十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

こびとのピコ」 みんなの声

こびとのピコ 作:寺村 輝夫
絵:和歌山 静子
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\777+税
発行日:1968年
ISBN:9784477173658
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,290
みんなの声 総数 4
「こびとのピコ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピコがいるといいな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    願いを叶えてくれるこびとのピコ。
    これは子どもの心をわしづかみではないでしょうか。
    大人でもピコがいるといいなと思ってしまう人は多そうですね。
    オムくんの視点で見るとママはうるさいと思ってしまうのでしょうがママの小言を言ってしまう気持ちもわかります。
    なんでもピコの力でできてしまうのは最初は楽しいですが、おもわず「できなくしてくれ」と言ってしまうオムくんは見どころがありますね。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長いけれど面白い

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    いまだに、ちょっと字が小さいと「この本字が多いよ〜」といってる小2の息子。
    どうかなーと思いつつ借りてみたのですが
    私が1の部分を読み聞かせてあげたら、続きは喜んで自分で読みました。

    主人公が自分と同じくらいの男の子。何でも助けてくれる小人のいるボールペンというお話の設定が身近だったのと、話が短い章に分かれていたので読みやすかったようです。

    他の方も書いてますが、「おかあさんは算数の問題をまちがうと・・」のくだりや「怒らないときはきれい」のところで笑ってました。
    王様シリーズの寺村さんの作品だけあって、
    この先はどうなるんだろうと思わせるストーリー展開と子供の心をつかむのがうまいですね。

    私も子供のときに読んでみたかったなあと思いました。

    掲載日:2009/04/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きだった本!

    • メイリーンさん
    • 40代
    • せんせい
    • 大阪府
    • 女の子15歳、女の子12歳

     私が小学4年の時、転校したての頃出会った本で、当時こればかりをくり返し読んでいました。
     かみなりが落ちて、ピコがオムくんのボールペンの中にやってきて、落ちこぼれのオムくんを助けてくれます。特にテストで助けてくれる場面は、ただただうらやましくて…。何度も読むうちに、自分のところにもピコがやって来て、助けてくれるような気がしていました。
     娘達が小学校の低学年頃、この本を「お母さんが好きだった本」と紹介したのですが、反応はいまいち…。友達も多く活発な彼女達には、ピコは必要なかったのかもしれません。
     今読み返すと、なつかしさと、ちょっぴりつらい気持ちが混ざって胸の奥がチクチクします。数十年前に私を助け支えてくれたピコ、今もピコに助けてほしいこども達にぜひ出会わせてあげたいです。

    掲載日:2007/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なボールペン

    ぼくは王様シリーズであまりにも有名な、故寺村輝夫氏の一冊です。
    これ、ものすごーく、主人公のオムくんに、感情移入してしまう本なんですよね。
    面白くて、強烈に印象に残っています。
    むかーし昔に読んだ本って、面白いことは覚えているのだけど、結構細部が抜けてたりしますが、
    この本は、「ああ、そうそう!」「オムくん次はこうなるんだよね!」と覚えていました。
    オムくん、という、当時、なんでこんなヘンな名前なの?と思っていた名前の主人公が(オサムくんなんでしょうね…今頃分かりました)もう、子供の等身大というか…
    欲望とかが、自分そのもの、というか…
    いやなもの、きらいなもの、こわいものがたくさんあるオムくん。
    楽しいことばかりだった入学前とくらべて、小学校になるとやらなくちゃいけないことが格段に増えてくるので、これを読んだ小学校の頃、余計にオムくんには感情移入していました。

    不思議なピカリと光るボールペンを拾ったオムくん。
    これは、なんと、書けばそのとおりになる、不思議なボールペン。
    「オムくんのいうこと」をなんでも聞いてくれる、こびとのピコが、出てくるボールペンなのです。

    さあ、このボールペンで、オムくんはやりたい放題。
    さんすうの宿題も、いやなイヌも大解決。学校に行くのがいやな時は、ピコに代わりに行って貰います。
    子供のころ読んだ時は、ただただ羨ましい〜私もこんなボールペン拾いたい!でしたが、
    今読むと、
    「うらやましいけど、こんなボールペンがあったら、成長しないぞお、オムくん」
    という気持ちも入ってきます。

    オムくんのお母さんの描写がまたなんというか…。
    どうして大人って、すぐに怒り出すんだろうな、とか
    さんすうはこわくありませんが、問題を間違えたときのママの顔がこわいのです、とか。
    極めつけは、ママたちは、機嫌のいいとき、嬉しいときは、みんなきれい。というくだり。
    あ…は、は、ははは…と思わず母の身分の私は、力なく笑ってしまうのでした。

    寺村さんらしい、ラストも秀逸です。
    また、王様シリーズでもおなじみの、和歌山静子さんの絵が、懐かしく、自分が読んでいた頃を思い出させてくれます。
    そう、金のボールペンを家やなんかで見かけたら、「ピコ?!」なんて、思っていたあの頃なんかが…。

    掲載日:2006/10/07

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / でこちゃん / のせてのせて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット