもも動物もみんな一緒です。
      
     70過ぎのおばあさんが描かれた絵本、なつかしさとあたたかさがつたわってきました。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 牧歌的

    グランマア・モーゼスで知られるモーゼスおばあさんの自伝と絵。

    20代の頃に知って画集を買い求めたり、東京に住む友だちと一緒に彼女の絵が所蔵されている美術館を訪ねたこともありました。

    年をとり刺繍ができなくなったため、絵を描き出したと記憶しています。

    農家の生活を描いた彼女の絵は、牧歌的で懐かしさを感じますし、その生活の中には宗教があり、神への感謝があります。

    生活に根付いた絵、それゆえに懐かしく身近に感じるのかもしれません。

    図書館の児童書コーナーを歩いていたら発見し、懐かしさで手にとりました。他の本も読み返してみたいと思います。

    掲載日:2013/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット